競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 前走からの回復が早いロードクエストが復活
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬の天才!タイアップコンテンツ

競馬の天才!タイアップ あの「最強」チームが集結した新雑誌 遂に10月12日(金)新装刊! ...
続きを読む

秋競馬開幕!攻略の第一歩

城崎哲・馬場トレンドジャッジ 台風21号の近畿直撃、北海道の地震と、このところ大きな災害が相次いでいます。...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週の土曜新潟6R。ゲートが開くと何が何でもハナに行く構えを見せたのが山...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

美浦追い切りレポート

2018年01月25日(木)更新

前走からの回復が早いロードクエストが復活

最終週にGⅠを控える府中開催のスタートということで根岸Sに注目が集まるのだが、関東勢には分が悪い。例えばノボバカラ。復活を期したカペラSでの粘りが案外。その時点での状態UPが実感できたにも関わらず。まして、同馬にとってスタート地点のダートは鬼門だけに展開に乗じたとしても抑えがやっと。

去勢効果が窺えるのがノンコノユメ。ここ2走で大きくは崩れていないからだ。稽古駆けしないわりに今週の重いウッドで単走ながら6F84秒6。体躯に力の籠ったフォームを披露できた。問題は、初距離になる1400で、一気に走り切る分、集中力を高めたままでラストを迎えられそうな反面、当距離のスペシャリストに対しては切れ負けしそう。

それならばマッチレスヒーローではどうか?1200に転じて新境地を見出した点が第一。加えて、中1周にも関わらず、ウッドの外ラチ沿いを選んでビッシリ。負荷のかかるメニュー、馬場コンディションを考慮すればラストの12秒8は極めて優秀で豪快な身のこなしが充実の証し。大幅に強化した相手、脚の使い処が鍵になる距離と不安は当然ながらあるものの、ここ2走が刺激になってワンランクUPしている可能性は十分

2開催目に突入する京都・メインはシルクロードS。取捨のポイントとして重要なのがセイウンコウセイ。連覇を目論んでいるからだ。ハロー明けの口火を切る5F追い。入りが緩めだったのは、輸送を控えているから。しまい重点とはいえ1F12秒1はさすが。本来のダイナミックなフォームが戻りつつあったのが前走でそれ以上と太鼓判を捺せる。唯、その京阪杯が56キロで結果的には前を捕まえられなかった。それより2キロ重い別定重量では易々と飛びつけぬ

京都でも勝ち鞍のあるナックビーナスはOP特別で2、1着と尻上がり。雪の影響でポリが閉鎖された為、水曜の最終追いにはウッドを選んだ。4F過ぎから一気にギアを上げると鋭い反応で1馬身先着。ハナには拘らないといった点での安定味は買える。しかし、それよりもロードクエスト

確かに、年明けにはナックビーナスの後塵を拝している。唯、初距離だった上に、直線で前をカットされる不利。それで6F戦に対する経験値は上がっただろうし、ビッシリ追えたのは好材料だった前回時にしても最後は今ひとつ伸び切らないフォームで良化途上。コンディションの悪いウッドを嫌ったか、直前には坂路(4F53秒2)に切り替えたが、この中間の回復は近走にないほど早く、1週前のコース追いでは軽快そのもの。爪に不安を抱えたことで復調には手間取ったが、漸くトップフォームに

府中に戻って土曜メインのOP特別を、と行きたいところだが、結論を急げば‘帯に短し…’の風情。馬場コンディションを考慮して通常より遅めの登場となったテオドールのポテンシャルは相当で3頭縦列の最後尾から併入した動きも迫力満点、京都に登録にあったディバインコードを明らかに上回る併せ馬を消化したマイネルハニー、いずれもが2000では注文がつく。

それよりは紛れのないダート戦ということでまずは土曜・銀嶺Sを。ここはラユロット。2度目のハロー明けのスタートは藤沢軍団6頭で口火を切った。その2組目で結局はGⅠ馬をリードする形で進み、手応えに余裕があるままゴールに近づくとしなやかに体を使って予期した通りの伸び。筋肉が全体にバランス良くついてきたから、数字以上の厚みで牝馬らしからぬ逞しさ。目に見える進化が何とも心強い

8Rの1000万下はネイビーブルー。年明けに帰厩した時点でシッカリとした体の造りだったし、その後に併せ3本消化と戸田厩舎らしく入念な乗り込み。特に、1週前には6F追いで1600万下を追走する質の高いメニューを課せられても動じるシーンは皆目なかった上に、直前には4F過ぎからの急なペースUPにも難なく対応と機敏性もそなわった。昨秋の時点で現級での惜敗があれば上を行くレベルだし、広いコースで地力を問われてこそといったタイプだから冬場のダートで更に

ここからは2歳戦。OP特別のクロッカスSはムスコローソ。暮れの朝日杯以来となるが、始動が暮れの27日と早い。前走で力を全く出せていない所以。未だにハンドルが利きにくい面があるから現状では条件が限られるということ。ある程度流れる上に広いコースが必須となるが、若駒とは思えぬ立派な体つきで、それが素晴らしい瞬発力を生んでいる。最終追いこそ5F70秒6で内の未出走馬に内容で劣ったが、1週前のウッドで十分過ぎる負荷をかけたから微調整程度でOKだということ。センスではアンブロジオが上を行くがこちらには決め手という強力な武器がある。GⅠを経験したことでの上積みも。

日曜のセントポーリア賞は500万下ながら素質馬揃いで出世レースに相応しい。3頭併せで切れのある動きを披露したローザフェリーチェは良血に違わぬ動き。しかし、テンションを抑えつつの調整でビッシリ追ったのは直前だけ。体つきからも成長途上。

完成度といった点でやはり他より劣るのがリビーリング。唯、ひと際目立つ好馬体を駆使したフォームに非凡さを見出して良い。何せ、気を抜く面が目立っていてもゴールに向かって推進する迫力を見せつけられると言葉を失うほど。とにかく身体能力が違うのだ。実戦に行ってもまっすぐ走らせるのには再び苦労させられそうでもランクが違うのだから仕方ない。2週にわたって戸崎が跨って少なくとも最終追いではシッカリとコンタクトを取れていた。能力を大きく削がれることはなかろう。

木曜が最終追いだったダークナイトムーンは逆にセンス抜群。馬混みに怯むことなくレースを進められる上に、追っての味も。この中間は再三の長目追いで昨秋以上のメニューをこなしたことも強調点。しかし、直前は3頭併せで4F55秒を超える時計ながらゴール前でモタついての2馬身遅れと案外。少々角張ったシルエットで登録のあった先週をスキップした影響なきにしもあらず。

同じ尾関厩舎なら新馬のジュールドミュゲを推奨したい。最終的には芝でも走れそうだが、現状ではガッシリしたイメージで少々手応えが劣っても結局直線では巻き返すしぶとさがアピールポイント。最終追いこそ坂路(4F54秒8)だったが、1勝馬相手に追走して脚色で優った先週のウッドで能力の高さは確認済み。直線の長いコースが如何にも似合う。 。

プロフィール
柴田卓哉

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line
閉じる 競馬JAPAN