競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 【エプソムC】今後の重賞戦線が大いに楽しみ!
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

夏競馬目前!北海道総力特集!

サムネ画像...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 立夏のころは、すでに真夏だったのだが、夏至間近の18日はといえば、最高気温が...
続きを読む

【PR】競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部が、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

上田琢巳のラップ・トリック

2018年06月14日(木)更新

【エプソムC】今後の重賞戦線が大いに楽しみ!

道悪でどうかと思われたエプソムCのサトノアーサーだが、さほど苦にするフシもなくきっちり末を伸ばして抜け出した。

もっと早く重賞を勝てたはずの馬。パンとした良馬場ならもっと弾けるだろう。これからが楽しみ。秋からの路線に注目だが、函館記念、札幌記念の手もあるか。

ハクサンルドルフは、唯一、重適性を評価されていただけあってラスト100mからのひと伸びでそれを証明した格好。

3着グリュイエール、4着サーブルオールに小差の入線でかなりのパフォーマンス。重賞戦線を賑わせる存在になりそうだ。

一方、阪神のマーメイドSは伏兵アンドリエッテが6歳にして重賞初V。東西ともにディープインパクト産駒の勝利。ほぼ折り返し地点で早々とリーディングサイアー独走態勢でこのままさらに差を広げて最後にはどれほどの大差を付けているだろうか。

まさにディープ黄金時代。次週は上半期のラストGⅠ宝塚記念。ここでもディープ産駒が人気を集める。メンバー的にも攻防は熾烈。馬券も楽しめそうだ。

プロフィール
上田琢巳

結果に対してシビアなファンの多い大阪スポーツで、長年に渡り堂々と看板を務め続ける、 ご存知“西の仕掛人”。競馬専門紙『1馬』在籍時から、他に先駆けて「レースラップとタイム重視」の理論を展開。競馬予想界に革命を起こしたラップ理論のパイオニアである。 数字から読み解かれる明解な推理に魅了される競馬ファンは今なお後を絶たず、 後進の予想家たちにも多大なる影響を与え続けている。