競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. 【セントウルS】GⅠ馬中心も、不気味な北九州記念組!
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

9月の中山・阪神を3分解析

サムネ画像早いもので9月を迎え、いよいよ秋競馬が到来。秋シーズンの始まりを告げる中山・阪神...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 台風一過の13日、「頑鉄」に向かいつつ、思わず百人一首の一句が頭に浮...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 前回のコラムで取り上げた横山典騎手。先々週の京成杯AHのトロワゼトワルの...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

競馬ウィキリークス

2019年09月01日(日)更新

【セントウルS】GⅠ馬中心も、不気味な北九州記念組!

この秋は、短距離路線が大きく変わることになる。桜花賞馬グランアレグリア、昨秋のマイルCS勝ち馬ステイルヴィオと、マイルで頂点を極めた馬が、今度は短距離の頂点を掴もうとスプリンターズSに出走を表明している。これに対し、既成勢力はどう対抗するのか。


そんな既成勢力のトップは、高松宮記念を制し、春のスプリントチャンピオンに輝いたミスターメロディである。それまでは、ダートで一度1200m戦を走っているが、芝では1400~1600戦ばかり。初めての芝1200m戦がGⅠの高松宮記念だったが、難無く好位置につけるスピードを見せると、直線では2年前の覇者セイウンコウセイを抑え、初のGⅠ戴冠となった。


セントウルSは、高松宮記念以来のレース。仕上がりはどうなのか。


「目標は次のスプリンターズSだから、さすがに万全の仕上げで来ることはないだろう。それでも調教ではしっかり負荷をかけられ、ラストにいい時計が出ていた。息遣いもいいし、久々でも走れる状態にある。GⅠ馬として、恥ずかしくない競馬はできるだろう」(関西記者)


近走5戦の着順を見ると安定感が無さそうで、叩き台の今回は危ない気がしないでもない。しかしGⅠ馬ともなれば、いくら叩き台でも相応の仕上げをしてくると思われ、人気でとんだオーロCや阪急杯のようなことは無さそうだ。


他の有力馬は、北九州記念から臨戦の馬が目立つ。


「北九州記念を勝ったダイメイプリンセスは、スプリンターズSまで直行かと思ったら、同厩ラブカンプーとともに使うようだ。勝った後だから上積みは薄いが、昨年も夏に3戦使いながらスプリンターズSで4着に入ったように、かなりタフな馬。GⅠで上位に来たくらいだから、GⅡでも当然通用するし、復調した今は再度マークが必要だな。
その北九州記念で3着だったアンヴァルは悔しいレースだった。直線で前が壁になるシーンがあり、スムーズなら際どかったはず。昨秋のオパールS勝ち後は安定しており、ここも大崩れは無さそうだ。
14着大敗のファンタジストは、スタートが悪かったうえ、久々の1200mで戸惑ったのか最後方からの競馬でレースにならなかった。この一戦でペースに慣れれば、元は1200mの重賞勝ち馬なのだから巻き返しは可能なはず。
他路線組では、イベリスを挙げておきたい。マイルのアーリントンCは逃げ切ったが、NHKマイルCは大敗しており、距離は短いほうがいい。1200mは2戦2勝だし、先へ行けるスピードもある。3歳牝馬は斤量に恵まれ、前年もラブカンプーが2着に来ているから注意したい」(関西記者)


格的にはミスターメロディだが、怖いのは北九州記念組のようだ。過去10年の勝ち馬のうち5頭が北九州記念組からの臨戦、昨年も勝ち馬こそ別路線だが、2、3着馬は北九州記念からの馬である。
「北九州記念→セントウルS→スプリンターズSと使ったら、さすがにスプリンターズSの頃はピークが過ぎてしまう。つまり北九州記念からセントウルSのローテーションの馬は、GⅠのスプリンターズSよりも、セントウルSこそ勝負の可能性がある。だから過去の成績を見ると、北九州記念組がいいのだと思います。今年も北九州記念組をメインに考えたほうがいいかもしれません」(競馬専門誌記者)


過去、セントウルSで上位に来た前走北九州記念組の成績を見ると、負けた馬が活躍している。この傾向からアンヴァル、ファンタジストの2頭は特にマークしておきたい。

(栗東在住ライター:鷲崎)

栗東在住ライター:鷲崎

WASHIZAKI

熟練競馬ライター達がとある事情で新聞・テレビなど一般メディアでは取り上げられない業界の「アウトな裏話」を会員様限定でこっそりと公開!

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line
閉じる 競馬JAPAN