競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. 【ダービー】1強なのか?3強なのか??
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

【夏競馬】儲ける回収率向上作戦

サムネ画像今年もやってきました!ツウなら絶対に見逃せない夏競馬!今年は、降級制度の廃止もあ...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋  4月の飲み会ではお嬢達が来る前に馬券検討。「皐月賞」に続き「天皇賞」を...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週の日曜東京8Rで田辺騎手が騎乗していないことが気になりました。 ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

競馬ウィキリークス

2019年05月19日(日)更新

【ダービー】1強なのか?3強なのか??

いよいよ競馬の祭典日本ダービーを迎える。


今年の3歳牡馬戦線は、サートゥルナーリアの1強状態でクラシック第1弾皐月賞を迎えたが、ゴール前ではヴェロックス、ダノンキングリーを含めた3頭の叩き合いになり、僅かにサートゥルナーリアが先着し、人気に応えた。
この結果に、「ブッツケで勝ったのだから、着差以上に強い。やはり今年のクラシック戦線はサートゥルナーリア1強」と見る人もいれば、「思っていたほどサートゥルナーリアは抜けていない。皐月賞上位による3強が今年の3歳牡馬戦線の形」と見る人もいる。果たしてどちらが正しいのか。それとも、他馬も加わり、実は3強すら間違っているのか。まずは皐月賞以上い3頭の近況を見ていきたい。


「まずサートゥルナーリアだけど、以前はレース後に球節に疲れが出たりと不安もあったが、皐月賞の後はそんなこともなく、脚元の不安はないようだね。初めてきつい競馬をしたので、さすがにこれまでより疲れもあったようだけど、2週前には速めの時計を出しており、問題はないだろう。1週前調教では、終い重点に引っ張ったまま上り11秒台半ばの時計を出してしまうんだから、相変わらず脚力は凄い。追い切りは満点と言っていいだろう。陣営に近い関係者からも、『スムーズな競馬ならなら勝てる』と、もはや敵はアクシデントのみといった感じだよ。
ヴェロックスのほうは、1週前のCW調教でド級の時計を出し、ダービーへ向け大デモンストレーション。ここ2戦馬体が減り、更に皐月賞で激走したから反動が心配だったけど、これだけやれるのだから大丈夫みたいだね。あとはイレ込む馬なので、この後に馬体が減ったりしなければいいけど。
2頭とも1週前段階では問題ないけど、前走がまだ7、8分だったサートゥルナーリアのほうが上積みは大きいのは確か。東京の2400mという舞台も、サートゥルナーリアに分がありそう」(関西記者)


有力関西2頭の比較では、話を聞く限りではサートゥルナーリア1強のイメージは強い。


3強の一角、ダノンキングリーの状態はどうなのか。


「皐月賞後は放牧に出し、速いところは1週前から。ウッドコースで6F80秒を切る時計を出し、仕上がりは上々です。皐月賞以上とまではいいませんが、前走のデキはしっかりキープしています。その皐月賞は内枠が影響し、直線は上位2頭より進出が遅れ、脚を余した感もありました。共同通信杯では、NHKマイルCを快勝したアドマイヤマーズを瞬時に交わした脚の持ち主で、中山より東京のほうが合う馬。スタミナ勝負になるときついですが、ダービーは瞬発力勝負になることが多いですからね。今年の東京は時計も速く、この馬向き。総合力の勝負ではサートゥルナーリアに分が悪いですが、瞬発力勝負になれば負けません」(競馬専門誌記者)


条件つきだが、スローの瞬発力勝負になれば、ダノンキングリーにもチャンスが出てきそうだ。


この3頭以外で、勝負になりそうな馬はいるのか?


「皐月賞の5着以下は着差も離れており、クラージュゲリエをはじめ既に勝負づけが済んだ感じ。ならば別路線組なんだけど、京都新聞杯はメンバー、レース内容ともに平凡。敢えて挙げるなら、青葉賞勝ちのリオンリオンかな。調教は地味だが、これはいつものことなので心配なし。使う毎に成長し、血統的にも魅力がある。ただ、ここ2戦の逃げ切りはともに穴人気だったので、展開が恵まれた面もある。もちろん今回も人気薄なのでノーマークだろうが、ヴェロックスが早めに進出してくるだろうから、ここ2戦のようにはならないだろうな。それに横山典騎手が騎乗停止も痛い。結局、人気馬で堅そうだ」(関西記者)


「3強の壁を破るのは難しいですが、競馬は必ずしも能力勝負になりませんからね。サートゥナーリアは堅そうですが、左回りや距離に若干不安があるヴェロックスが皐月賞ほどに走れなければ、他馬が3着に食い込む余地はあると思います。そこで関東ではシュヴァルツリーゼが推しです。キャリア一戦で、弥生賞2着に食い込んだように、素質は高いです。もともと新馬を高速ラップで勝った時は、大物の評価もあった馬。その後は体質や気性に問題があって間隔を開け、弥生賞も中間に熱発があってのレースですからね。皐月賞は馬群を衝こうとしたら、馬がイヤイヤをして反応しないまま終了。つまり競馬をしていないですから、12着はノーカウントでいいです。デビュー戦の内容から東京向きですし、上り勝負になればチャンスはあると思います」(専門誌記者)


関西情報からは、皐月賞上位2頭で堅いという話だったが、関東からは穴馬シュヴァルツリーゼが挙がった。


ただ、どちらの情報からも、サートゥナーリアの不安説は挙がらず、やはり「サートゥナーリア1強」の雰囲気が強い。


あとは当日の馬場や馬の状態のチェック。例年のダービー同様、内が良ければヴェロックスや、ここ2戦がイン差しのダノンキングリーの上位は堅そうだ。しかし雨が降ったりして外差しが決まる馬場になれば、シュヴァルツリーゼの一発に賭けることをお薦めしたい。
いずれにしても、サートゥルナーリアだけは、どんな状況になっても問題は無さそうなので、今年のダービーは3強というよりは、1強と考えていいようだ。

(栗東在住ライター:鷲崎)

栗東在住ライター:鷲崎

WASHIZAKI

熟練競馬ライター達がとある事情で新聞・テレビなど一般メディアでは取り上げられない業界の「アウトな裏話」を会員様限定でこっそりと公開!

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line
閉じる 競馬JAPAN