競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 1番人気が連敗中の小倉記念。今年も歴史は繰り返されるのか?
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬の天才!タイアップコンテンツ

競馬の天才!タイアップ あの「最強」チームが集結した新雑誌 遂に10月12日(金)新装刊! ...
続きを読む

秋競馬開幕!攻略の第一歩

城崎哲・馬場トレンドジャッジ 台風21号の近畿直撃、北海道の地震と、このところ大きな災害が相次いでいます。...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週の土曜新潟6R。ゲートが開くと何が何でもハナに行く構えを見せたのが山...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

競馬ウィキリークス

2018年07月29日(日)更新

1番人気が連敗中の小倉記念。今年も歴史は繰り返されるのか?

ここ10年で1番人気が一頭も勝っていない小倉記念。先日の中京記念では18連敗中だった1番人気の馬が久々に勝利をおさめたが、小倉記念も1番人気が久々に勝利を得るのか。それとも歴史は繰り返され、またしても1番人気は敗れるのか。

出走予定メンバーを見ると、上位人気候補はトリオンフ、ストロングタイタン、サトノクロニクル、サンマルティンといったところか。

「トリオンフの前走(鳴尾記念)は、内からすくわれる形で2着。敗れたけど内容は良かったよ。小倉は、春に小倉大賞典を楽勝するなど相性もいいし、1週前調教の動きから調子も抜群にいい。ここも好勝負だよ。
これに対抗するのは3頭出しの池江厩舎。有力はストロングタイタンとサトノクロニクルだな。ストロングタイタンは宝塚記念で11着。相手も強かったが、緩い馬場も応えた。小倉は3勝と適性は高いし、昨年の同レースは8着も当時と今では馬が違う。鳴尾記念をレコード勝ちした時のように、馬場が良ければ上位争いは必至。問題はハンデくらいかな。
サトノクロニクルは天皇賞・春で12着。阪神大賞典で2着に来ているけど、ちょっと3000m超のレースは距離が長すぎる感じ。チャレンジCを勝っているように2000mくらいがちょうどいいので、今回はチャンスだろう。久々だけど、調教でびっしり追われ、仕上がりは問題ない」(関西記者)

上位人気の3頭は状態、能力ともに問題ないが、小倉への適性からトリオンフ、ストロングタイタンがリードしているように思える。

関東からは、サンマルティンが遠征してくる。

「放牧先の天栄から美浦に戻らず、小倉競馬場に入厩したので直接は見ていないのですが、放牧先でしっかりつくっているので仕上がりは悪くないようです。昨年の小倉記念はタツゴウゲキにハナ差の惜しい2着。まくって進出してきたレースで、内容は勝ち馬以上のものがありました。久々の都大路Sでは、後方で脚を溜め、レース上がりを1秒以上上回る末脚で追い込み勝ち。嵌った時の強さは半端ないですね。問題は折り合い。かかると2走前の福島記念のように大敗もあります。前走のように脚を溜めると小回りの小倉では届かない可能性もあり、昨年のように、うまく捲れればいいのですが」(競馬専門誌記者)

前走は凄い勝ち方だったが、折り合いの難しさから信頼性という点では先の関西馬3頭には劣るようだ。

他に有力として挙がるのは、どの馬なのか。

「七夕賞勝ちのメドウラークは嵌った感が強いし、時計面でも恵まれた。もう一発は厳しいだろう。レイホーロマンス、キンショーユキヒメの牝馬勢は、七夕賞よりも相手が強くなる今回は、より厳しくなる。キョウヘイも、前走は重い馬場に助けられたからなあ。 なかなか目ぼしい穴馬は見つからないが、強いて挙げるなら3頭出しの池江厩舎のもう一頭マウントゴールドかな。同厩のストロングタイタン、サトノクロニクルに能力は劣るが、ハンデの恩恵があるからね」

ちょっと穴馬選びは苦労しそうな小倉記念。ローカルのハンデ重賞で穴馬券を狙いたいところだが、今年は久々に1番人気が勝つシーンもありそうな雰囲気である。

(栗東在住ライター:鷲崎)

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line
閉じる 競馬JAPAN