競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. セントライト記念は皐月ラインで
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

馬券に直結!週末予想コンテンツ

スッパ抜き本舗競馬ウィキリークス 秋競馬も、この馬の登場でいよいよ盛り上がってくるはずだ。神戸新聞杯に出走する...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 遠野が約束より早く「頑鉄」に着くと、親爺は縁台で煙草を吸っていたが、すぐ...
続きを読む

【PR】競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部が、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

美浦追い切りレポート

2017年09月14日(木)更新

セントライト記念は皐月ラインで

台風の影響を受けかねない今週の変則3日開催、メインは月曜のセントライト記念。開幕週を見る限り、芝は例年通りのコンディションだったから、やはり高速決着だった皐月賞を尊重すべきではないか。外回りで1F延長でも実績には代えがたいとなると、アルアイン→クリンチャーのラインは強力。

関東馬では3戦3勝のセダブリランテスがその牙城に迫る筈だった。が、木曜の朝に挫石による回避が伝わってきた。残念ながら、美浦組に関しては大幅にハードルを下げざるを得ない。その木曜、サーレンブラントが併せ馬での追い切りを消化。行き出しの5Fでは前との差が1秒で自身のペースUPは上がりから。小気味良い身のこなしがアピールポイントで、それを如何なく発揮して結果は1馬身先着。調子の良さを前面にアピールしてみせた。が、ラスト1Fまで逆手前で走っていたように、右回りは不得手。稽古ならともかく、実戦では足枷になりそう。

それならば、春・府中でこれに及ばなかったストロングレヴィルか。木曜も閑散とした遅い時間帯に登場してのしまい重点。とはいえ、パートナーはいつでも準OP入りを果たせそうなサクラエンパイア。それに対して、4Fから馬体が合うと終始余裕を感じさせるというか、引っ張り切れない手応えでの5F71秒1~ラスト12秒9。身体能力の高さがダイレクトに伝わる動きで馬体も洗練されてきた。コーナーの多いローカルの長距離戦では自己完結。参考外だったわけ。パワーがモノを言う中山外回りで1勝馬と見做すのは危険だということ。

水曜に追い切りを済ませたミッキースワローはマークすべき存在。前走は距離不足に加え、前後半差が4秒を超える超スローでは持ち味は生きぬ。とはいえ、ラジオNIKKEI賞で際どかったロードリベラルには先着しているのだ。先週までに古馬OPとの併せ馬をこなした挙句、直前は6F追い。5F地点だけ抑えを利かなくなって前に出たが、それ以外は内で先行馬を窺う態勢から直線へ。追い比べで鋭さこそ感じさせなかったが、決して抜かせぬ感じの1馬身先着と持久力を存分に示した。京都新聞杯時からの成長分は見込める

日曜のラジオ日本賞はダートのOP特別。新潟では人気に反した結果だったセンチュリオンだが、スタートで安目を打ったのが響いて流れに乗れずじまい。今回は冬場に2、3着と安定している中山に戻るのだから巻き返し必至。この馬に関しては稽古を見ない方が得策と言えるほど実戦と結びつかぬタイプ。今回も3頭併せで同じく先行した中の2歳にさえ1秒遅れたほど。とはいえ、5F67秒4なら走っている部類だし、馬体も引き締まっているのなら心配は無用。

総武S→マーチS2着を振り返ればディアデルレイも当然ながら圏内。しかし、こちらは少し急仕上げ。特に、手応えに余裕があっても最外で先行する態勢での5F70秒2。太目感はないものの、せめて追走する形でラストも13秒を切って欲しかった。能力に反した評価にならざるを得ない。

着実に力をつけているコスモカナディアンではどうか?エルムSでは詰め切れなかったが、一瞬は前に迫る勢い。そこでの相手に比べれば組み易しと言えるし、中山は得意。同厩のOPに2馬身のアドバンテージを与えながら、余裕を持っての同時入線でラストの12秒5にしても大幅に詰められそうな勢いを感じた。少なくとも、使い詰めの反動がモロに出たマーチS12着には目を瞑るべき

土曜メインは1600万下だが、将来的には重賞でも上位を賑わせそうな馬を含むレベル。実際、ソールインパクトは七夕賞で3着と大健闘。新潟記念こそ早目の競馬が裏目に出て失速したが、今回は自己条件。唯、上昇度には疑問符がつく。新潟への往復後で中2週。身のこなし自体は軽やかだが、5Fで71秒を超える時計と感触を確かめる程度。それならば、素直にテオドール

1000万下を突破した際にはそのソールIを負かしているわけだし、中山2000。オーバーペースの逃げを打った札幌は不運としか言いようがない。それでガス抜きはなったわけだから、今回は正攻法での運びになろう。状態は高いレベルで安定。1週前に好時計をマークした時点でOP入りは約束されたようなもので、直前でも軽く促した程度でも5F67秒4。530キロ近いが、重苦しさを一切感じさせないのは均整が取れている故。しかも、良質な筋肉に覆われて既に一線級の見た目。ここは通過点に過ぎぬ

1600万下からもう1頭。月曜の阪神11Rに臨むロードセレリティには是非触れておかねばなるまい。高柳厩舎にしては珍しい6F追いをこなしたのが1週前。更に、直前の3頭併せでも最後まで手を緩めぬ調整ぶりで十分に負荷をかけた。縦列の最後尾から内にもぐり込むと全身を目一杯使ったフォームで鞍上のアクションに応えた1Fは12秒2。正しく矢のように伸びたのだ。前走は抑える競馬を試みた時点でアウト。トップハンデ並びの57キロが楽とは言えぬが、強力な同型不在で主導権を握れるのは明らか。現級勝ちの再現が成る筈

中山の他ではまずは日曜10R。ここはスビールアスール。古馬との初対戦だった福島は、御せなかった武藤が敗因の全て。今回はその懸念がないのが第一。加えて、ハードに追って先着した3頭併せの先週がある。最終追いこそ単走で5F71秒を超える時計と目立たなかったが、具合自体が良かった前走よりも過程にゆとりがある点を上積みと見做して良い。中山替りと戸崎で準OP入りは目前

日曜9Rは牝馬限定の500万下。とはいえ、限定戦とは思えぬメンバーの質があれば取り上げるに足るレース。一時期のスランプを完全に脱したヨシノザクラが人気だし、相応の評価が妥当。唯、ここは敢えてエバープリンセス。先週の紫苑Sにも登録があって残念ながら抽選除外。その分、乗り込みは豊富だし、ギスギスした感じだった春とは別馬。4Fスタートのしまい重点を繰り返しているから数字面では突出しているわけではないが、弾力性のあるフォームで実にスムーズな身のこなし、持ったまま外ラチ沿いを駆け抜けた最終追いのラストが12秒3の鋭さ。ユッタリと構えても間に合う2000も大きなプラス。

最後に2歳戦から。狙い撃ちたいのが土曜2Rのアメノムラクモ。初戦は出遅れに加え、無理な追い上げが祟った。それもあるが捌きが硬くて芝で走れるフットワークではない。唯、積極果敢に攻めたことで収穫を得たのは確かだし、この中間の併せ馬では絶えず余裕の手応えで能力の高さには太鼓判を捺せる。ダート替りの今回こそ真価発揮

プロフィール
柴田卓哉

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。