競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 【京成杯】スケール感はやや見劣る
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

馬券に直結!週末予想コンテンツ

スッパ抜き本舗競馬ウィキリークス 平成最後となる今年の日本ダービー。ファンの皆さんが最も頭を悩ませているのは、...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 温度差の激しい日が続き季節が分からなくなってしまいそうな昨今だが、競馬の世界...
続きを読む

【PR】競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部が、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

上田琢巳のラップ・トリック

2018年01月17日(水)更新

【京成杯】スケール感はやや見劣る

 京成杯は、ジェネラーレウーノが堂々と押し切った。10F、2分01秒2。先週古馬1000万下で2分01秒6だけに上々の時計。かなりの能力を感じさせたが、今季の3歳世代は昨年以上にレベルが高そうだ。

 オブセッション、ワグネリアン、ダノンプレミアムや、ヘンリーバローズ、ダノンマジェスティなど、今年はディープインパクト産駒のビンテージイヤーになりそうなムードが漂う。

 これらに比べると、ホープフルS勝ちのタイムフライヤーやこのジェネラーレウーノもスケール感でやや見劣るのは否めない。あくまでトップレベルを追う第2グループの位置づけになる。

 すでに重賞を含めて3勝マークのダノンプレミアム、ワグネリアンと、9Fをレコード勝ちしたオブセッションが現時点でのトップスリーだろうが、前出ヘンリー、ダノンマジェスティの次走パフォーマンス次第で、春クラシックはディープ祭り一色の現実味さえ帯びてくる。

 今や、個人的な興味は3歳世代。キタサンブラックロスを埋めてくれるスーパーホースの出現がいよいよ楽しみになってきた。

 先週は日経新春杯が◎★、京成杯が▲◎。3着馬ノーマークのためる3連単をのがしたのは痛いが、引き続き好リズムをキープ。とにかく大事なのはブレないことだ。ラスト2Fを軸にしたラップ理論で突っ走りたい。

プロフィール
上田琢巳

結果に対してシビアなファンの多い大阪スポーツで、長年に渡り堂々と看板を務め続ける、 ご存知“西の仕掛人”。競馬専門紙『1馬』在籍時から、他に先駆けて「レースラップとタイム重視」の理論を展開。競馬予想界に革命を起こしたラップ理論のパイオニアである。 数字から読み解かれる明解な推理に魅了される競馬ファンは今なお後を絶たず、 後進の予想家たちにも多大なる影響を与え続けている。