競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 【フェブラリーS】王者ゴールドドリームの誤算
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

馬券に直結!週末予想コンテンツ

サムネ画像...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 立春を過ぎてから強烈な寒波が襲ってきたのだが、幸いにも3連休前の金曜日9日の...
続きを読む

【PR】競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部が、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

上田琢巳のラップ・トリック

2018年02月21日(水)更新

【フェブラリーS】王者ゴールドドリームの誤算

 GIフェブラリーSの戦評。制したのは4番人気のノンコノユメ。調子が上がっていたのは確かで、前走同様にゴール寸前の差し切りだった。ただ、最も強い競馬をしたのは紛れもなく確信の◎を打ったゴールドドリームだ。

 前半4F45秒8→50秒2の超前傾ラップに早めに動いたためのクビ差惜敗。敵をテイエムジンソクと考えると、仕方のない早仕掛けだ。ラスト100mで若干脚色が鈍ったところを差されたもので、あとひと呼吸スパートを遅らせておれば、アッサリ勝っていただろう。

 テイエムがハイラップに早々と沈んでしまい、これがゴールドドリームにとっての誤算だった。ちょっとした展開のアヤ。競馬には付きものだ。

 今週はともかく、次が楽しみ。弥生賞で早々と大物が対決する。なんだかもったいないような『早仕掛け』。事実上、皐月賞の主役が決まる必見のトライアルだ。

プロフィール
上田琢巳

結果に対してシビアなファンの多い大阪スポーツで、長年に渡り堂々と看板を務め続ける、 ご存知“西の仕掛人”。競馬専門紙『1馬』在籍時から、他に先駆けて「レースラップとタイム重視」の理論を展開。競馬予想界に革命を起こしたラップ理論のパイオニアである。 数字から読み解かれる明解な推理に魅了される競馬ファンは今なお後を絶たず、 後進の予想家たちにも多大なる影響を与え続けている。