競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 今週の勝負処は中山のダート1200
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

馬券に直結!週末予想コンテンツ

スッパ抜き本舗競馬ウィキリークス 昨年の2歳主要レースは、藤沢厩舎の独壇場だった。阪神JFをソウルスターリング...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 <七つ下りの雨と四十男の道楽はやみそうでやまない>とはよく言ったもの。8日午...
続きを読む

【PR】競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部が、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

美浦追い切りレポート

2017年12月07日(木)更新

今週の勝負処は中山のダート1200

好天に恵まれた筈の水曜だったが、ウッドは極めて重いコンディション。少しでも道中で無理があったり、外目を選ぶと最後には脚が上がらなくなる馬が多数。これまでよりラスト1Fが要しても大目に見る必要があるというのが留意点になろう。

今週も関東を離れてのGⅠで2歳女王を決める1戦がメイン。当然ながら地元に利があろうし、完成度といった点では栗東勢に一日の長がありそう。唯、2戦2勝でここに臨むロックディスタウンのレースセンスには舌を巻く。素質馬揃いの新馬戦で抜群の切れを発揮したかと思えば、洋芝に替った札幌2歳Sは盤石という形容がピタリ。気品を感じさせる皮膚の薄さと好馬体。また、ここ1本に絞っての調整ぶりで仕上げに抜かりはない

実際、輸送を控えた直前は向正出しで4Fから加速のしまい重点。引き締まった体があればこその3F37秒8で、半馬身遅れは追走の分。ハロー明けの1番手で馬場が整備されていたとはいえ、出色の時計が能力の証し。平坦しか経験していない点で不安は残るが、デキの良さと実績面のアドバンテージを打ち消すまでには至らぬ。

同じく、デビューからの連勝で臨んできたマウレアの素材に疑いを挟む余地はない。中2週だけに、前走時のハードさには及ばぬが最終追いでも2頭併せを消化。追走して内にもぐり込む形での2馬身先着で痺れるような手応えに終始。いくらでも弾けそうな気配を漂わせながらラスト12秒台だったから非凡で、冒頭で触れた馬場状態を加味すれば中身は極めて濃厚。問題は、まだ華奢なイメージを払拭できない点。ロックディスタウンとの比較となると少々見劣る

ハードに追えたということならモルトアレグロ。3頭縦列の最後尾から猛然と追い上げた直線、実に力強い身のこなしで外2頭を置き去りに。間隔を開けて臨んだ府中では幾分余裕があったが、体の線がシャープになって上昇一途。しかし、胴が詰まった体型でマイルは守備範囲外という気も。伏兵としてモルトアレグロより注目したいのがトーセンブレス。1勝馬でまずは抽選をくぐり抜けなければならないが、キビキビした身のこなしで全身バネといった有様。直前は流した程度でも5F68秒4、日曜の併せ馬も含めればシッカリと馬を追い込む調整ができているのも心強い。経験不足が露呈した結果の前走は度外視できるし、強烈なインパクトだったデビュー戦同様の右回りが大きなフォローになる。

中京2週目の土曜は、暮れに移行した中日新聞杯を取り上げる。実績面からミッキーロケットに軍配が上がろうが、ハンデ戦だけに隙が生じる可能性は十分。際どい差ながら10月の府中でOP特別を制したマウントロブソンには勢いがありそう。昨年の菊花賞で振るわなかった時点でリセットしたのが功を奏した。しかし、追い切りの1F13秒8は許容範囲にしても鞍上がアクションを起こしてもそれが馬に伝わらぬ雰囲気。全体として少し重苦しいのだ。GⅡの弥生賞を制したことがあるとはいえ、近走の相手関係を考えるとミッキーR同様の57.5キロは少々見込まれた印象。

それならばメートルダール。関屋記念で人気を大きく下回る結果だったが、追い上げるタイミングを掴みにくい展開、マイルでの経験値も劣った。今回はそれ以来となるが、はち切れんばかりのハリを誇って、さすが冬場に走るタイプと再認識。加えて、輸送を控えている直前でも併せ馬。目一杯という感じからは程遠かったが、1F手前からスパートするとグングン伸びて相手を1秒置き去りに。実にダイナミックなフォームで完成域に近づいたと判断できる。春・府中の1分58秒7が示す通りの適性ぶり、決め手に磨きをかけた時点で同世代の実績馬に対して2.5キロも貰う形となるのだから急浮上。

同じく土曜のOPからは中山メインの師走Sを。9月・中山のラジオ日本賞がベースになるのは承知で、その3着馬サンライズソアが優位に立っているのは間違いない。一番厳しい競馬になりながら0秒1差に踏みとどまったからだ。唯、そこでは大きく退いたディアデルレイには巻き返す余地がある。当時は久々ながらホームコースであるウッドで1本のみと明らかに急仕上げ。現に、ジックリと調整して臨んだ福島では圧倒的な強さを見せつけたのだ。マーチS惜敗が示す通り、小回りのローカル以上に当コースは合う。しかも、6F追いだった1週前があったし、直前の3頭併せでも追走して余裕の先着と本来の動き。前走より1キロ軽くなる点も強調したい。

みやこSで波乱を呼んだルールソヴァールに関しては地力強化を素直に認めるべき。しかも、坂路主体の馬が今回の追い切りではウッドを選んだ。速いとは言えぬ6F87秒1だったとはいえ、直線でサンドされる状態でも集中力を切らさずに余裕ある手応え。兄サウンドトゥルーが去勢した晩成型。その面影は確かにある。

狙って面白いのがマイネルクロップ。最終追いは単走だったが前を行く他厩の併せ馬に迫るゴール前、躍動感溢れる身のこなしが実に印象的な5F68秒9だったのだ。関東に移籍して3戦目、前走でシェイプUPされたからこそ全身を上手く駆使した走りに。また、体のハリも格段に良くなった。もう終わった馬と見做すのは危険。

日曜のカペラSはノボバカラの連覇が濃厚。単走でシックリと仕上げるタイプでこの中間もそれに則っている。向正出しの5F追いだった直前、入りが15秒9と鞍上との呼吸ピタリだったし、気合いをつけられたラストは全身を余すことなく使ったフォームで貫禄すら感じさせた。大井では二桁着順と振るわなかったが、ポジション取りが重要になるシーンではスタート地点が芝というのが必須条件。中山ダート1200が絶好だということ。昨年同様の57キロなら再び真価発揮

コーリンベリーは6歳牝馬だけに、ここから力をつけるということはなさそう。唯、東京盃に至る過程は明らかに稽古不足。そこから尻上がりなのは、見せ場十分だったJBCスプリントが示す通り。加えて、1週前には前2頭を大きく追走する形で、結局は追いつかずに遅れとなったが5F62秒の猛稽古。完全にスイッチが入った状態での最終追いは持ったままでも1F12秒0と素晴らしい伸びを見せた。まだ太刀打ちできる

同じダート1200ということで推奨したいのが土曜8Rのエメラルエナジー。一叩きの効果は覿面で1週前のウッド5F65秒6もさることながら、最終追いではそれに輪をかけた3頭併せ。向正の態勢では単走かと思いきや、直線では内を掬って前2頭を抜き去ってのゴール。以前はスピード任せの一本調子。しかし、今春でその戦法に見切りをつけて確実に進歩している上での猛稽古。このタイミングで狙わぬ手はない

プロフィール
柴田卓哉

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。