競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. 【NHKマイルC】穴馬の台頭は無い?
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

3分で分かる!儲けPOINT3段活用

サムネ画像早いもので夏競馬も折り返し地点を迎えます。開催は函館→札幌、福島→新潟、中京→小...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋  4月の飲み会ではお嬢達が来る前に馬券検討。「皐月賞」に続き「天皇賞」を...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 前回のコラムで取り上げた木幡初騎手は、先週の函館8レースもトウショウデュ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

競馬ウィキリークス

2019年04月29日(月)更新

【NHKマイルC】穴馬の台頭は無い?

今年のNHKマイルCは、例年以上に注目度を増している。


令和最初のGⅠレースということもあるが、それ以上に注目は桜花賞を制したグランアレグリアの出走である。
過去の桜花賞馬は、故障でもない限りほとんどがオークスへ歩を進めている。しかし、グランアレグリアの適性がマイルに偏っていると考えたのか、それとも同厩同生産者の有力馬コントラチェックとの使い分けなのか。どちらの理由も含まれるのだと思うが、とにかく桜花賞馬のNHKマイルC出走は、15年前のラインクラフト以来。そのラインクラフトはNHKマイルCを勝っており、桜花賞をレコードで勝ったグランアレグリアが注目されるのは当然だ。


しかし、そう簡単に行きそうにないのが今年のNHKマイルC。出走馬の質が例年以上に揃っているからだ。


「今年は結構揃いましたね。昨年の最優秀2歳牡馬のアドマイヤマーズ、きさらぎ賞勝ち馬ダノンチェイサーなど、重賞勝ち馬が10頭もいます。特にグランアレグリアにとって、アドマイヤマーズは怖いライバルでしょう。実際に朝日杯FSで戦い敗れていますからね。その朝日杯では、アドマイヤマーズが並びかけようとしたら、グランアレグリアが怯んだように一瞬ヨレたところがありました。これが響いたか、最後はクリノガウディーにも差され3着になってしまいました」(競馬専門誌記者)


そのアドマイヤマーズも、朝日杯までは無敗の連勝だったが、共同通信杯2着で初黒星。続く皐月賞も4着に敗れて、一時の勢いを失った感がある。やはり早熟馬なのか。


「決して早熟じゃないよ。共同通信杯は仕上げが8分で、苦手な瞬発力勝負もあり2着。皐月賞は早めにロングスパートをかけるはずだったが、デムーロの仕掛けが遅く不本意な形で4着と、負けた2戦は自分の競馬をしていない。皐月賞は力を差し切れていないから、馬は元気いっぱい。中2週だというのに、1週前に坂路で好時計を出せたことが、その証明だ。マイルへの距離短縮もいいし、今度という今度は、ベストの競馬をしてくれるだろう」(関西記者)


グランアレグリアにとって、アドマイヤマーズは今度も怖い相手になることは間違いないようだ。


「いやいやアドマイヤマーズだけじゃないよ。ダノンチェイサーも、きさらぎ賞を楽勝しており、強敵になる。デビュー前からクラシックを目標にしてきた期待の評判馬で、本来なら皐月賞へ行くはず。それが早くにNHKマイルCを目標に掲げて皐月賞をスルーしたのだから、ここへの意欲は高い。仕上がりも1、2週前調教では終いにいい脚を見せ文句なし。鞍上の川田騎手も、ダービーではヴェロックスに騎乗するから、ここは思い切って勝ちに行くだろう。次のダービーが目標という人もいるが、引っかかる気性から、勝ちに行くならコッチだよ。
他にも面白い馬はたくさんいるんだよなあ。クリノガウディーは、朝日杯でグランアレグリアを交わして2着。その後の2戦は、スプリングSは急仕上げ、皐月賞は距離が長く、負けた結果は全く気にする必要ない。この馬もかかるし、最大目標はマイルのここ。
時計から、例年以上にハイレベルだったファルコンS組では、2着のグルーヴィット。エアグルーヴ一族とはいえ、初芝であそこまで走るとは思わなかった。2戦目の芝で更に前進を見込めるし、血統はGⅠに強い一族だからな。
最近かかるようになって崩れていたカテドラルも、マイルなら折り合えてアーリントンCのような脚を使えることが分かった。新馬でダノンチェイサーを、野路菊Sでヴェロックスを完封したことを忘れてはならない」(関西記者)


ワイドファラオ、イベリスの両トライアルレース勝ち馬の名が出てこないのだから、関西は役者が多いということだ。


それに比べ関東馬はグランアレグリアがいるものの、他に出走が確定(あとは抽選待ち)している馬はヴィッテルスバッハのみと寂しい。


ヴィッテイルズバッハはいいと思いますよ。2走前の東京は、32秒台の高速上りをマークし、外から差し切り。上り2F10秒8-11秒1のレースで差し切りですから強い内容です。前走は中山なので厳しいと思いましたが、ここでも最速上りで追い込み3着。上位2頭が前有利の展開で先行した2頭ですから、勝ちに等しい内容でした。東京に変わるのは大きなプラスです」(競馬専門誌記者)


ヴィッテルスバッハも魅力を感じるが、この記者はこうも話してくれた。


「トライアルの勝ち馬2頭は前走逃げて勝っていますし、グランアレグリアも先行馬、そしてアドマイヤマーズは早めスパートが予想されます。更にダノンチェイサーもかかり気味に走る馬で、有力2頭をマークすることから、この馬も早め進出でしょう。そうなると当然タイトな流れになって、レースレベルはかなり上がります。これでは穴馬の台頭は厳しいかもしれません。ヴィッテルスバッハも展開が向く気はしますが、あまりレベルが高すぎると頭までは厳しいかも。他の穴馬も同じようなことが言えると思います」(競馬専門誌記者)


例年は穴馬が飛び込んでくることも多いNHKマイルC。しかしメンバーが揃い、ハイレベルなレースが予想される今年は、まずは人気上位馬から軸を選んだほうが良いようである。

(栗東在住ライター:鷲崎)

栗東在住ライター:鷲崎

WASHIZAKI

熟練競馬ライター達がとある事情で新聞・テレビなど一般メディアでは取り上げられない業界の「アウトな裏話」を会員様限定でこっそりと公開!

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line
閉じる 競馬JAPAN