競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 【ローズS】アーモンドアイに続く馬を探せ
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

昨年も54万馬券!師走競馬を攻略せよ

秋の東京・京都開催はココを買え!昨年も54万馬券的中!師走競馬の攻略法は? ──秋の東京・京都開催に引...
続きを読む

競馬の天才!タイアップコンテンツ

競馬の天才!タイアップ あの「最強」チームが集結した新雑誌 遂に10月12日(金)新装刊! ...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週のエリザベス女王杯はモレイラ騎手が騎乗したリスグラシューが勝利。GⅠ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

競馬ウィキリークス

2018年09月09日(日)更新

【ローズS】アーモンドアイに続く馬を探せ

秋華賞は、桜花賞、オークスを見る限り、アーモンドアイで堅いという見方が圧倒的に多い。

だが2番手争いは、春とはかなり変わってきている。

桜花賞でラッキーライラックが2着、リリーノーブルが3着、オークスはリリーノーブルが2着、ラッキーライラックが3着。つまりアーモンドアイの頭も堅いが、2、3着もまた堅く、春の上位はほぼ3頭で決まっていた。
しかしリリーノーブルはオークス後に故障が判明し、ラッキーライラックも不安が出てローズSを使えず、ともに秋華賞は間に合うか微妙な状況である。

これで2番手争いは分からなくなってきた。ローズSは、春2冠の上位3頭が出走しないため、アーモンドアイに続く可能性を秘めた馬を、新たなに探すレースになる。

「実績では、フローラSを勝ったサトノワルキューレだろう。GⅡを勝っただけでなく、500万のゆきやなぎ賞では、後のダービー4着のエタリオウに先着しているのだからね。オークスは3番人気に推されながら6着と敗れたが、ゆきやなぎ賞、フローラSの連勝で、さすがに余力が残っていなかった。オークス前の調教も良くなかったしな。休養を入れて馬はリフレッシュされているし、1週前も同じレースに出るカンタービレと併せ、終い重点でいい動きを見せた。
ただ本当の勝負は次の秋華賞。賞金も持っているし、何が何でもローズSを勝ちに来る状況ではないだろう。距離の1800mも、この馬には少し短い感じだ。
それなら、夏の上り馬のほうがお奨めかな。ここへきて目立つのは、小倉で強い競馬を見せたセンテリュオサラキア
センテリュオは、2月の新馬を勝ったが、500万は2戦連続2着でオークスには出られなかった。ただ負けた2戦は内容が濃く、負けて強しのレースだった。それを証明したのが前走の都井岬特別で、中団から力強く抜け出して快勝。2000m1分57秒6も優秀だった。血統的にも、重賞勝ち馬トーセンスターダムの全妹で、伸びしろは大きいよ。
サラキアのほうは、春の重賞で上位に来ているから、上り馬という言い方は合ってないかもしれないね。デビュー戦を勝ち、2戦目のチューリップ賞では、出遅れて4着。上3頭はGⅠ上位常連のラッキーライラック、マウレア、リリーノーブルだから、この4着は価値が高い。結局フローラSも不利があって4着とクラシックには出られなかったけどね。前走の500万青島特別では、けた違いの脚で楽勝。相手が弱かったとはいえ、レコード勝ちだからね。その反動も見られないし、状態は上々。相変わらずゲートが遅いが、阪神の外回りなら少々出遅れても、この馬の末脚なら届く。
センテリュオ、サラキアの2頭は、賞金が足りないからトライアルから全力投球。素質はこのメンバーでも上位だよ」(関西記者)

春の時点で素質を買われていた2頭だが、不運な面もありクラシック出走はならなかった。そんな鬱憤を晴らすような前走の強い競馬。GⅡでも格下のイメージはない。

関東馬も、阪神の外回りに向く末脚勝負に長けた馬が狙い目のようだ。

「この秋楽しみなのはトーセンブレスですね。阪神JF,桜花賞では追い込んで4着。もう少し距離があれば、更に上位を目指せた感がありますからね。勝負だったオークスはアクシデントもあって回避。そのぶん秋に賭ける気持ちは強いです。
ただ今回はトライアル。その点で馬券的に面白いのはウラヌスチャームでしょう。デビュー戦は、上り時計の出やすい新潟という点を考慮に入れても、3F32秒0の時計は凄いです。この時計を考えると以降の結果は物足りませんが、不利があったり、脚を余したりと運のない結果が多かったですからね。前走も狭いところに入ってなかなか抜けられず、ようやくゴール寸前に強襲したところがゴール。結果ハナ差2着も、スムーズなら突き抜けていたと思います。こういう馬ですから、今度も不利がないとは言い切れませんが、末脚は他馬に負けないものがあり、差しが効きやすい阪神1800mのコースは合います。現状の賞金では秋華賞出走は厳しいので、ここは勝負です」(競馬専門誌ライター)

どうやらトライアルレースらしく、ローズSは賞金を持っていない組が馬券的に面白いようだ。どの馬も元々の期待度や素質は高く、ここを通過すれば秋華賞でも上位入線の可能性を持つ馬ばかり。ローズSで内容の濃いレースを見せた馬は、秋華賞でもアーモンドアイを追う2、3番手の位置付けにして良さそうである。

(栗東在住ライター:鷲崎)

栗東在住ライター:鷲崎

WASHIZAKI

熟練競馬ライター達がとある事情で新聞・テレビなど一般メディアでは取り上げられない業界の「アウトな裏話」を会員様限定でこっそりと公開!

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line
閉じる 競馬JAPAN