競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. 【小倉記念】偉大なる母に届け!
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

秋の東京・京都攻略ガイド

サムネ画像秋の東京・京都は、秋華賞、菊花賞のクラシック最終戦に始まり、古馬の頂上決戦である...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 9月中旬に急な冷えで感じた〽秋風ぞ吹く―と違って季節相応の爽やかな秋...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先々週、年間の勝利数を30勝の大台に乗せた藤田菜七子騎手。先週から開幕し...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

競馬ウィキリークス

2019年07月28日(日)更新

【小倉記念】偉大なる母に届け!

昨年は1番人気のトリオンフが快勝したが、それ以前は1番人気が長らく連敗していた波乱の小倉記念。今年もハンデ戦らしく一波乱あるのか。まずは有力馬の情報を栗東の記者にいただくが、気になるのは重賞連勝中のメールドグラースだ。


「新潟大賞典はハンデ差を生かして勝った感もあったが、鳴尾記念は別定戦での勝利だから完全な実力勝ち。状態は良好だし、小倉は2戦2勝と適性も文句なし。問題はハンデということになるだろうね。少々重くても、今の勢いなら好勝負だと思うけど」


小倉の適性を考えても、ここは狙い撃った一戦。仕上げ自体は心配なさそうなので、問題ハンデだけか。


ただ相手も池江勢を中心に多彩だ。


「実績ではストロングタイタン。昨年の鳴尾記念勝ち馬で、今年も中日新聞杯3着の結果もある。ただ、この2戦以外は全て二桁着順と安定感がなく、軸にはしにくい。調子のほうは、夏になるとよくなる馬なので、前走以上にはある。
同厩のアイスバブルは2連勝して、初重賞挑戦の目黒記念もレコード決着の2着と本当に充実している。勢いから、池江勢はアイスバブルのほうがお奨めかな。
他厩舎では、アイスストーム。現在2連勝中で、とにかく末脚が切れる。でも前走は超ハイペースの恩恵もあったけどね。小倉の短い直線だと、もしかしたら届かないということもあるかも。
クリノヤマトノオーは乗り難しいタイプで、早めに進出すると脚を無くすタイプ。とはいえ脚を溜めすぎると届かないから、展開の助けが必要だろう。
カデナは、弥生賞など重賞2勝している馬だが、この成績も忘れられているかも。2戦連続3着とようやく復調してきた。ただ極端に速い時計だと厳しいので、開幕2週目の馬場がどうかな」(関西記者)


力はあるものの、走れる条件が整わないと脚を余しそうな差し馬が多く、ちょっと不安な面々だ。これなら先行馬のほうに妙味を感じるのだが。


「先行馬なら、2月の小倉大賞典で3着だったタニノフランケルは面白いかも。小倉2戦2連対とコース適性はあるし、近走の着順からそろそろ人気が落ちそうで、ならばマークも軽くなる。逃げてこその馬なので、単騎で行ければ中山金杯3着の実績もある。今回はそれほど飛ばす馬がいないようなので、ようやく出番がまわったきたかな」


1週前の出走予定馬を見てみると、1番人気候補のメールドグラースを含め全体的に差し馬ばかり。ここは一発タニノフランケルの逃げ粘りに期待し、今春天へ召された名牝ウオッカ(タニノフランケルの母)に、初めての重賞勝ちを届けたい。

(栗東在住ライター:鷲崎)

栗東在住ライター:鷲崎

WASHIZAKI

熟練競馬ライター達がとある事情で新聞・テレビなど一般メディアでは取り上げられない業界の「アウトな裏話」を会員様限定でこっそりと公開!

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line
閉じる 競馬JAPAN