競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. キャピタルSのワンツーが再び主力を形成
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

夏競馬の攻略法満載!北海道総力特集!

サムネ画像...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 築地市場のお盆休みは14日~16日。「頑鉄」の親爺もその期間の営業をどうする...
続きを読む

【PR】競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部が、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

美浦追い切りレポート

2018年02月01日(木)更新

キャピタルSのワンツーが再び主力を形成

2週目を迎える府中、冬場の重賞であれば手薄なメンバーになりがちだが、日曜の東京新聞杯は近年稀に見るレベルを誇る。今後を占う意味で京都金杯より重要と思えるほど。

 GI馬の存在もあるがグレーターロンドンも劣らぬ存在。勿論、脚元と相談しながらの過程は宿命づけられているものの、昨年の安田記念が0秒1差と首位争いだったからだ。それを思えば前走のOP特別3着は案外。しかし、天皇賞への挑戦があってオーバーホール直後、コーナー4回も合わなかった。対して、今回は末脚を存分に生かし切れる府中マイル。ここに向けての試走と捉えれば良い。
 現に、いつになく歩様がスムーズで1週前には6F追いを敢行。それもキャンターでスタンド前を経ての行き出しだったから数字以上の中身。直前の3頭併せは4Fスタートのしまい重点だったが、ラスト12秒4でも余力十分と青写真通りの良化ぶり。初重賞に向けて待ったなし。

 同世代のダノンプラチナはニューイヤーSで長いトンネルを脱した。京王杯AHを取り消した後、立て直しに時間を要したが、ウッドでシッカリと負荷をかけられるようになって復活。加えて、1度目のハロー明けに前回同様の長目追いを敢行して選んだコースは8分処、手応えにも十分に余裕があっての1F12秒9とデキには太鼓判を捺せる

 とはいえ、以上より魅力があるのが明け4歳。特に、1分32秒台で決したキャピタルSを単なるOP特別と見下してはいけない。まずダイワキャグニー。一旦控える味な競馬で内から盛り返したのだから心身ともに充実していということ。中山金杯でこそ伸び一息だったが、中山では窮屈になりがち。度外視して良いし、昨11月から間隔を開けないということなら恰好の叩き台とも見做せる。従って、鍛錬に励む中間というより、ストレスを与えない調整。それでも、4Fからギアの入った最終追いでは伸びやかなフォームで時計以上の中身と実感。コース替りでのアドバンテージは大きい。

 逆に、久々となるのがサトノアレスだが、こちらはシッカリと乗り込んで洗練された馬体を存分にアピール。GIゼッケンで威風堂々といった印象ではないが、鞍上の意のままにスパートする稽古の繰り返しで態勢は整った。特に、ハロー明けの口火を切った併せ馬では追走して外、シャープな身のこなしに終始しての5F65秒8が凄い。秋の2戦を大きく上回るとして良い。

 この世代でもう1頭、是非注意したいのがディバインコード。先週のシルクロードS除外は痛かった。ここにきての充実ぶりが著しいからだ。グレーターLに尻尾を掴ませなかったマイネルハニーのパートナーを務めていずれも併入と質の高い調教を難なく消化している上に、最終追いではビッシリ追っての5F67秒8。以前から垢抜けた好馬体を誇っていたが、それに磨きがかかった模様。確かに、実績は1400に偏っているが、暮れの阪神は1分33秒4での3着。NHKマイルで10着とあえなく退いた時とは別馬。スローで紛れが多い傾向にある当レース、前目で上手く立ち回ることによって波乱を演出するシーンも。

 ここは関西勢も粒揃い。ヴィクトリアMを目指す牝馬2騎は強力だし、年明けの京都金杯を挟んだ結果、押せ押せとなるクルーガーだが、決め手は秀逸で実際に富士SではサトノAを負かしているから相応の評価が必要。本格化したハクサンルドルフ辺りも圏内。

 同じ舞台の準OPが土曜の節分S。ここはプロディガルサン(*出走回避)。何せ、前年には上がり32秒の爆発力を見せて東京新聞杯2着。降級後は勝ち切れないレース続きなのは、巡り合わせといった要素もある。昨11月以来となるが、迫力満点の併せ馬を繰り返して重賞級のポテンシャルを存分にアピール。同じ時間帯、ダノンプラチナの直後の組で1秒以上先行する馬を猛然と追走、追ってモタつくシーンがあったのは5Fから13秒台のラップを刻んだ故で、結局は3馬身先着の1F12秒3。OPに返り咲く為、やるべきことは全て消化した。


 3歳で組まれている特別戦は2鞍。牝馬限定の土曜・春菜賞は能力比較の難しいメンバー構成。時計は別にしてレベルを問うなら赤松賞からが妥当か。勝ったマウレアが阪神JFで3着、それにクビ差のミュージアムヒルには敬意を表すべき。唯、余力十分だったとはいえ5F71秒を超える時計での1馬身遅れは案外。仮に追って弾けそうになかったのは少々捌きが硬かった為で、もしかしたら冬場は調整に手間取るタイプかも。

 グランシルクの下という血筋に根拠を求められるラソワドールは急上昇。脚を余し気味だった前走は大目に見ることができるし、ラスト1Fだけで相手を置き去りにした追い切りはキレキレ。叩いた効果は計り知れぬ。もう一方の◎候補がレッドイリーゼ。1分36秒6だったデビュー戦は3角過ぎから仕掛けで大外を回る乱暴な競馬だった上に、そこからはフラつく幼さも。それでも、抜け出したG前では流したほどだから奥深い。セーブ気味の中間だったが、最後には行き出し6Fの追走態勢。当然ながらデビュー時より中身は濃い上に、全身バネといった身のこなし。荒削りでも1勝クラスを遥かに凌駕する素質に賭ける。

 日曜・ゆりかもめ賞は2400だけにイメージに頼る部分が大きくなる。キャリア2戦目ながら前走のGⅢで3着だったイェッツトが人気。当然ながら使うごとに馬体が引き締まってきたし、今回の追い切りはウッドと半信半疑だった前走より確信に満ちた過程を踏んだ。長く脚を使える反面、追い出されてからスッと反応できないから距離延長は大歓迎。5F70秒1でモタついたが、金成厩舎だけに時計が平凡でも気に病む必要なし。力は出せる。

 身体能力ならブラストワンピース。何せ、最終追いはグレーターLのパートナーという栄えある立場に。3頭縦列の真ん中に位置して迎えた直線では内のOPに食い下がって3Fに至っては36秒9。高いポテンシャルに裏打ちされた攻め馬で、向くとは思えぬ距離でもマークは不可欠。あとはヴォウジラール。直前は坂路だったが、2歳時からの成長がダイレクトに伝わってくる体の造りだし、先週のウッドでスケールの大きさを改めて実感。安定したフォームで未知の条件でこそ真価を発揮しそう。


 最後に古馬1000万下を。日曜12Rは平場戦とは思えぬレベル。第一に挙げたいのがアルミレーナ。いつも通り、無駄肉のない体での帰厩だったから、放牧先での調整が思い通りであっただろう。テンションを抑えつつの調教だが直前にはOP相手に劣らぬ動きでポテンシャルの高さを再認識。前回時より時計が遅いのはコース取り故で小気味良い捌きが印象的

 本線は4F55秒2と軽かったショウナンアンセム。中1週なら納得の行く内容で、条件替りが大きなフォロー。併せ4本と入念なウィンドライジズ相変わらずパワフルな動き。決め手不足をカバーしてそうな馬場コンディションならアルミレーナを視界に捉えることができる。

プロフィール
柴田卓哉

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。