競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 今週の新潟メイン、主力は関東2騎
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

夏競馬の攻略法満載!北海道総力特集!

サムネ画像...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 築地市場のお盆休みは14日~16日。「頑鉄」の親爺もその期間の営業をどうする...
続きを読む

【PR】競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部が、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

美浦追い切りレポート

2018年08月16日(木)更新

今週の新潟メイン、主力は関東2騎

ロングランの新潟開催で唯一重賞が組まれていない日曜のメインはダートのOP特別。夏場のローカルということで層の薄さは否めない中、有力視されているのがオールドベイリー。準OP快勝の勢いを駆っての挑戦で、課題と思われていたスタート地点の芝も前走で難なくクリアーと本物になった。唯、手応え通りに弾けたとはいえ、プレッシャーを受けることなく進められた道中があった。ここに入って厳しい流れに晒された際、同じような脚を使えるかと問われれば半信半疑。

そういった流れを自らが造っても押し切れるのがベストマッチョ。開幕週のアイビスSDでは見せ場なく終わったが、究極のスピード比べとなる直線競馬。芝自体がベストとは言えないなら無謀な選択だったと総括して良いだろう。幸い、消耗は少ないし、体の良い本馬場調教と見做せば叩いた効果さえ。実際、オール坂路の前走とは裏腹に追い切りはウッド。つまり、ホームコースでの本来の調整が叶ったわけだし、間隔が詰まって強い稽古は不要でも5F69秒2をマーク。それも、ラスト1Fを切って前後が連動してストライドが豪快に。‘これぞ砂馬’といったアクション。

強力なライバルはドリームドルチェ。ここ2走は振るわずに放牧へ。とはいえ、大きく崩れたわけではないし、一瞬に切れで勝負する馬にとっての1400は守備範囲外。少々のロスが大きなビハインドになるOPであれえばなおさら。単なるリフレッシュだった分、美浦入り直後からして麗しい体つきだった上に、ここ2週は長目追い。特に、直前は6F81秒8で外ラチ沿いをビッシリ。追い出されて多少モタつくシーンは見受けられたものの、体が容易に絞れる時期で輸送も控えている。ハードに追ったことでスイッチが入るに違いない。

狙って面白いのがスティンライクビー。越後Sで3着だったから、当然ながら格上挑戦。唯、その対価が49キロの軽ハンデで、冒頭で触れたオールドベイリーとは5キロ差となる。その前走は出負けに加え、直線は大外に進路を取らざるを得なくなっても辛抱強く伸びた。一本調子だった以前のイメージを一掃したわけ。中1週となるだけに、稽古は目立たぬが、正面から入って早々とスピードに乗った分、行き出しは6Fと元気一杯。去勢によって身についた学習能力が何とも心強い。

特別戦は頭数の揃うダート1200が勝負処で土曜のターゲットもそこ。1000万下の岩室温泉特別はアメリカンファクト。中1週での昇級初戦だけに一見すると条件が厳しいそう。が、一息後だった前走で+8キロと幾分余裕のある造りだったにも関わらず、実に安定した取り口での1分10秒7。前日の1600万下を0秒2上回ったのだから衝撃的ですらあった。その勢いをダイレクトに伝えたのが追い切りでウッド5F69秒6。前回時に比べると控え目だったのは確かでもよりシャープになった体を駆使したフォームが見事。パワフルな反面、少し鈍重に思えた冬場とは180度違うイメージを醸し出しているのだから、進境度が並大抵でないということ。

本来なら降級初戦になるリモンディが相手本線。しかし、直前でも6F追いと木村厩舎らしくないパターンで、期待通りの反応がないラスト、挙句が2馬身遅れと物足りぬ。1月の取り消しで間隔が開いてレース勘を取り戻せないのでは。

実績を重ねた4歳ということならハルクンノテソーロ。近走は追っての味に欠けるがダッシュがつかないとこでリズム良く運べなかったし、使える脚が限られるように。そのタイミングでの距離短縮はきっかけになろうし、坂路での中身も濃い。府中が悪いとは言わないが、初勝利を挙げた新潟なら更に。

日曜・新潟10Rは3歳が上位を独占しそう。燕特別が驚異のレコード勝ちだったダブルフラットに、前2走の3歳OPで少差だったユーキャンスマイルの一騎打ちムード。この関西2騎を脅かして不思議ないのがヴォウジラール。確かに、春・新潟での際どい勝利がコース利と道悪。唯、大きく体を増やして臨んだ結果、振るわなかった2月からの立て直しがままならなかったのは事実。そういった途上の段階でも凌ぎ切ったことが非凡さの表れ。直後のリセットが功を奏したのは明らかで、ハードな長目追いを課せられても動じない1週前、単走だった追い切りでラスト12秒2の鋭さと実が入った。今となっては良馬場でも切れ負けしないと思わせるシェイプUPぶりに注目。

平場はまず最終Rにスポットを当てる。土曜は6月以来となるグランドピルエット。間隔は開いたが馬を緩めた雰囲気は皆無。また、ラストの2週で坂路に切り替える前はウッドでの長目追いを含め、いずれも軽快な動きと、その能力をアピールするには十分な内容をこなしている。そもそも、新馬勝ちが示す通りポン駆けの利く気性に加え、内回りで先行力を生かすには格好の条件。行くと甘くなる点を補える平坦ということでも全てが好転。これに迫るのはナムラムラサキでこちらはオール坂路。唯、春よりもフックラとした馬体なのは角馬場での姿を見れば分かるし、スンナリとポジションに嵌りそうな今回の距離で一変が濃厚。元より、1800の好時計が語っているように新潟の水が合う。

日曜はアイアムヒメ。1400以下で大崩れがなくなった反面、ひと押しが利かぬ現状で、それを打破するきっかけを掴みそう。何故なら、メリハリをつけてこそだからだ。加えて、牝馬ながらタフで菊川厩舎のハードなメニューをこなしても馬体のハリを失わないほど。今回も輸送を挟んでの中1週ながら3頭併せでの真ん中で手応えは楽なまま。心なしか完歩も大きくなったようで、使い込みながらのレベルUPが実感できもする。テンから攻めても押し切れそうな直線競馬での一変が見えてきた。

最後に2歳未勝利戦。日曜1Rのフラッシュノワールは伸びすバテずの6着でデビュー戦を終えたが、そこから間隔を開けての鍛錬が実を結んだ形。最終追いでは追走態勢から内に入ると1F12秒6、乗り手のアクションに呼応しての2馬身先着と一本芯が通った。2週連続ウッドでの一杯追いを経てだから額面通りに受け取れるわけ。勿論、柔らかい身のこなしはデビュー前から目立っていた。現状ではトモがまだ薄いだけに平坦替りも大きなフォローに。



プロフィール
柴田卓哉

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。