競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. NST賞の主力は軽ハンデ馬
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

馬券に直結!週末予想コンテンツ

スッパ抜き本舗競馬ウィキリークス 秋競馬も、この馬の登場でいよいよ盛り上がってくるはずだ。神戸新聞杯に出走する...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 遠野が約束より早く「頑鉄」に着くと、親爺は縁台で煙草を吸っていたが、すぐ...
続きを読む

【PR】競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部が、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

美浦追い切りレポート

2017年08月17日(木)更新

NST賞の主力は軽ハンデ馬

重賞が組まれている他2場に取り残された感じというのが今週の新潟。日曜メインがOP特別とはいえ、夏場だけに手薄なメンバー構成になっているからだ。

休養前の京都で3着だったニットウスバルはトップハンデに相応しい。フラットなコースでの切れがアピールポイントなのは実績が物語る通りで、一度走って着外だった新潟ダートも1800と守備範囲外だったから無視できる。が、今回は捻挫明けでコーナーの急なローカル。自分の型に徹するしか手のない馬だから間に合わぬシーンがあっても驚けぬ。

同じ55キロのマキャヴィティも休み明け。直前には6Fで3馬身先行する僚馬を猛然と追走して併入。8分処、馬場の荒れた時間帯でのラスト12秒9は‘さすが’。問題は、叩き2走目で上積みが確かだった千葉S、渾身の追い切りを敢行した4月の京都と手応えを十分に感じさせた前2走がいずれも不甲斐なかったこと。年齢的な衰えと捉えたくなるのだ。一昨年、鮮やかな差し切りを演じたコースに替るという点に望みを繋ぐ程度。

面白いのは古馬との初対戦になるマイネルバールマン。確かに、端午Sでは展開の大きなフォローがあった。しかし、それが初ダートだったから実に鮮やかな転身ぶり。なるほど、馬体には厚みがあるし、それを存分に駆使した身のこなしはパワフルそのもの。適性が潜在部分を引き出したわけだ。しかも、少々胴の詰まった体型、芝では1200で如何に脚を使い切るかといったレース振りだったから1F短縮は大歓迎。

5月以来となるが、外厩での調整が進んでいたことを思わせる造りで美浦入り。以降は3本の併せ馬を消化して、最終追いなどは追走して外ラチ沿いにコースを取るハードさ。雨に祟られた馬場ということを考慮すれば、安定したフォームに終始した上での5F69秒9には相応の価値がある。52キロを生かし切れるデキ

新潟巧者ということでスウィープアウェイにも注意が必要。1度目のハロー明けに向正出しの4Fスタート。追い比べになって1馬身遅れたのは1秒も追走すれば仕方ないところだし、捌き自体はシャープ。むしろ、最後までウッドで追えたこと自体が、ここ3走と異なる点で上昇度は認めて良い。平坦での立ち回りに妙のあるタイプで、昨秋に当コースで下した相手は、準OPだったにしても強力。

あとは抽選除外の対象になる馬。格下からの挑戦だからハンデが軽いのが魅力。また、地力の差が露わにならぬローカルという点でも食い込みがあって不思議ない。特に、ドラゴンゲートはやはり逃げてこそ。それでも、自己条件だった前走で2番手に控えても大崩れがなかったように力をつけている。中1週になるがDコースでシッカリと追われてリズミカルな動き。脚抜きが良くなれば更に。

他の特別戦で取り上げるのは日曜のOPと同じダート1200、苗場特別から。タガノヴィッターの現級勝ちは5月の当条件。それを含め新潟では2勝をマークしているのだから死角はないように見える。実際、素直に入るならここからだが、敢えて3歳アシャカダイキを。前走がマイルの3歳OPでしぶとさを見せての5着。少々長い距離でも健闘できたのは能力のなせる業だし、3月の中山で前が有利な馬場ながらシッカリと捕らえての好時計。スプリント戦でこそのタイプ。一息入ったが最後には3頭併せの最外で余裕綽々。引き締まってメリハリのある馬体を躍動させる様は圧巻。1週前OP入りしたアポロノシンザンに抵抗を見せていたほどでそれを境に覚醒したと思わせる。スンナリと好位にポジションを取れる機敏性が魅力。

日曜は500万下の村上特別を。降級4歳を含め、質の高い面々が集ったからだ。オール坂路のショウナンサスケに関しては割愛するが、同じように1000万下で連対のあるサトノキングダムは最終追いでウッドを選択。一杯になっての5F69秒3だったが外に合わせたOPを凌ぐ内容。少々本数は足りないが太目感はないし、坂路だけの調整でなかった点は認めて良い。唯、理想は1800で極端に上がりが速くなるマイルとなると隙が生じる。

それならば3歳のレッド2騎。馬体に幅が出た復帰戦で洗練されたレース振りだったのがレッドアーサーの前走。それでも少し余裕のある造りで2着だったのだから中1週での上積みは確か。今回は馬場の重いウッドを避けてポリへ。単走で感触を確かめる程度の時計だったが、キビキビした動きで反動は皆無。1F短縮なら今度こそ

芝コースの朝一番に3頭併せで追われたのがレッドルチア。華奢な印象が先立ったデビュー当初と違って一本芯が通った模様。そこでは4F56秒5のしまい重点だったが、1週前のウッドでは併走馬を置き去りにする快走。仕上がり早といったタイプながら丸味帯びた馬体で休養効果は覿面。長距離輸送もクリアーできそう。

プロフィール
柴田卓哉

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。