close

競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. 【マイラーズC】マイル路線に久々の主役誕生
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

【必見】春の東京・京都を徹底解説

サムネ画像桜花賞、皐月賞とクラシック第一弾が終われば、次なる舞台は東京・京都!幅員が広く、...
続きを読む

【必見】GIウィーク攻略法

サムネ画像上位拮抗の桜花賞1強ムードの皐月賞いよいよ今年もクラシックシーズン突入。桜花賞、...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 桜花賞のグランアレグリアに続き、先週の皐月賞もルメール騎手が騎乗したサー...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

競馬ウィキリークス

2019年04月14日(日)更新

【マイラーズC】マイル路線に久々の主役誕生

モーリス引退後、マイル路線は主役不在の状態だったが、この馬の参戦で待望の主役誕生。そんな期待を担うのが、ダノンプレミアムだ。


デビューから4連勝は、どれも2着以下に大きな力差を見せつける楽勝の連続。弥生賞を勝った時には2冠も間違いないという声すらあったが、挫石で皐月賞を回避し、ダービーも1番人気で6着。その後も蹄の不安で復帰まで時間がかかり、ターフに戻ってきたのは約9か月ぶりとなった金鯱賞。
「以前の動きにない」、「体も走りも小さくなったように見える」などなど不安視する見方もあったが、いざレースへ行くと不安を一掃。強かった頃を思い出すように楽々勝利を決め、復活を印象づけた。


さあ、この後の路線をどうするのか。注目の選択は、マイラーズCから安田記念と、マイル路線を歩むことが陣営から発表された。


「中距離でも実績を残しているが、折り合いに不安があることから、堅実にマイル路線を狙ったのだろう。中距離よりマイル路線のほうが相手も楽だし、この馬にとっていろいろな面でプラスは大きい。はっきり言って、この馬の力なら中距離でもナンバー1になれると思うけど、マイル路線なら更に堅いな。マイル戦線に有力馬を持っている陣営は、ダノンプレミアムがこちらに矛先を向けガッカリしてるだろうな。
マイラーズCの話になるが、状態のほうは長期休養明けを勝ったが反動は無く、むしろ上向いている。ちょっと負けようが無いんじゃないの」(関西記者)


マイラーズCの馬券の興味は2着争いになりそうだが、他の有力馬の動向はどうなのか。


「ダノンプレミアムの同僚になるパクスアメリカーナも、現在2連勝の調子は維持している。1週前の追い切りも、終いにいい伸びを見せ、京都金杯以来でも仕上がりはいい。中内田厩舎のワンツーも十分に考えられる。
それを阻止するのはインディチャンプかな。ここへ来ての成長ぶりは、3連勝にも表れている。追い切りもいいし、早くからマイラーズC狙いだったから、仕上げに抜かりはない。ダノンプレミアムが出走表明する前は、この馬が連勝を伸ばすという見方も多かったからね。ダノンプレミアムに一矢報いたいところだ。
GⅠウイナーのモズアスコットも、目標の安田記念前に復調をアピールしたい。マイルCS、香港マイルといいところを見せられなかったからね。1週前の追い切りも、馬場が悪い中で好タイムを出しており仕上がりは上々。ただ58キロはちょっと不利かな。
最近3戦2勝で調子を上げているグァンチャーレは、さすがにこの相手だと厳しい。雨でも降って、時計がかかればチャンスも出てくるが」(関西記者)


情報からは、インディチャンプが優勢のようだが、ダノンプレミアム→インディチャンプでは、馬券もガチガチになってしまう。


どうやらマイラーズCは、穴馬券を狙うより、ダノンプレミアムの強さを堪能するレースとなりそうだ。

(栗東在住ライター:鷲崎)

栗東在住ライター:鷲崎

WASHIZAKI

熟練競馬ライター達がとある事情で新聞・テレビなど一般メディアでは取り上げられない業界の「アウトな裏話」を会員様限定でこっそりと公開!

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line
閉じる 競馬JAPAN