競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 【ヴィクトリアM】アエロリットの敗因は二つ
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

秋競馬開幕!攻略の第一歩

城崎哲・馬場トレンドジャッジ 台風21号の近畿直撃、北海道の地震と、このところ大きな災害が相次いでいます。...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋  遅くなるほどに雨も強さを増す―。との予報が頭にあったようで10日の月曜...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週で夏競馬は終了。今週から中山、阪神が開幕し秋競馬が始まります。 ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

2018年05月16日(水)更新

【ヴィクトリアM】アエロリットの敗因は二つ

 ヴィクトリアマイルは穴馬に推したジュールポレールが堂々と押し切った。なんとか良馬場でと願っていたターフも早めの降雨で稍重に。アエロリットの敗因はずばり2点。

 1分31秒台ならV最短としていたので、ラストのひと押しを欠いたのは道悪になったため。

 そしてもう一点はペースだ。カワキタエンカがもう少しラップを上げていれば、違った結果になっていた可能性もある。前後4F46秒8→45秒5。上がり34秒0と瞬発力比べになったのが痛い。タフな流れでしぶとさの生きるタイプ。スローペースがキレ負けを誘発してしまったか。

 一方、リスグラシューは1番人気らしいパフォーマンス。持ち前の決め脚で際どく迫った。これは時の運。能力は軽くGI馬。いずれ勝てるだろう。

 終わってみれば1着&3着がディープインパクト産駒。やはり決め脚はひと味ちがう。次はオークス。そして頂点ダービー。競馬も佳境に入る。

プロフィール
上田琢巳

結果に対してシビアなファンの多い大阪スポーツで、長年に渡り堂々と看板を務め続ける、 ご存知“西の仕掛人”。競馬専門紙『1馬』在籍時から、他に先駆けて「レースラップとタイム重視」の理論を展開。競馬予想界に革命を起こしたラップ理論のパイオニアである。 数字から読み解かれる明解な推理に魅了される競馬ファンは今なお後を絶たず、 後進の予想家たちにも多大なる影響を与え続けている。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line
閉じる 競馬JAPAN