競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 阪神で大攻勢に出る藤沢和厩舎
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

馬券に直結!週末予想コンテンツ

スッパ抜き本舗競馬ウィキリークス 昨年の2歳主要レースは、藤沢厩舎の独壇場だった。阪神JFをソウルスターリング...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 <七つ下りの雨と四十男の道楽はやみそうでやまない>とはよく言ったもの。8日午...
続きを読む

【PR】競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部が、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

美浦追い切りレポート

2017年09月21日(木)更新

阪神で大攻勢に出る藤沢和厩舎

天皇賞へのステップに神戸新聞杯を選んだダービー馬・レイデオロ。関西への輸送を控えていても変則日程ゆえ、木曜追いに。とはいえ、名門厩舎にしてみれば些細なこと。垢抜けた好馬体は以前通りだし、幅が出た体ながら太目感なし。1度目のハロー明け、向正出しで口火を切る形。古馬を4馬身追走してピッチが上がったのは半マイルを過ぎて。そのままリズム良く直線に向くと更に脚を伸ばして同時入線。5F68秒0だから先週より大幅に時計を詰めて青写真通り。GⅠ馬の真価を見せつけるに違いない

唯、ここは敢えてキセキを指名したい。何せ、3歳牡馬の頂点を極めるレースが2分26秒9と低調。近来稀に見るテンションの低さだった道中もあったから、その結果を尊重して良いものか?対して、夏場の2戦、特に新潟ではラストで流す余裕があっても1分56秒台と本格化。成長途上だった毎日杯でも3着という元値があるのなら、信じるに足る存在と見做せる。少なくとも、今回のTRまでは追いかけるべきだろう。

唯、西下する藤沢和厩舎が日曜メインを始め、大攻勢をかけているのは確か。日曜・ムーンライトHは、レイデオロのパートナーを務めたラヴィエベール。3歳に対して苦杯を嘗めた復帰戦の札幌は早目の仕掛けで恰好の目標になったし、その相手は秋華賞TR突破というレベルだから恥じる必要はない。直前の併せ馬ではダービー馬を待つ形での併入でラスト1Fでも0秒8劣ったが、一叩きした今回は無理して馬を攻める必要がないほどの態勢。1000万下の身だが、格上挑戦というのは形だけ

その直前の甲東特別はムーンクエイク。伸びやかなフォームでの単走で52秒5と軽快そのもの。僚馬との同時の馬場入りだったが、敢えて併せを避けたのはテンションを抑える為。去勢でまともになったように、この工夫が好結果を生む筈。まだ乱暴な競馬しかできなかった3歳時でさえウインガニオンに迫ったことがあるのだ。当クラスなど通過点

東は天皇賞に向けてのステップとなるオールカマー。まずは水曜に最終調整を済ましたタンタアレグリアから。思うようにレースを消化できずに結果的にAJC杯以来となる。シルエットが朧げで緩い印象があるのは確かで、ハードに攻めたのは直前の1本だけ。しかし、その6F追いで間に合う可能性はある。前2頭を追走して3F地点でも1秒以上の差、最外にコースを取りながら最後まで安定したフォームで力強い伸びを披露。前走でも付け焼刃といった感じの仕上げで勝ち切ったように、調教と実戦が結びつかぬタイプというわけ。急仕上げは確かでも無視するのは危険ではないか。

では、全体の構図はどうか?関西馬ステファノスの実績には一目置かねばならぬ。しかし、多少の贔屓目はあるにしても、夏場を充電して目論見通りの仕上げで臨むアルバートを主役に据える以外に手はない。1週前の併せ馬でほぼ整えたから、他6頭を引き連れてのウッド入りでも単走。ペースUPは半マイルからだが、その時点でも小気味良い身のこなしで4F53秒6。更に、気合いをつけた直線ではひと追いごとにストライドが広がってラスト12秒8という見た目以上の鋭さ。ステイヤー特有の重厚感が消えたことから距離に対する融通性も出るのではないか。2200も守備範囲と考えた。

金鯱賞→ヴィクトリアMと案外だったルージュバックが巻き返しを図る。今回は通常より1週早い美浦入りでパターンを変えてきた。結果的に前に追いつかずに単走の形となった1週前でも発達した胸前を駆使したフットワークで抜群の反応を見せていたほど。しかし、木曜の最終追いでは鞍上の合図から弾けるまでにタイムラグが。馬体のハリ◎といった反面、滑らかな体の線という、同馬特有の流麗さを失ったよう。野芝だけに切れを発揮するのは格好の舞台でも今回に関しては少々割引く

狙って面白いのがモンドインテロ。確かに、札幌はOP特別に過ぎず今回がGⅡとなると家賃が高いように思える。けれども、前残りの展開で仕掛け遅れと思えた前走が目の覚めるような瞬発力。馬の間を窺いつつ追い出されると瞬く間に抜け出してきたのだ。中途半端な位置取りでは詰めが甘くなる点を見極めた乗り方でイメージ以上の競馬ができたことでひと皮剥けた可能性はある。実際、最終追いでも3頭併せを敢行と容赦なし。以前よりトモに筋肉がついてバランスが良くなった。地力UPも頷ける体型となれば初重賞に手が届いて不思議ない

中山の他では1000万下を狙い撃ち。まずは土曜・茨城新聞杯で、ここは3歳の一騎打ちと考えた。水曜追いだったリヴェルディはウッド5F67秒1の好時計をマーク。5Fで0秒7先行する僚馬に2馬身ほど及ばぬゴールだった為、単走の形になったが、敢えて併せずにテンションを抑えたことが好結果を生みそう。動き自体は弾力戦溢れるフォームが示す通り文句なしだし、1000万下とは思えぬスケール。コーナー2回がベターなのは承知だが、2走前の京都だけ走れば適性を補って余りあるということ。

外房特別にも再び藤沢和厩舎に登場して貰う。ハウメアだ。2度目のハロー明けで3頭併せ。先頭との1秒あった差を感じさせない直線の手応えで躍動感溢れるフォーム。元々、アクセントがある走りで全身がバネといった印象だったが、それに磨きがかかった。ひと夏超えての成長を実感

最後に新馬戦。日曜5Rのマイネルプリンチペは新潟デビューを目論んでいた。が、あと一歩手前で頓挫。仕切り直しとなるが、8月下旬から既に併せ4本。全て5F70秒を超える時計だが、ここ2週は追走して外に進路を取る質の高い稽古。にも関わらず、安定したフォームで先着。馬を前に置いても怯むシーンが微塵もないほど大人びているし、追えばそれに応えて脚が持続する。正に、芝中距離向きで完成度は高い。前後のバランスも良く現時点でマイナス材料を見つけるのが困難

日曜4Rはプタハで断然。最終追いは水曜での4F追いだったが51秒4の好時計。3F過ぎから一気に加速すると恵まれた体を生かしたパワフルな動きでラストも12秒3。確かに、調教だけでキッチリ絞るのは困難だろうし、実際にまだ余裕のある体つき。唯、格上相手の長目追いを繰り返して9月に入って急激にレベルUP。少なくとも、2歳相手なら抜けた存在で身体能力が違い過ぎる

プロフィール
柴田卓哉

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。