競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 有馬記念は池江記念? 池江厩舎の3頭出しに注意せよ!
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

馬券に直結!週末予想コンテンツ

スッパ抜き本舗競馬ウィキリークス 昨年の2歳主要レースは、藤沢厩舎の独壇場だった。阪神JFをソウルスターリング...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 <七つ下りの雨と四十男の道楽はやみそうでやまない>とはよく言ったもの。8日午...
続きを読む

【PR】競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部が、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

競馬ウィキリークス

2016年12月20日(火)更新

有馬記念は池江記念? 池江厩舎の3頭出しに注意せよ!

今年の有馬記念は、東西トレセンで話を拾ってみると、キタサンブラック対サトノダイヤモンドの2強対決と考えている関係者が多いようだ。

お互い前走でGⅠを快勝。秋3戦目で、ピークを維持したまま有馬記念を迎えるのでデキもいいようだ。では、2強のどちらが有力なのか。

「斤量を考えると、2キロ軽いサトノダイヤモンドのほうが有利。ただ今年の3歳世代は最強とか言われていたけど、ジャパンCでは皐月賞馬のディーマジェスティ、菊花賞2着のレインボーラインが着外に敗れたように、実はたいしたことないんじゃないかって気もする。

そうなると、そのジャパンCを楽勝したキタサンブラックのほうが上じゃないかな。昨年の有馬記念は3着だったが、ジャパンCを見ると、昨年より遥かに力をつけている。先に行けるから、トリッキーな中山2500ⅿのコースも有利。折り合いに難はないし、好位からも競馬ができるので、枠も展開も関係なし。今度は中山競馬場に、サブちゃんの『祭り』が轟くことになろう」(関西記者)

と力関係でキタサンブラック有利説を説く。ただ状態に関しては、サトノダイヤモンドのほうが上と見る関係者もいる。

「キタサンブラックはジャパンCが最大目標だったと思うんだよね。1週前の調教も、この馬にしてはおとなしい内容。もちろんジャパンんCから中3週だから強くやる必要もなく、前走のデキを維持すれば十分だから、これでいいのかもしれない。ただ2年前のエピファネイア、5年前のブエナビスタと、ジャパンC勝ち馬は有馬記念で馬券圏内にも入っていない。キタサンブラックも見えない疲れが気になるところだ。

それに比べサトノダイヤモンドは、菊花賞から間隔が開くので、一度リフレッシュできた余裕があるのは大きい。その証拠に、ジャパンC勝ち馬は有馬記念で苦戦が続いているが、菊花賞馬はここ7年で4頭が有馬記念に出走。スリーロールスはレース中に故障してしまったが、他の3頭はゴールドシップ、オルフェーヴルが勝ち、キタサンブラックが3着と好走している。サトノダイヤモンドの能力を考えると、昨年同時期のキタサンブラックより上で、ゴールドシップくらいはあると思うので、有馬記念でGⅠ連勝も難しくないのでは。

馬自身の調子のほうも良好で、一時香港遠征のプランもあったが、そこから2週延ばして有馬記念出走となり、更にゆっくりできたのは大きい。1週前の追い切りもラストの伸びは素晴らしいものがあった。以前は追い切りで動かないことが多かったが、ダービー前から動くようになり、この秋は更に迫力を増している。このあたりにも成長が窺える」(元競馬専門紙TM)。

この発言を後押しするように、サトノダイヤモンド有利説を唱える関係者がもう一人いたのだが、こちらは『池江厩舎だから』という意見のようだ。いったいどういうことなのか。

「池江厩舎は有馬記念に無茶苦茶強いというか、とにかく勝負の意識が強いような気がします。ここ7年で3勝(オルフェーブル2回、ドリームジャーニー)も凄いですし、2011年から2014年は4年連続で連対しています。しかも2011年はオルフェーヴルで優勝し、9番人気のトゥザグローリーが3着。2012年は10番人気のオーシャンブルーで2着、2013年はオルフェーヴルで優勝、2014年は9番人気のトゥザワールドで2着しています。エースのオルフェーヴルだけじゃなく、穴馬で3度も馬券に絡んでいるのが注目です。

もともと2011年に3頭出し、2013年には5頭出ししているように、有馬記念には思い入れが強いように感じます。昨年は3頭出しで、一頭も掲示板に載らず悔しい思いをしていることでしょうから、今年は大エースのサトノダイヤモンドを投入して必勝態勢です。

ただサトノノブレス、ミッキークイーンも、池江厩舎の有馬記念への勝負態勢を考えると無視できません」(競馬専門誌ライター)

当初はキタサンブラックとサトノダイヤモンドのどちらが有力なのかを探っていたが、サトノダイヤモンドから話が広がり、池江厩舎自体が有馬記念で勝負の色が濃いことが分かって来た。

こうなったら、2強の選択は池江厩舎のサトノダイヤモンド。そして同厩のサトノノブレス、ミッキークイーンも、過去の穴馬券(トゥザグローリー、オーシャンブルー、トゥザワールド)の傾向から注意せねばならなくなってきた。さすがに、この2頭が頭を取るようなイメージはないが、3連単の2、3着あたりには入れておきたい。

(栗東在住ライター:鷲崎)