競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 【JBC】悩んだら、やっぱりアノ騎手に頼る?
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

昨年も54万馬券!師走競馬を攻略せよ

秋の東京・京都開催はココを買え!昨年も54万馬券的中!師走競馬の攻略法は? ──秋の東京・京都開催に引...
続きを読む

競馬の天才!タイアップコンテンツ

競馬の天才!タイアップ あの「最強」チームが集結した新雑誌 遂に10月12日(金)新装刊! ...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週のエリザベス女王杯はモレイラ騎手が騎乗したリスグラシューが勝利。GⅠ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

競馬ウィキリークス

2018年10月28日(日)更新

【JBC】悩んだら、やっぱりアノ騎手に頼る?

今年のJBCは初めてJRA(京都競馬場)で行われる。1900mのクラシック、1200mのスプリント、そして牝馬限定のレディスクラシックとGⅠ級(Jpn1)のレースが3つ用意されており、この日は贅沢な1日となる。

ここではメインの“クラシック”の情報をお伝えする。3歳最強のルヴァンスレーヴ、帝王賞の勝ち馬ゴールドドリームの姿は無いものの、GⅠクラスの勝ち馬が6頭出走し、面白い顔ぶれになった。

「正直なところ、トレセンでは姿を見ても、レースは地方競馬という馬もいるから、なかなか難しいね。ケイティブレイブもそんな一頭。地方競馬ではほとんどが馬券圏内、JRAでは4着以下だから、地方がメインになるのも当然だわ。関西馬なのに、関西で走るのは約1年半ぶり。ということで、JRAで走る今回は評価を下げたいな。
アポロケンタッキーも、12月のチャンピオンズC以外は、地方競馬ばかり。ただ2年前に、みやこSを勝っているから京都は悪くない。今年は出遅れた帝王賞以外は安定しており、上位進出を期待したい。
分かりやすいのは、シリウスS上位のオメガパフュームサンライズソア。この2頭はJRA色が濃いからね。オメガパフュームは、シリウスSの勝ち馬。53キロが有利に働いたけど、キャリア5戦で古馬混合の重賞に勝つんだから大したものだ。本格化はまだ先という話だし、斤量も2キロ増えるうえに相手強化だから強くは推せないが、消すわけにもいかない。
サンライズソアは3着に敗れたが、57・5キロのハンデ、早めのペースで粘り4着に5馬身つけたことから、高い評価を与えていい。今回と同じコースの平安Sを勝っているので適性も合うはずだし、同斤量で戦える今回はチャンスがある。
問題はテイエムジンソク。1600万の東大路Sから今年1月の東海Sまで重賞勝ち2つを含む7戦5賞2着2回、GⅠのチャンピオンズCでもゴールドドリームとクビ差2着と、この頃はGⅠを勝つのも時間の問題と思っていた。それが近走は4戦して馬券圏内がゼロ。前走も4着とはいえ、勝ち馬から離されている。陣営に聞いても『調子は悪くない』という話だし、ここまで崩れてしまった理由が分からない。昨年の同時期の状態なら、勝ち負けできるはずなのだが」(関西記者)

能力的にはテイエムジンソクのように思えるが、近走成績を見るとアテにはできない。話から、アポロケンタッキー、サンライズソアを関西のお奨めとしたい。

関東馬はサウンドトゥルー、ノンコノユメの両GⅠ馬が中心だ。

サウンドトゥルーはJBCクラシックが4度目の出走。過去3戦は2、3、1着と全て馬券に絡んでおり、毎年狙い打っている一戦と考えて良さそうです。いつも日本TV盃を叩いてから来るのですが、その過去3年が1、3、2着。つまり過去3年の日本TV盃からJBCの流れは、1着→2着、3着→3着、2着→1着。着順に法則性は感じられませんが、叩き台の日本TV盃で上位に来ていれば、本番も上位に来ており、日本TV盃で3着だった今年も期待して良さそうです。
ノンコノユメは、一時の不調から抜け出し、今年のフェブラリーSで優勝。ただ出遅れ癖があって、前走の南部杯はレースに乗れないまま見せ場なく終わりました。京都のダートも差し馬に有利とはいえないので、出遅れたら厳しいでしょう」(専門誌記者)

関東馬2頭はどちらも追い込み脚質で狙いづらいが、勝負気配が特に濃いサウンドトゥルーは抑えておいたほうが良さそうである。

難しい顔ぶれだが、京都のダート戦の傾向を考えると、好位置で競馬を進められるサンライズソア、アポロケンタッキーが優勢と見たい。鞍上を見ると、サンライズソアがルメール騎手、アポロケンタッキーがMデムーロ騎手と、ともに外国人騎手。

結局、ここも外国人騎手に頼ることになりそうだ。

(栗東在住ライター:鷲崎)

栗東在住ライター:鷲崎

WASHIZAKI

熟練競馬ライター達がとある事情で新聞・テレビなど一般メディアでは取り上げられない業界の「アウトな裏話」を会員様限定でこっそりと公開!

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line
閉じる 競馬JAPAN