競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 打倒キタサンBへ待ったなし サトノクラウン
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

馬券に直結!週末予想コンテンツ

柴田卓哉・美浦追い切りレポート 多士済々といったマイルCS、先週の牝馬GⅠと同様に上位に絡みそうな馬が十指に...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 本来なら8月中に結論を出すべきはずの加計学園問題―。やたらもったいつけ、“い...
続きを読む

【PR】競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部が、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

美浦追い切りレポート

2017年10月26日(木)更新

打倒キタサンBへ待ったなし サトノクラウン

天皇賞が年内での引退を表明したキタサンブラック一色に染まるのは仕方ない。しかも、これに鈴を付けに行く馬は不在だし、奇襲を受けたとしても自分のペースを乱すことのない馬。唯、GⅠ5勝を含む長いキャリアを通じても府中の2000は初。どちらかと言えばスタイヤー寄りだけに無条件に飛びつくのはどうか?

ここに至る路線で最も重要視されるべき毎日王冠組から◎候補は探るのが一丁目一番地でもある。関東での再先着がグレーターロンドン。マイルでの開花が印象深いが、距離に対する融通性を持つのは、ユッタリとした胴の構えからも明らかで前哨戦の3着は決してフロックではない。中2週でも最後には併せ馬を消化して力強い動きでのラスト12秒1なら上々。しかし、多少緩さのあった毎日王冠での激走で先週まではコズミがいつになく目立っていた。脚元に爆弾を抱えているだけに反動が懸念されないこともない。

それならばソウルスターリング。久々でのハイテンションが全てといったレース振りで度外視できるからだ。稽古は引き続き文句なし。1週前の3頭併せでは最外でリラックスした走りができたし、最終追いは古馬準OPを前に置いた道中から直線に入ると1F地点で置き去りにしてあとは流すだけでの2馬身先着。春より一層充実した馬体を駆使しての反応には瞠目させられる。一本被りだった前回の評価を忘れてはならぬ

木曜は堀厩舎の2頭。厩舎の第一弾で他5頭とともにウッド入りしたのがネオリアリズム。春の香港以来となるが、相変わらず前向きな気性で半マイル過ぎからは制御にもひと苦労といったところ。相手の2歳が相当な器だけに半馬身遅れでの4F53秒6は想定内であろう。けれども、爪の不安によるローテーションの狂いを思うと、少々立派に映る体つきが気懸かり。少なくとも、2週前にサトノクラウンと併せて明らかに劣っていたのだから順位づけとすればそれより下という評価になる。

そのサトノクラウンは9時過ぎに登場。厩舎定番のしまい重点で4Fからでも15秒5とペースUPしないまま直線へ。が、1F手前から鞍上に促されるとシッカリと反応。12秒6のラストで締めた。元々、1週前に6F追いを敢行しているから微調整で十分だし、稽古駆けしないタイプ。唯、馬体は引き締まって胸前の筋肉が充実。ここ2年の当レースは試行錯誤だった段階で当時とは別馬と判断できるのだ。それに目を瞑れば府中で瑕疵ない上に、当日の天気が崩れる模様。同じ2000だった大阪杯とは状況が違う。打倒キタサンBに向けて待ったし

府中の土曜は来年の牝馬戦線を占う意味で外せないアルテミスSがメイン。大物感のあるスカーレットカラーには一目置くが美浦も素質馬揃いでその筆頭がウラヌスチャーム。8月の新潟以来となるが、ここ目標に入念で最終追いに選んだパートナーがOP・トーキングDという豪華版。行き出しの6Fでこれを3馬身前に置く高いハードルを課せられながらも結果的には併入に持ち込んだのだから凄い。しかも、直線半ばで手応えが怪しくなりながら、再び吹かすと外を圧倒する迫力さえ。追えば追うだけ伸びる特性が表れた追い切りと言えよう。府中替りに対する懸念も感じない。

派手さで言えばトーセンブレス。行き脚がついた三分三厘で馬群に取りつくと直線では一旦ブレーキをかけるシーンがあっても桁違いの伸びで後続に水を開けたから。シャープな身のこなしで軟弱な馬場に持ち味を殺されかねない状況にあって、だ。負荷のかかる併せ馬を消化した中間、しまい重点とはいえ、‘全身これバネ’という動きで1F12秒5だった最終追いからも上積みは相当

やはり4Fスタートで追ったダノングレースも侮れぬ。1週前、格上を含めた3頭併せを敢行できたように、美浦での中身はデビュー時より明らかに上。確かに、トモがまだ薄い分、現時点ということなら上記の2頭に劣るが追っての味が何よりの魅力、少し苦しそう態勢になってからの踏ん張りが利くようになった。首の使い方を覚えつつある点も心強い。

他の特別戦ではまず日曜・精進湖特別のブラックプラチナム。先週は3頭縦列の先頭で進みながら最外での遅れ。だが、相手2頭がOPでその段階であれば仕方ない。むしろ、それらのレベルに合わせようとした関係者の意欲がダイレクトに伝わってきたのだ。実際、それでスイッチが入った模様で直前には8分処、5F68秒0で余裕の1馬身先着。はち切れんばかりの馬体でラストは実にシャープと寸分の狂いもない。そもそも1000万下に長らくとどまってはいけない器

土曜も芝からのチョイスでやはり1000万下の国立特別はペルソナリテ。レースに行くとスムーズさを欠くシーンが多くて安定味に欠くが、前走などは中山という時点でアウト。気に病む必要はないのだ。また、マイルでは如何に脚を使うかといったテーマが勢いの妨げ。デビューからの連勝があった今回の1400なら紛れもなくなる。現に、ここに向けては6F追いがあるほどで、直前の5F73秒3にしても併せ馬で馬の気持ちを掻き立てる感じ。使い詰めになるが過程とすれば今回が一番

先週の富士Sに続きマイルCSを見据える面々が登場するのが京都・土曜のスワンS。西下する馬は輸送を考慮しての水曜追いということになる。GⅠを獲得してからの2戦で冴えが見られないセイウンコウセイは1F延長でここに臨む。決して守備範囲外とは言えないのは、勢いを得た準OP勝ちが当条件だったから。唯、3F38秒6~ラスト11秒9とさすがの時計をマークしたわりに、道中のスピード感に伝わってくるものがない。活気といった点で好調時には及ばないのでは。

初コースが鍵になるキャンベルジュニアだが、リフレッシュ効果が覿面の動きを再三にわたって披露。特に、攻めに攻めた先週の長目追いは一杯に追うサトノクラウンを尻目に余裕綽々。麗しい馬体が更に洗練された。直前も強く追えているほどでこれまでの休み明けの中でも一、ニを争うデキ

ここで是非取り上げなくてはならないのが、そのキャンベルJをアオったイーグルバローズ(土曜12R)。確かに、先行したアドバンテージがあったとはいえ、馬体があった直線では脚色で完全に優っての先着。とてもキャリア2戦とは思えぬほどの風格で豪快そのものといったアクション。札幌ではコーナーワークに難があっても直線では離す一方で2秒以上の大差勝ち。同日の1000万下をも上回る時計だったから驚く。バックSが長くなる今回、マイペースで運べるとは限らないが、素質の違いで楽々クリアーして貰わなければ困るといったレベル。

最終週を迎える新潟では日曜のOP特別をピックUP。芝1000に照準を合わせてからのアペルトゥーラはひと味違ってきた。前走でも指摘した通り、シッカリと馬を抑え込めるようになって常識にかかった稽古を消化できているからだ。今回も4Fから15秒5、しまいも手応え通りの伸びで12秒4と実に鋭い。このカテゴリーで底を見せていない魅力に抗えそうにない

もう1頭がナックビーナス。前崩れになったキーンランドCでも踏ん張っていたように底力に疑いを挟む余地はないし、1週前にウッドではハードな3頭併せを消化して軽快さが増した。直前はポリに場所を移してやはり好時計。一本調子で非力といったタイプではないから、初になる直線1000mへの適性もかなりと見做している。

プロフィール
柴田卓哉

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。