競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. 【きさらぎ賞】ハイレベル東スポ上位馬が激突
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

9月の中山・阪神を3分解析

サムネ画像早いもので9月を迎え、いよいよ秋競馬が到来。秋シーズンの始まりを告げる中山・阪神...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 今でこそ国道15号線につながる陸橋など新しい道ができたけど、以前の「...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週の北九州記念を勝ったのは秋山騎手が騎乗したダイメイプリンセスでした。...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

競馬ウィキリークス

2019年01月27日(日)更新

【きさらぎ賞】ハイレベル東スポ上位馬が激突

今年の牡馬クラシック戦線は、ホープフルSを勝った3戦無敗のサートゥルナーリアの評価が断然高いようだが、他にも最優秀2歳馬アドマイヤマーズも4戦4勝、先日の京成杯を勝ったラストドラフトも2戦2勝と、無敗の有力馬が複数存在している。

きさらぎ賞も、デビューから2連勝のエングレーバーが無敗の3連勝を目指し出走予定だが、トレセンで話を聞いていると東京スポーツ杯2歳Sの上位2頭であるアガラスヴァンドギャルドの評価が高い。

「メンバーレベル、そしてレース内容から、東スポ杯の評価は高いですね。勝ったニシノデイジー、3着のヴァンドギャルドはホープフルSで3、6着。着順だけ見ると平凡ですが、ニシノデイジーは展開に恵まれず、ヴァンドギャルドは直線で何度も前に突っかかり競馬にならず。どちらもスムーズな競馬ができれば2着争いに食い込めていたはずです。また東スポ杯4着のヴェロックスは、若駒Sを好タイムで快勝。東スポ杯7着のクリノガウディーは朝日杯FSで2着。このように東スポ杯組は、次走で好走している馬が多いんです。その東スポ杯2着のアガラスと、3着ヴァンドギャルドが出走するのですから、これは見ものです」(競馬専門誌記者)

では、この2頭の詳細を伺いたい。

アガラスは、夏の東京の新馬戦を勝ち、札幌のコスモス賞は2着。そして東スポ杯2着が、ここまでのキャリア。フォームが大きく、小回りの札幌(コスモス賞)で負けたことから、陣営は中山をスルーし、東京の共同通信杯を目標にしてきました。しかし2歳チャンピオンのアドマイヤマーズが出走を表明したことで共同通信杯は回避し、きさらぎ賞に前倒ししました。この話だけだと逃げた感じですが、共同通信杯はアドマイヤマーズのほかにも、キャロットFのクラージュゲリエも出るので、ノーザンFによる潰し合いを避けたのかもしれません。きさらぎ賞にも、ノーザンFのダノンチェイサーが出走しますが、メンバーを考えるとコッチに出たほうが、共同通信杯とのバランスが取れますからね。相手もアドマイヤマーズ、クラージュゲリエに比べれば落ちるので、東スポ杯だけ走れば勝ち負けだと思います。仕上がりも、天栄でしっかりやってきており、美浦に戻ってレース1週前のウッド調教も軽快な動き。東スポ杯は3か月ぶりで2着ですから、久々も心配ないです」(専門誌記者)

ただし相手は、東スポ杯で少差のヴァンドギャルドでは油断できない。

「ホープフルSは抜け出そうにもスペースがなく、何度も突っかかって落馬しそうになっていたほど。レース後にCデムーロが怒っていたのも分かるよ。あれがなければ2着もあったからね。その後は、きさらぎ賞へ向けて調整。1週前調教も持ったままで好時計を出し、仕上がりは問題ない。鞍上にMデムーロを確保したのも大きい。格的には500万クラスなので、ここは勝って賞金を一気に積みたいレース。ここ2戦より相手も楽なので大きなチャンスだよ」(関西記者)

アガラス、ヴァンドギャルドともに仕上がりも順調。となると、この2頭で堅いのだろうか。

「2頭で堅いのかもしれないが、そこは3歳馬。突然急成長を見せる馬もいるからな。一応2頭に続くと思われているのがダノンチェイサー。500万でも相手が強かった前走を快勝しており、力はある。ただマイラーっぽいので、時計がかかり気味の今の京都芝1800m戦はどうかな?
2連勝のエングレーバーも無敗なので人気になるだろうが、ともに勝ち方は地味。前走も有力馬の凡走に恵まれた感じもある。
それならメイショウテンゲンのほうが面白い。前走の未勝利戦は直線でソラを使い大外に膨れていったが、そのまま差し切り。粗削りだが、持っている能力は相当高そうだ。母は古馬になって牡馬相手に重賞2勝したメイショウベルーガ。変身を求めるなら、この馬かな。な競馬ぶりで、完成度の高さでヴァンドギャルド、アガラスには見劣るけど、秘めたる資質は負けていない」(関西記者)

もともと波乱の少ない重賞だけに、ハイレベルなレース経験しているアガラス、ヴァンドギャルドの2頭が、やはり優勢のようだ。それでも堅い馬券は嫌だという人は、思い切ってメイショウテンゲンの一発に賭けるのもいいだろう。

(栗東在住ライター:鷲崎)

栗東在住ライター:鷲崎

WASHIZAKI

熟練競馬ライター達がとある事情で新聞・テレビなど一般メディアでは取り上げられない業界の「アウトな裏話」を会員様限定でこっそりと公開!

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line
閉じる 競馬JAPAN