競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. GⅠ格上げの大阪杯は、内回りコースが波乱を呼ぶ
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

馬券に直結!週末予想コンテンツ

スッパ抜き本舗競馬ウィキリークス 今週は、キタサンブラック対サトノダイヤモンドのトップ対決が行われる天皇賞...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

サムネ画像...
続きを読む

競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部より、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

競馬ウィキリークス

2017年03月26日(日)更新

GⅠ格上げの大阪杯は、内回りコースが波乱を呼ぶ

今年からGⅠに格上げされた大阪杯。サトノダイヤモンドこそ不在(天皇賞・春が目標)だが、昨年の年度代表馬キタサンブラックを筆頭に、ダービー馬マカヒキ、香港ヴァーズを勝ったサトノクラウンなどGⅠに相応しい大物が出走し、楽しみな一戦となった。

中心視されるのも先の3頭だ。

「関西での注目はもちろんキタサンブラックとマカヒキ。

キタサンブラックは1週前にCWで6F78秒台、5F63秒台、終いは12秒と、かなり速い時計を出せたように仕上がりは上々。毛ヅヤの良さも目立ち、状態は今までの休み明けよりもいい。

少々不安を挙げるなら、昨年の大阪杯で2着、宝塚記念で3着に敗れていること。前へ行って脚を溜め、直線で切れる脚を使える馬なので、レースが流れやすい内回りコースは、脚が溜まりにくい点でマイナスになる。マルターズアポジーやロードヴァンドールが速めのペースで行く馬だけに、ちょっと戸惑うこともあるかもしれない。まあ不安はそんなことくらいしかないね。

マカヒキのほうも1週前にCWで7Fから時計を出し、5F64秒台の速い時計。京都記念を叩いて調子は上がっている。

問題は、その京都記念の3着をどう捉えるか。伸びきれなかったのは馬場のせいもあったし、久々だからという見方もある。しかし一度は交わしたスマートレイアーに差し返されての3着は、どうも不満が残るところ。阪神の2000mは直線も長くないし、この馬に合うコースではない」(関西記者)

キタサンブラック、マカヒキともに仕上がりはいいが、マカヒキの不安点は少々心配な面もある。

対する関東の代表格サトノクラウンを見てみよう。

「香港でハイランドリールを負かしたのは驚きましたね。その前の3戦が12、6、14着だからなおさらです。いつものサトノクラウンなら、勝った後で大敗するところですが、続く京都記念を快勝。このあたりに成長が見られます。

もともと皐月賞の頃は、同厩のドゥラメンテより期待が高かった馬。これくらいの結果を残しても不思議はありません。切れるという馬でもないので、阪神の2000mも合うと思います」(競馬専門誌記者)

同じ差し馬なのでマカヒキが比較対象になりやすいが、コース適性はサトノクラウンに分がありそうである。

ここまでの3頭で決まったら、馬券はガチガチ。そんな3強のラインを壊す候補はどのあたりになるのか。

「音無勢は、1週前にアンビシャスとミッキーロケットが併せ馬。先着したのは稽古駆けするミッキーロケットだが、馬券の狙いはアンビシャスのほうだろう。

中山記念はスローペースを後方から進み、大外をまわっての4着。変な言い方だけど、前哨戦としてはいい負け方だった。もともと目標は大阪杯だし、今回の出走メンバーの中でも、特に勝負度合の高い馬じゃないかな。

昨年の大阪杯では、キタサンブラックを破ったようにコースも合う。問題があるとすれば、折り合いが難しいので、テン乗りの福永がうまく操れるかってことくらいだね。

それからヤマカツエースの上昇力も侮れないよ。勝った金鯱賞から中2週だけど、その前走も幾らか余裕を持たせたつくりだったので、上積みはある。金鯱賞の2勝も強かったが、有馬記念では直線で進路を変える不利がありながら4着に入線。もう格下と思わないほうがいい」(関西記者)

アンビシャスは昨年の大阪杯に福島のラジオNIKKEI賞、ヤマカツエースは福島記念、中山金杯と、阪神2000mに近いコースの重賞を勝った経験があり、高いコース適性が見込める。

関東からは、逃げ馬マルターズアポジーに期待する声も大きいようだ。

「キタサンブラックの武豊騎手は、後続(マカヒキ、サトノクラウン)を考えると、脚を溜めて前は突っつかないと思います。そこで面白いのは逃げ馬マルターズアポジーです。距離の長い有馬記念こそ大敗しましたが、1600~2000mだと近4戦4勝。特に前走は1000m57秒台というハイペースで逃げ、2着に2馬身差と余裕をもって逃げ切りました。阪神の内回りなら直線も長くないですし、4コーナーで後続を離す形になっていれば、3着以内に残れる可能性はあります」(競馬専門誌記者)

逃げ馬が有利になるGⅠは少ないだけに、このタイプの馬がGⅠを目標にするなら、阪神内回りコースの大阪杯はチャンスとなる。マルターズアポジーも力の入る一戦だろう。

キタサンブラック、マカヒキ、サトノクラウンに人気は集まるだろうが、他馬にも魅力のある馬は盛りだくさん。中でも、大阪杯目標の気持ちが早くから強かったアンビシャス、穴を狙うならマルターズアポジーの大逃走に期待したい。

(栗東在住ライター:鷲崎)