競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 天皇賞春は二強対決に
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

馬券に直結!週末予想コンテンツ

サムネ画像 動画でさらに学べる! ▼日本ダービーの血統ポイント▼ ...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 「三夏の候」―。日本には昔から便利な言葉がある。立夏~立秋までの初夏、仲...
続きを読む

競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部より、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

上田琢巳のラップ・トリック

2017年04月04日(火)更新

天皇賞春は二強対決に

GI昇格の大阪杯はキタサンブラックが完勝。

走るたびに地力強化。堂々たる勝ちっぷりだった。

ただし、3/4差でステファノス、1/2差でヤマカツエース。もう少し着差を広げてほしかった気がしないでもない。

紙面で指摘したように、ベスト条件でもマカヒキは「成長力に乏しい」と判断。

レースぶりも流れが合わなかったこともあるが、一伸びが利かなかった。

昨年春の時点で3強といわれ、ダービーまで上り詰めたが、アレがこの馬のピークだったか。

好敵手だったサトノダイヤモンドとはちょっと差が広がったようだ。

天皇賞春はこれで二強対決。ペースの上がらない長丁場になりそうだが、キタサンもサトノも折り合いは問題ない。

となれば、上がりが速めのパターン。瞬発力で上回るサトノダイヤモンドが有馬記念同様にキタサンを前に置いて差し切ると見ているが、ここで日本の頂点を証明すれば秋の大目標。凱旋門賞もグイと見通しが良くなる。

伸びシロたっぷり。どこまでレベルを上げるかが世界制圧のポイントだ。

プロフィール
上田琢巳

結果に対してシビアなファンの多い大阪スポーツで、長年に渡り堂々と看板を務め続ける、 ご存知“西の仕掛人”。競馬専門紙『1馬』在籍時から、他に先駆けて「レースラップとタイム重視」の理論を展開。競馬予想界に革命を起こしたラップ理論のパイオニアである。 数字から読み解かれる明解な推理に魅了される競馬ファンは今なお後を絶たず、 後進の予想家たちにも多大なる影響を与え続けている。