競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 【関屋記念】フロック勝ちではないプリモシーン
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

秋競馬開幕!攻略の第一歩

城崎哲・馬場トレンドジャッジ 台風21号の近畿直撃、北海道の地震と、このところ大きな災害が相次いでいます。...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋  遅くなるほどに雨も強さを増す―。との予報が頭にあったようで10日の月曜...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週で夏競馬は終了。今週から中山、阪神が開幕し秋競馬が始まります。 ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

上田琢巳のラップ・トリック

2018年08月17日(金)更新

【関屋記念】フロック勝ちではないプリモシーン

久々に◎プリモシーン(関屋記念)でスカッとした思い。

前後4F45秒7→45秒9で流れてラスト11秒0→12秒2。結構厳しいラップ構成だ。最速上がりは2着ワントゥワンに譲ったものの、首差以上にプリモシーンの完勝劇。レースの流れから見て、フロック勝ちの印象はなく、10キロ増の馬体に迫力を感じさせた。当然、秋が楽しみな一頭だ。

7着でもチェッキーノ(屈腱炎のため引退)が大分良化している。地力はだれしも認めるところ。次は迷わず狙ってみたい馬だ。

今週はGⅡの札幌記念でダービー馬マカヒキが登場する。まだ、どこか頼りない。世代レベルも気になる。12F2分24秒0のVダイムもやや中途半端。同世代のサトノダイヤモンドがあんな調子。早熟性を疑いたくなる。今年のダービー7着のゴーフォザサミットと同タイム。3キロ差あれば互角じゃないの?ルメールがどう乗るか。

プロフィール
上田琢巳

結果に対してシビアなファンの多い大阪スポーツで、長年に渡り堂々と看板を務め続ける、 ご存知“西の仕掛人”。競馬専門紙『1馬』在籍時から、他に先駆けて「レースラップとタイム重視」の理論を展開。競馬予想界に革命を起こしたラップ理論のパイオニアである。 数字から読み解かれる明解な推理に魅了される競馬ファンは今なお後を絶たず、 後進の予想家たちにも多大なる影響を与え続けている。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line
閉じる 競馬JAPAN