競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. 【皐月賞】末は3冠か凱旋門賞か?
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

【夏競馬】儲ける回収率向上作戦

サムネ画像今年もやってきました!ツウなら絶対に見逃せない夏競馬!今年は、降級制度の廃止もあ...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋  4月の飲み会ではお嬢達が来る前に馬券検討。「皐月賞」に続き「天皇賞」を...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 前回は52キロ以下で騎乗するトップジョッキーを取り上げましたが、先週の日...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

競馬ウィキリークス

2019年04月07日(日)更新

【皐月賞】末は3冠か凱旋門賞か?

前哨戦となる弥生賞、スプリングSが荒れたため、今年の皐月賞は波乱の匂いもあるが、そんなムードを許さないのがサートゥルナーリアの存在だ。


「トライアルが荒れた最大の理由は、どちらのレースにもサートゥルナーリアが出走しなかったから。この馬がいれば、少なくとも頭は堅かっただろう」(関西記者)


ホープフルSを勝った後は、皐月賞へブッツケ。そもそも、どうしてトライアルを使わなかったのか。


「そこは有力馬の多いノーザンFだから、他の馬にもチャンスを与えたかった。いわゆる使い分けもあったのだろう。サートゥルナーリア自身は、どこにも不安はなかったからね。この馬に関しては、デビュー前からノーザンFの評価が突出しており、皐月賞もブッツケは不利なんて感覚は無いのだろう。角居厩舎でも、『併せ馬の相手がいない』と嬉しい悩みがあるほどの馬。素質馬だらけの角居厩舎で、こんなことを言われる馬は聞いたことがない。それだけ凄い馬なんだろうな。
2週前調教でも、大阪杯で上位に来たエアウィンザーに併せるため、かなり引っ張っていたからね。調教でもレースでも、本気を出したことが無く、いつも馬なり。ここまでの3戦に対し、『時計が遅い』とか『相手が弱い』とかケチをつける人がいるけど、これは相手に合わせて競馬をしているため。今度はGⅠなので、少しは本気になると思うので、真のサートゥルナーリアが見られるんじゃないかな。でも、将来は3冠、更に凱旋門賞を勝てるだけのスケールを感じさせる馬だから、皐月賞を勝つことに全力を出すレベルでは困る。それだけの期待を持っているよ」(関西記者)


この話を聞くと、皐月賞はサートゥルナーリアの独壇場。そんな雰囲気にもなるが、別の関係者はこんな話もしてくれた。


「調教を見る限り終いの脚は凄いけど、全体時計を見るとそれほど派手な時計ではない。やはりダービー狙いで、皐月賞は9分程度の仕上げじゃないのか。他の馬が逆転を狙うなら、ダービーより皐月賞だよ」(栗東トレセン関係者)


そのライバルたちの近況を聞いてみたい。


「やはり最優秀2歳馬のアドマイヤマーズが対抗格だろう。サートゥルナーリアとの対戦前に共同通信杯で負けてしまったのは残念だが、仕上げに余裕があり、瞬発力で決まったレースも向かなかった。調教を見れば分かるが前走とは仕上げも違うし、中山なら終い勝負にならないから、この馬には向く。サートゥルナーリアを手放すことになったデムーロも、ここは意地を見せるだろう。
オープン特別2連勝のヴェロックスも、内回り2000mを連続して使ったことから、皐月賞狙いはミエミエ。ただ前走でマイナス8キロは嫌だね。変わり身という点では、他の有力馬より劣る。
上昇を感じるのはメイショウテンゲン。弥生賞は重馬場のおかげで勝ったという見方が多いけど、馬自身の成長力も見逃せない。調教も、以前より動くようになっているからね。エンジンがかかるまで時間がかかるタイプだが、いざスピードに乗れば長くいい脚を使える馬。三浦騎手には、早く動いてほしい。
他では3連勝のサトノルークスも体が大きくなった感があるけど、調教を見ると相変わらずズブい。GⅠではどうかな。クリノガウディーも気性的に距離延長が微妙で、NHKマイル狙いのイメージが強い。クラージュゲリエも1週前段階では、少し体に余裕がある。レースまで絞れれば」(栗東関係者)


やはりサートゥルナーリアの対抗格はアドマイヤマーズのようだが、メイショウテンゲンの成長力も見逃せない。


関東の有力馬の近況はどうなのか。


「無傷の3連勝ダノンキングリーを挙げる人が多いですね。共同通信杯はアドマイヤマーズに完勝ですし、上り32秒台の脚も凄いの一言。このレース内容から中山は向かないという見方もありますが、中山のひいらぎ賞も強かったですから、共同通信杯のイメージをあまり強く持たないほうがいいと思います。ただ2000mの距離は少し微妙ですが。
変わり身という点で期待したのはラストドラフト。軽い走りをするので重馬場は苦手という話がありましたが、その不安が的中し重馬場の弥生賞は7着。このように前走は敗因がありますから、良馬場になれば本番で巻き返しもあります。
でも、それ以上に変わり身を期待したいのはシュヴァルツリーゼですね。新馬一戦のキャリアで臨んだ弥生賞は、4コーナーで外に振られバランスを崩しながらも、態勢を立て直して2着に入線。スムーズな競馬なら勝ち馬と際どい勝負になったと思います。叩いた効果も大きく、良馬場なら末脚は更に強烈でしょう。次のダービーのほうがイメージは合いますが、能力から皐月賞でもやれるでしょう」競馬専門誌記者)


人気はダノンキングリーも、馬券的な妙味はシュヴァルツリーゼにありそうだ。


こうしてみると、サートゥルナーリア以外にも楽しみな馬が並ぶ今年の皐月賞。他のライバルたちが頑張り、いよいよサートゥルナーリアが本気を出すような競馬を見せてほしいものである。

(栗東在住ライター:鷲崎)

栗東在住ライター:鷲崎

WASHIZAKI

熟練競馬ライター達がとある事情で新聞・テレビなど一般メディアでは取り上げられない業界の「アウトな裏話」を会員様限定でこっそりと公開!

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line
閉じる 競馬JAPAN