競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 大物を兄に持つ良血牝馬が覚醒か
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

秋競馬開幕!攻略の第一歩

城崎哲・馬場トレンドジャッジ 台風21号の近畿直撃、北海道の地震と、このところ大きな災害が相次いでいます。...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋  遅くなるほどに雨も強さを増す―。との予報が頭にあったようで10日の月曜...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週で夏競馬は終了。今週から中山、阪神が開幕し秋競馬が始まります。 ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

競馬ウィキリークス

2018年08月05日(日)更新

大物を兄に持つ良血牝馬が覚醒か

ローカル重賞というと穴馬の激走が多いイメージだが、別定戦の関屋記念は近10年で1番人気の馬が2勝、2着2回、3着1回と5割の確率で馬券圏内に入線。また二桁人気の馬は近8年で馬券圏内に入っておらず、比較的穏やかな重賞である。

とはいえガチガチなレースでもなく、昨年そして3年前には3連単10万馬券の決着。今年も1番人気を押さえつつ、5~8番人気の馬を含ませるのが良さそうである。

さて有力馬の近況を探っていきたい。

「例年中京記念を使ってきた馬が優勢だが、今年も中京記念組が狙い目だね。そこで人気を裏切ったウインガニオンだが、さすがにペースが早過ぎたと陣営も嘆いていた。本来は番手でも競馬ができる馬なので、もし先手争いが厳しくなるようだったら、さっさと番手に抑えるような指示は出すだろう。デキのほうは落ちていないので、自分の競馬ができれば昨年以上(2着)もあるよ。
その中京記念上位のリライアブルエース、フロンティア、ワントゥワンは、差し馬に有利な展開に恵まれた面もある。なので着順ほどの評価はできないが、リライアブルエースは体の張りも良く、前走以上との見方もあるので、再度注意は必要だ」(関西記者)

中京記念組以外の路線で注目馬はいないのか。

「エイシンティンクルが面白いかな。かつては逃げないと駄目な馬で、脆くも崩れるケースも多かった。そんな印象を大きく変えたのが前走。4番手から差し切っての勝利と、これまでになかった勝ち方を見せた。もともと能力は高いので、格上げ戦も関係なし。今回も行けたら行くが、他が飛ばすなら好位で押さえるようなので、ペースが速くも大丈夫。直線が平坦もいいと思う」

人気先行の典型で馬券を買いにくい存在だったエイシンティンクルだが、そろそろイメージを変える必要があるようだ。さて関東勢は、どのあたりが注目なのか。

「本来ならスターオブペルシャ、チェッキーノと実力馬を2頭出してくる藤沢和厩舎勢がメインなんですけどね。スターオブペルシャは前走大敗で、狙っていた中京記念も使えなかったように、どうも暑さで調子を落としている感じ。チェッキーノも長期休養明けを叩きましたが、まだ全盛期には行っていませんね。
他厩舎も、このレースに強いヤングマンパワーは不調続きですし、同コースの新潟2歳S大楽勝のロードクエストも折り合いに難があり、今ではマイルが厳しい。2連勝のショウナンアンセムも、時計のかかる馬場に助けられていた面があり、雨が降ればお奨めというレベル。 なかなかお奨めが見つかりませんが、強いて挙げるなら3歳馬のプリモシーンですね。春は成績こそ良くなかったですが、桜花賞は直線で前が開かず度外視できますし、NHKマイルCも、決着が済んだあたりから脚を伸ばして勝ち馬から0・2秒差と、不本意な競馬ばかり。スムーズならもっとやれる馬です。3歳牝馬で斤量面は有利ですし、改めて注目したたいですね」(専門誌記者)

関東馬ではプリモシーンがお奨めということだが、話からは全体的に関西勢が優勢に見える。

例年好成績の中京記念組からウインガニオン、リライアブルエースもいいが、別路線組から、精神的な成長を見せるエイシンティンクルに魅力を感じる。全兄は欧州のGⅠを10馬身差圧勝したエイシンヒカリ。妹も、そろそろ覚醒していい頃だ。

(栗東在住ライター:鷲崎)

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line
閉じる 競馬JAPAN