競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. NHKマイルCは牝馬に注目
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

馬券に直結!週末予想コンテンツ

スッパ抜き本舗競馬ウィキリークス 平成最後となる今年の日本ダービー。ファンの皆さんが最も頭を悩ませているのは、...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 大型連休に入る直前の金曜日(4月27日)、一杯やりながら南北会談や次官辞任の...
続きを読む

【PR】競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部が、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

美浦追い切りレポート

2018年05月03日(木)更新

NHKマイルCは牝馬に注目

NHKマイルCは例年の如く、上位に関わりそうな馬が十指に余る混戦。ステップレースの中でここが明らかに弱いと断定できないからだ。けれども、長い直線を乗り切る底力を試されたのがアーリントンCと言えるのは確か。従って、タワーオブロンドンが最右翼という位置づけは当たらずとも遠からず。

唯、坂路専用馬だけに、ゲラになった過程しか鑑みることができないのが残念。それでも、薄っすらとアバラが浮いていながら、バランスと厚みのある体を見ると2歳時からの大きな成長を実感。紛れのない広いコースなら再びの首位争いは確実。

面白いのは牝馬勢。ウッドでの3頭併せを消化したプリモシーンは牡馬と見紛うばかりの力強さ。当然ながら最後尾からの道中で内にもぐり込んだラストまで抜群の手応え。重心を低くしてのアクション、柔らか味があって文句なし。直線で前が詰まってまともに走れなかった桜花賞での消耗がないのが何よりで決め手を存分に発揮しよう。

それを取り上げるならテトラドラクマも。実際、昨10月にはクビ差の勝負で、同馬が坂下で十分に矯めたのが裏目に出たといったデリケートな差。クイーンC時が帰厩後1本での臨戦。それに比べれば先月中旬には美浦で始動というのは早いし、先週の坂路で1F12秒1。並みの数字ではない。前走で先手を奪っての1分33秒7。その戦法では底知れぬということで、間隔が開いたこと以上にそのポテンシャルを評価すべき

気になるのが堀厩舎の2騎。木曜朝一番がルーカスで古馬準OPとの併せ馬。4Fスタートで1馬身後方から馬体が合った直線では脚色でも優勢。1週前は少々物足りなかったが、リラックスさせる意味では理に適っていたし、雨で悪化した馬場でのラスト12秒3はさすが。奥行きが伝わってくる馬体とは裏腹に精神面に不安を残すが、極端な戦法を取れば食い込みがあって不思議ない

先週は追い切る前に放馬。結果、時計が1本足りない形となったデルタバローズは遅い時間帯に登場。他7頭とは別に単走での4F55秒2。身体能力の高さがダイレクトに伝わってくるが、GⅠに臨むメニューとしては少々甘い。放馬後には微調整が上手く行ったことを物語る体つきでも、手前換えがスムーズでない段階で、キャリアの浅さもネックになる。

土曜は、ダービーへの最終切符を得るべく競い合うプリンシパルS。初勝利直後の年明けにいきなりGⅢで連対を果たしたのがコズミックフォース。唯、前走の阪神では伸びを欠いた。これは、輸送を意識してセーブした最終追いだったにも関わらず、-12キロが誤算だった上に、ポジションを取りに行くと甘くなる弱点が露呈した。対して、立て直しての追い切りが3馬身追走の併せ馬で余裕の同時入線と密度がUP。落ち着いて構えられる府中での巻き返しは必至

となると、同じ京成杯で好走したイェッツトも俎上に載せるべきだろう。2月の府中で伸びを欠いたのは距離と思えるからだ。しかし、1週前の6F追いを含め、意欲的なのは分かっていてもまだ筋肉がシッカリついていない段階で全身を余すことなく使うフォームではないのだ。ここは押さえ程度。

逆に、今回の休養で著しい良化ぶりを示すのがブレステイキング。そもそも、垢抜けた馬体自体がここ出走の関東馬の中でも抜けている。古馬1000万下を相手に先行したとはいえ、先週の段階で5Fからビッシリ追えた点に好感が持てるし、モヤに覆われた直前はハミに凭れるような走りが雲散霧消。実にシャープな1F12秒5でひと皮剥けた。NHKマイルC予定の勝ち馬とは完成度の差だった前走、自然体での正攻法をマスターしたことに加え、持続性もアピールできたのだから1F延長での真価発揮が目に見えるよう

他の特別戦では、まず日曜・立川特別。ここはブロードアリュールにとっての通過点。昇級初戦の2月は極端な高速ダート。ただでさえ、キャリアが浅かったのに外に張られる道中もあったから、上手く脚を温存した上位2頭に格段の利があったということ。勿論、冬場より馬を追い込めている点でアドバンテージは更に。僚馬2頭を引き連れて現れたのは広いDコース。併せる意志のないコース取りだったのは、既に体がデキていること、ハイテンションにさせない心配りゆえ。でいながら、真一文字の伸びで5F65秒6をマークと搭載エンジンの違いまざまざ。1000万下の遥か上を行く器なのは間違いない

ここで触れておきたいのが同厩のシャリオヴァルト(土曜6R)。こちらは同じDコースの同じ時間帯、6Fからの併せ馬で鞍上に反抗する素振りのない安定したフォーム。ローカル巧者という足跡だが、流れが落ち着く距離でも力を発揮できる気性面の成長がある。以上は尾関厩舎の星勘定に入っていよう

日曜12Rに戻ってあともう1頭、穴でマークしたいのがビヨンジオール。以前の切れに及ばないといった印象が近走。が、年齢を重ねて鋭さが影を潜めるのは自然の道理で、馬体の造りやハリなどは若々しいままだし、活気もある。また、ホームコースのダートで見せる動きはパワフル。路線転換での一変があって不思議ない

1600万下の中でも質の高い面々が集ったレースは日曜・湘南S。何せ、OP特別だった前走であわや2着というボールライトニングがエントリーしているほどで、これを中心に据えるのが妥当なのだろう。しかし、敢えて4歳牝馬を取り上げたい。キャリア4戦のランガディアは冬場の当舞台で1000万下を突破。迫力満点の末脚で着差以上の強さを感じたし、マイルもピタリ。唯、骨折明けの前回でもキッチリ仕上がってした分、劇的な変化はない。定石通りのしまい重点でデキは文句なしだが、イストワールファムには譲るのではないか。こちらの最終追いは単走扱いだが、他3頭と大きく離れた道中から直線でエンジン点火となると物凄い推進力で1馬身差まで迫った。バランス良く配置された筋肉を存分に躍動させた点が3歳時とは違う。多少忙しいマイルでも狙う価値あり

2週目を迎える新潟はスプリント戦が勝負処でまずは土曜・駿風S。初芝、当然ながら直線競馬も初となるヨンカーが面白い。前走でも持ち前のスピードを見せたが、タイトなマークに遭ったし、本来のデキに及ばなかったが一度使って丸味帯びた馬体に。その効果が余裕綽々だった直前の併せ馬でアラアラになる内を尻目に3馬身先着。元々、速さは売りという反面、コーナーで勢いを削がれる面を見せていた馬。今回の条件がベストではないか

1000万下の八海山特別はペイシャバラードで決まり。前走でも稽古の動きは目立っていたが、如何せん実績で劣る中山。そこで粘り腰を発揮した上に、前に行きたい馬に譲った位置でのレース運びと進境著しい。今回もウッドの5F追いで、入りこそユッタリとしていたが、これは意のままに操れるようになったということだし、加速した4Fの時計は50秒8と破格。同じダート1200、500万下の日曜9Rはチリーシルバー。まだ硬さのあった前走で新味を見せた。身体能力の高さを生かしての少差4着は集中力が途切れぬ距離だからこそ。今回はよりスムーズな加速ぶりでの5F66秒9。それもさることながら、柔軟性をともなってのラストで、ワンランク上を実感。もう足踏みはできぬ

プロフィール
柴田卓哉

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。