close

競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. 【弥生賞&チューリップ賞】クラシック序曲はガチガチ決着?
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

【必見】GIウィーク攻略法

サムネ画像上位拮抗の桜花賞1強ムードの皐月賞いよいよ今年もクラシックシーズン突入。桜花賞、...
続きを読む

昨年も万券乱舞の春競馬が開幕!

サムネ画像そろそろ春競馬が近づいてまいりました。GⅠに向けた前哨戦、トライアルが目白押しで...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 前回取り上げた三浦騎手は、先週も3勝。依然として関東リーディングの座を守...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

競馬ウィキリークス

2019年02月24日(日)更新

【弥生賞&チューリップ賞】クラシック序曲はガチガチ決着?

クラシックの前哨戦で最も重要なレースは? その答えは牡馬なら弥生賞、牝馬ならチューリップ賞となろう。それは各々の過去の上位馬の名前を見れば分かる。そんな重要なレースが同じ週に行われるのだから、今度の週末は何とも贅沢なメニューである。


ただ今年は、同じ前哨戦でも温度差がある。
チューリップ賞のほうは、阪神JFを勝ち、昨年の最優秀2歳牝馬に輝いたダノンファンタジーが登場。しかし弥生賞のほうは、ホープフルSを楽勝した大器サートゥルナーリアが皐月賞へ直行となったため不在。最優秀2歳牡馬アドマイヤマーズも、同馬を共同通信杯で破ったダノンキングリーも同じく皐月賞へ直行となったため、クラシックの前哨戦としての価値は例年よりは落ちたイメージもある。それとも、ここから新たな大物が出現するのか。


「大物かどうかは分かりませんが、デビューから2戦2勝で底を見せていないラストドラフトは、大物の可能性は秘めています。新馬は高速上りで勝ち、前走の京成杯も勝ち方にも余裕がありましたからね。本番前の一叩きにも見えますが、1週前調教では負荷のかかるウッドで好時計。ポリトラック主体の戸田厩舎ですが、しっかりウッドで時計を出したことから、ここもしっかり勝ちに来たと見ます。
関東馬ではニシノデイジーも有力です。ホープフルSは3着も、先行有利のレースなのに仕掛けが遅れてもったいないレース。スムーズなら2着の可能性もありました。前走より相手は楽ですから、普通に上位候補。他馬はちょっと力差があるでしょう。関西馬の顔ぶれを見ると、弥生賞は関東馬優勢ですね」(競馬専門誌記者)


関西馬劣勢との話だが、実際はどうなのか。


「前走の敗戦で、ブレイキングドーン陣営はもう一つ気勢が上がっていない。それならカントルのほうがいいかな。ダービー馬ワグネリアンの全弟と血統的にも楽しみだし、前走も好位から抜け出して勝利し、中山コースにも適応できそう。デムーロが乗ってくるくらいだから、期待も大きいはずだ。ただ陣営近くからは、『本当に良くなるのは先』という話もあるけど…」(関西記者)


どうやら弥生賞は、関東の有力2頭が優勢の感触だ。


ではチューリップ賞のほうはどうか。


「関東馬では、断然シェーングランツです。アルテミスSを勝ち、阪神JFでも4着と実績は十分。厩舎にも早くに戻り、じっくり調整して、このレースを待っていました。それだけ藤沢厩舎も力が入っているのだと思います。ダノンファンタジーは強敵ですが、仕上がりの差で今回は逆転できるのでは」(競馬専門誌記者)


そのダノンファンタジーの仕上がり具合はどうなのか。


「もちろん本番(桜花賞)狙いだし、テンションが高くなりがちな馬だから、余裕を持った仕上げだろう。でも1週前の追い切りを見ると、もう100%に近いのでは、と思うほどラストの動きは文句ない。それでなくても中内田厩舎は仕上げ上手で、昨年のダノンプレミアムも、前哨戦の弥生賞を楽勝している。まあ本番には出られなかったけどね。とにかくダノンファンタジーも恥ずかしい競馬にならないよ。
他で推せるのはメイショウショウブかな。デイリー杯2歳Sでは、一瞬アドマイヤマーズを交わす見せ場をつくっての2着。阪神JFは6着だが、前崩れの展開で先に行った馬が揃って二桁着順になったのに、この馬は2番手追走で6着なら頑張った。チューリップ賞はスローペースが多いので、前走とは逆にチャンスじゃないかな」(関西記者)


他に穴候補を聞いたが、「エルフィンSから来る馬が多いけど、あのレースは勝ち馬(アクアミラビリス)以外のレベルがイマイチで強く推せる馬がいない。そもそも阪神マイルは力勝負になりやすいから、力差が目立つチューリップ賞は、穴が出にくい」とのこと。


阪神JFもダノンファンタジー対シェーングランツの人気2頭が圧倒的優勢なのか。


「弥生賞もチューリップ賞も、頭数が多ければ紛れて穴馬出現の可能性もあるのですが、有力馬を多く抱えるノーザンFの使い分けの影響か、2・3歳の中距離戦は頭数が揃いにくいのが現状。弥生賞もチューリップ賞も、1週前の状況だと多頭数になるとは思えません。これでは堅い決着になる可能性は高いでしょうね」(専門誌記者)


どうも馬券的妙味は薄そうな弥生賞&チューリップ賞。だが頭数が揃わなければ、ペースが速くなることも考えにくい。弥生賞は、人気のラストドラフトが前で競馬ができるので穴馬券を望みにくいが、チューリップ賞はダノンファンタジー、シェーングランツの2頭が差し脚質なので、一発メイショウショウブの先行力に賭けてみたいところだ。

(栗東在住ライター:鷲崎)

栗東在住ライター:鷲崎

WASHIZAKI

熟練競馬ライター達がとある事情で新聞・テレビなど一般メディアでは取り上げられない業界の「アウトな裏話」を会員様限定でこっそりと公開!

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line
閉じる 競馬JAPAN