競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 【シンザン記念】ワンレベル上の走り
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

秋競馬開幕!攻略の第一歩

城崎哲・馬場トレンドジャッジ 台風21号の近畿直撃、北海道の地震と、このところ大きな災害が相次いでいます。...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋  遅くなるほどに雨も強さを増す―。との予報が頭にあったようで10日の月曜...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週で夏競馬は終了。今週から中山、阪神が開幕し秋競馬が始まります。 ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

2018年01月10日(水)更新

【シンザン記念】ワンレベル上の走り

 お正月の重賞4鞍中、3鞍が三連単的中。幸先良いスタートとなった。

 中山金杯◎○▲、フェアリーS◎○▲、シンザイン記念◎▲△(いずれも東スポ・大スポ紙面)で、当コーナーもほぼおなじ予想。

 ◎の自信度ではシンザン記念のアーモンドアイ。ラップがワンレベル違った。前走の上がりが超一級品で、とにかくゴールに近づくにつれて脚勢が増すほれぼれする瞬発力を見せつけた。

 この後、チューリップ賞→桜花賞の王道を行くのか、そこは定かではないが、ロードカナロア産駒はとにかく走る。距離を延ばしてどうかはまだ語るには早計だが、少なくともマイル~10Fならディープインパクト産駒に肉薄できる。

 フェアリーSのプリモシーンも強かったが、インパクトはアーモンドアイが上回る。やはり予想はラップ分析こそ最重要、を再認識。まずおかしなブレ方がないから。

プロフィール
上田琢巳

結果に対してシビアなファンの多い大阪スポーツで、長年に渡り堂々と看板を務め続ける、 ご存知“西の仕掛人”。競馬専門紙『1馬』在籍時から、他に先駆けて「レースラップとタイム重視」の理論を展開。競馬予想界に革命を起こしたラップ理論のパイオニアである。 数字から読み解かれる明解な推理に魅了される競馬ファンは今なお後を絶たず、 後進の予想家たちにも多大なる影響を与え続けている。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line
閉じる 競馬JAPAN