競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. ダービーに向けて名乗りを上げるオブセッション
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

馬券に直結!週末予想コンテンツ

スッパ抜き本舗競馬ウィキリークス 平成最後となる今年の日本ダービー。ファンの皆さんが最も頭を悩ませているのは、...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 大型連休に入る直前の金曜日(4月27日)、一杯やりながら南北会談や次官辞任の...
続きを読む

【PR】競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部が、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

美浦追い切りレポート

2018年04月26日(木)更新

ダービーに向けて名乗りを上げるオブセッション

天皇賞は前2年のような絶対王者が不在で掴み処のない様相に。一応、前哨戦に相応しい阪神大賞典の勝ち馬、レインボーラインの充実ぶりは買える。前目で捌くレースをマスターしての臨戦だからだ。とはいえ、生粋のステイヤーかと問われれば答えは否。外回りの3200ということになれば、やはり脚を温存する競馬になって紛れも生じそう。

関東の孤塁を守るアルバートのステップレースは、同じく阪神大賞典。こちらはシーンのない4着だったとはいえ、ラストの追い上げには迫力があったし、スタイヤーズS3連覇が示す通りのスタミナ。反面、この時期の京都では前残りの傾向で分が悪いのも確か。しかし、前走は急仕上げ故に輸送を控えた直前でビッシリ追わなければならなかった。にも関わらず、+6キロと重目が残ったから上積みは相当

現に、1週前には5F追いでの好時計、直前でも大きく追走する併せ馬消化で馬体はキリリと引き締まった。というか、全ての無駄を削ぎ落とした造りでマラソンランナーそのもの。一昨年は経験値で劣った段階、去年は川田の消極策が災いと見限るのは早計で、シュヴァルグランに対してもAR共和国杯での0秒1差があるのなら底力といった点でも劣らぬ。脚を使い切るレース運びを条件に大勢逆転まで考えて良いのでは

あとは、ここに目標を据えた為に、前哨戦の結果で評価を下げた馬が狙い目。阪神大賞典なら折り合いが全てだったクリンチャー。香港遠征後で戻り切っていなかったトーセンバジル、スマートレイアー辺りは是非マークしておきたい。

西下する馬でもう1頭、高瀬川Sのアフターバーナーを推奨。相手関係で恵まれた上にベストの舞台だった先週の除外は残念至極。唯、出走が延びたからといって好調ぶりは変わらぬ。ハロー明けの行き出し4Fというしまい重点は同様だが、はち切れんばかりの体を駆使したフォームが実にダイナミック。確かに、コーナーワークに難がある右回りだが、昇級初戦の前走でも上がり最速なら、このクラスの流れを1度経験した強味が出るだろう。新たなクラス編成が近づいている時期の4歳なら態勢としては‘メイチ’

府中は両日ともに3歳のTRがメインで土曜の青葉賞から。ここはオブセッションが巻き返す。弥生賞は嵌るべき展開で徐々に前との差を詰めたまでは良かったが、4角で大きくフクれるアクシデント。度外視すべきなのだ。今回、始動は遅かったが帰厩直後から引き締まった馬体を誇って捌きもシャープ。スケールを感じさせる馬体にも惚れ惚れする。最終追いの半馬身遅れにしても道中は最後尾からの追走で、能力に相応しいメニューでの5F67秒3と高密度。広い府中ならその性能を素直に受け止めるべき

これに先着したのがゴーフォザサミット。シッカリとハミを取っての伸びには相応の才能を感じるし、綺麗なフットワークで推進する様に非凡さが。唯、迫力といった点では僚馬に劣るし、2000までの距離で決め手を生かすのがベスト。連下に考える程度。

キャリア2戦目の共同通信杯で連対と将来を嘱望されているのがサトノソルタス。ロスを最小限に抑える競馬が功を奏したとはいえ、経験不足を補って余りあるセンスが大きな武器にもなっている。しかし、それ以来で先月の段階では調教のピッチが上がらなかったのは確か。ここ2週で質の高い併せ馬(パートナーはいずれもアルバート)で間に合ったものの、全体的に緩い印象を受けるのはやむを得ないか。

日曜はオークスへの最終パスポートを競うスイートピーSで関東馬の一騎打ち。半歩リードしているのがミュージアムヒルで2週にわたっての3頭併せ消化とレベルUPに余念なし。特に、直前は雨に祟られた軟弱なウッドでもバランスを保った走りで馬なりのまま併入。弾けそうな気配を残しつつの1F12秒9にリフレッシュ効果を感じる。というより、以前より基礎体力がついた分、トモの入りが深くなって推進力が増した模様。これらなら加速までのタイムラグもなくなるのではないか。

阪神遠征で一定以上に収穫を得たゴージャスランチが強力なライバル。4馬身追走での5Fスタートで入りはユッタリとしたが、3F過ぎからの加速には目を瞠った。図らずも出遅れた前走で新味を出せたことで、調教でのハンドル操作が思いのまま。勿論、以前から見せていた回転の速いフットワークは健在だし、長距離輸送直後とは思えぬ活気もアピールポイント。

ここに出走しても勝負になったと思われるロフティフレーズは、確勝を期しての平場回りで日曜7Rのマイル戦に。前走時、当欄でも推奨したように、ひ弱さが解消されて存分に稽古を消化できるようになった。更に、今回は3頭併せで前との差が離れていながら直線では最外に進路を取るハードさ。挙句、脚力の違いを見せつけての2馬身先着で勢い増した感。体を大きく見せているということは、全身をシッカリ使えたからこそ。

相手本線は、格上挑戦のGⅡで上位に迫ったゴールドギアと考えるのが常識的。が、自ら動くと長い直線を乗り切れぬ恐れも。対抗には、やはりクイーンC組でハトホル。こちらはロフティフレーズ以上のメニュー。6F行き出しでのハイラップから直線では二段ロケットのような伸びで古馬を4馬身置き去りに。馬場が最悪になりつつある時間帯の好時計、厩舎初勝利に向けて背水の陣

他の平場戦からは土曜4Rのグラマラスライフ。1週前までは最後の踏ん張りが利かなかった分、遅れが目立ったがそれでスイッチが入った模様。同格ながら未勝利で安定して上位を窺える相手を子供扱いしての4馬身先着と動きが一変したからだ。そもそも、荒削りでレースに入り切れなった2歳時の2走でも脚を見せていた。唯、如何にも成長途上でフワフワした走り。対して、パワフルなかき込みで駆け抜けた追い切りはパンとした証しで、デビュー前からの好馬体に実が入ってきた

プロフィール
柴田卓哉

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。