競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. 【安田記念】注目度はダービー以上!
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

9月の中山・阪神を3分解析

サムネ画像早いもので9月を迎え、いよいよ秋競馬が到来。秋シーズンの始まりを告げる中山・阪神...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 台風一過の13日、「頑鉄」に向かいつつ、思わず百人一首の一句が頭に浮...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 前回のコラムで取り上げた横山典騎手。先々週の京成杯AHのトロワゼトワルの...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

競馬ウィキリークス

2019年05月26日(日)更新

【安田記念】注目度はダービー以上!

例年ダービーが終わると、競馬シーズンが終わったような何となく寂しい雰囲気が漂うのだが、今年は全く違う。


安田記念で、アーモンドアイダノンプレミアムの初対決が実現するからだ。


お互い同世代だが、先に評価を上げたのはダノンプレミアム。2歳時に新馬、サウジアラビアロイヤルC、朝日杯FSと段違いの強さで3連勝し、クラシック候補の筆頭に位置していた。

この頃アーモンドアイは、まだ未勝利戦を勝っただけ。牝馬ではラッキーライラックが無敗の3連勝で阪神JFを制し、牝馬戦線の頂点に経っていた。
しかし年が明け3歳になると、アーモンドアイの大攻勢が始まる。シンザン記念を勝つと、桜花賞は一気の追い込みでラッキーライラックを圧倒し、オークスも楽勝。ダノンプレミアムのほうは、弥生賞を勝ったものの、挫石で皐月賞を回避すると、ダービーは6着と初めて崩れた。


秋になってアーモンドアイの勢いは更に増し、秋華賞で怒涛の追い込みを決めると、ジャパンCはスーパータイムで勝利。ダノンプレミアムは復帰を目指すも、蹄の不安で休養と、2頭には大きな差ができてしまった。

しかし今年に入って、ダノンプレミアムは復権。休養明けの金鯱賞を勝って健在ぶりをアピールすると、続くマイラーズCも完勝。そして安田記念の歩を進めてきた。

アーモンドアイも順調に今年を迎え、ドバイターフは完勝と海外でも強さを発揮。凱旋門賞制覇の夢も広がったが、適性と馬の体質を考え、安田記念に出走を決めた。


2頭ともに高いレベルで安定し、安田記念で初対決。ただ、お互いが好調に無ければ名勝負も生まれない。果たして仕上がりはどうなのだろう。心配なのは、ドバイ帰りのアーモンドアイのほうだ。


「一戦一戦全力投球型の馬なので、ドバイの反動が心配でしたが、追い切りを見る限り疲れは無さそうですね。2週前にウッド6F81秒台の時計を楽に出し、1週前も持ったままで好時計と、いつものアーモンドアイです。高速馬場はジャパンCで適性の高さを見せており、今の東京の馬場も合うと思います。ダノンプレミアムは強敵ですが、一点マークでレースを進めるでしょうから、最後は捕まえられるでしょう」(競馬専門誌記者)


ダノンプレミアムは休養後は国内2戦なので、体調は維持しやすいだろう。


「マイラーズCはいかにも前哨戦仕様で走ったから、前走の疲れは全くない。1週前の追い切りでは、最後に少し気合を入れると、ものすごい伸び。サートゥナーリアの終いの伸びも凄いけど、この馬も格別だね。間違いなく前走以上のデキで出られるはずだ。春は中距離のGⅠが2つ(大阪杯、宝塚記念)あるのに、たった一つのマイルGⅠを目標にしたのは、この馬のベストがマイルだから。アーモンドアイは桜花賞でマイルGⅠを勝ったけど、決してマイルがベストではない。ジャパンCは2400mだから好位につけられたけど、安田記念はペースも違うから、簡単に好位につけるのは難しい。桜花賞や秋華賞のように後方なら、ダノンプレミアムは捕まえられないよ」(関西記者)と、こちらはダノンプレミアム優勢と見ている。


どちらが優勢かの判断は難しいが、関係者間では「アーモンドアイとダノンプレミアム2頭の一騎打ち」の見方が多く、この一戦こそが現役最強馬決定戦と見る人もまた多いようだ。


ダービーが終わって一休みというファンもいるかもしれないが、歴史に残る名勝負になる可能性もある今年の安田記念。遠方の人は難しいだろうが、東京近辺のファンの方には、ぜひ競馬場でライヴ観戦をお奨めする。

(栗東在住ライター:鷲崎)

栗東在住ライター:鷲崎

WASHIZAKI

熟練競馬ライター達がとある事情で新聞・テレビなど一般メディアでは取り上げられない業界の「アウトな裏話」を会員様限定でこっそりと公開!

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line
閉じる 競馬JAPAN