競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. 【ユニコーンS】クリソベリル不在で激戦!
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

9月の中山・阪神を3分解析

サムネ画像早いもので9月を迎え、いよいよ秋競馬が到来。秋シーズンの始まりを告げる中山・阪神...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 今でこそ国道15号線につながる陸橋など新しい道ができたけど、以前の「...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週の北九州記念を勝ったのは秋山騎手が騎乗したダイメイプリンセスでした。...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

競馬ウィキリークス

2019年06月09日(日)更新

【ユニコーンS】クリソベリル不在で激戦!

今年の3歳ダート戦線は粒揃いと評判だが、中でも評価が高いのはクリソベリルだ。新馬、500万はともに7馬身差の大楽勝。メンバー強化の兵庫チャンピオンも、ヴァイトブリックに5馬身差をつけ難無く楽勝と、全く底を見せていない。そのクリソベリルはユニコーンSを使わず、現状はジャパンダートダービーに出走予定である。


となるとユニコーンSは、クリソベリルへの挑戦権をかけた戦いとも言えるのだが。


「ユンコーンSは、マイル戦ですからね。例年なら、ここからジャパンダートダービーを狙う馬もいますが、そこにはクリソベリルがいる。ユニコーンSの予定メンバーを見ると、マイル前後が適性の馬が多く、先(ジャパンダートダービー)より、ここ勝負の馬が例年以上に多いのではないでしょうか。特にクリソベリルと所属クラブが同じヴァイトブリックとノーヴァレンダは大勝負じゃないですか」(競馬専門誌記者)


そのヴァイトブリックが所属する関東馬から見ていきたい。


ヴァイトブリックは、兵庫チャンピオンでクリソベリルから離されての5着。相手が悪かったとしかいいようがないですね。デビュー戦から2連勝し、好メンバーの集まるヒヤシンスSでも少差の2着ですから、力はあります。クリソベリル不在なら好勝負できると思います。
前走でデュープロセスに敗れ、デビューからの連勝が3でストップしたデアフルーグですが、クビ差まで追い詰め脚は目立っていました。それまでは中山のダート1800mを3戦し、流れが変わる東京のマイルで結果を出したのですから、高く評価できます。東京マイルも2度目で更に前進です。
この2頭が有力なんですが、ただ今年は関西勢が強いですね」


その関西勢は、確かに有力馬が目白押しだ。


「実績で上なのはノーヴァレンダ。昨年暮れの交流重賞・全日本2歳優駿を勝っているからね。前走は5着と初めて崩れたが、砂を被って前に進んでいかなかったというから、決して能力負けではない。本来は前で競馬ができるから、砂を被らないようにレースを運ぶことは可能。そのあたりはジョッキーも考えて乗るから、巻き返しはあると思うよ。
ただ勢いのある馬が多いから、実績上位のノーヴァレンダも楽ではない。まずは4連勝中のデュープロセス。前走は初めてのマイルでも、先行してしぶとさを発揮した。2戦前は追い込んで勝ったように脚質に幅があり、展開に注文がつかないのは大きい。
ヴァニラアイスは、端午Sで勝利。初めてのマイル戦となるが、レース上手で折り合いもつくので大丈夫だろう。1週前の坂路で一番時計を出したように、目下絶好調だ。
500万勝ち上がり組もいいのがいるよ。ダンツキャツスルはダートで変身し、前走は2着に5馬身差の楽勝で、時計も速かった。鞍上の幸騎手も強気のようだし、昇級戦でも楽しみだ。
サトノギャロスは2戦目で大変身し、ダ1200mで1分11秒台と驚異的な時計で圧勝。前走は手応えが悪く道中怪しい雰囲気だったが、終わってみれば5馬身差の楽勝だった。1200mからいきなり2F延長でのメンバー強化は不安だが、鞍上の川島騎手は『大丈夫』と言っているというから、そこに期待したい」(関西記者)


これだけでも関西勢は強力だが、まだまだ有力馬はいる。


「面白いのは、芝からの転戦組。特にワイドファラオは、ニュージーランドTを勝ったほどの馬だから、ダートをこなせればアッサリということもあり得る。東京ダートのマイルは芝スタートなので、芝馬にはドバンテージがあるし、先行脚質の同馬なら前へ行って砂を被らずレースを進めることもできる。
ロードグラディオも初ダート。NHKマイルCはシンガリだったが、スタートが悪かったうえに、前が詰まって競馬にならず、力を出し切っていない。その前のアーリントンCは7着も、勝ち馬から差はないから、この馬も能力はバカにできないよ。母はダートの交流重賞を勝ったシンメイフジなので、血統的にはダートはこなせる。もともとスタートは悪くなく、先行する脚もあるので、この馬も芝スタートを生かしたいところだ」


どうやら芝から転戦の2頭も無視できないようだ。


クリソベリルのような大物がいなくてもメンバーは粒揃い。馬券攻略も頭を悩ませることになりそうだが、ヒントは冒頭にも書いたように、クリソベリル不在で大勝負をかける理由のある馬。そこで、クリソベリルと同じキャロットF所属のヴァイトブリック、ノーヴァレンダの2頭をお薦めしたい。

(栗東在住ライター:鷲崎)

栗東在住ライター:鷲崎

WASHIZAKI

熟練競馬ライター達がとある事情で新聞・テレビなど一般メディアでは取り上げられない業界の「アウトな裏話」を会員様限定でこっそりと公開!

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line
閉じる 競馬JAPAN