競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 好メンバーのクイーンS。GⅠ馬に挑む、この3頭に注目
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬の天才!タイアップコンテンツ

競馬の天才!タイアップ あの「最強」チームが集結した新雑誌 遂に10月12日(金)新装刊! ...
続きを読む

秋競馬開幕!攻略の第一歩

城崎哲・馬場トレンドジャッジ 台風21号の近畿直撃、北海道の地震と、このところ大きな災害が相次いでいます。...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週の土曜新潟6R。ゲートが開くと何が何でもハナに行く構えを見せたのが山...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

競馬ウィキリークス

2018年07月22日(日)更新

好メンバーのクイーンS。GⅠ馬に挑む、この3頭に注目

1週前段階では登録頭数が少ないクイーンSだが、出走予定馬の質は高い。オークス馬ソウルスターリング、秋華賞勝ち馬ディアドラとGⅠ勝ち馬が2頭。ほかに重賞勝ち馬のアンドリエッテ、エテルナミノル、トーセンビクトリー、リバティハイツ、重賞勝ちは無いものの2着が4度あるフロンテアクイーンと実績馬が並ぶ。

注目を集めるのはGⅠウイナーの2頭だ。

「ソウルスターリングは、デビューからGⅠ阪神JFを含む4連勝。桜花賞で3着と敗れましたがオークスは楽勝し、昨春の3歳牝馬戦線では抜きん出た強さを見せました。そんな快進撃もそこまで。昨年の秋以降は5戦して掲示板にも載れず、一部では『終わったんじゃないか』なんて声も出ています。でも前走のヴィクトリアマイルは、苦手な渋った馬場で勝ち馬から0・4秒差なのですから、内容は悪くないと思います。折り合いが難しい馬ですが、今回は小回りでコーナーを4つ回るので、息は入れやすいと思います。懸念はジョッキーですかね。難しい馬なので、乗り慣れたルメール騎手が他馬を選んでしまった(先に決まっていた)のは痛いです。ベテランの北村宏司騎手なら大丈夫だとは思いますが。
そのルメール騎手が騎乗するのはディアドラ。ドバイターフで初めてコンビを組み、3着と好走。相手関係を考えればよく走りました。今回は久々なので、仕上がりが問題となります。1週前調教は全体時計こそ出ていましたが、さすがに万全とまでは行きませんね。最終追いでどれだけ動けるか、そこを見ておきたいです」(競馬専門誌記者)

GⅠウイナーの2頭は当然能力は上だが、どちらも不安が無いというわけではなく、付け入る隙は十分にある。その隙を衝くのは、どの馬なのか。

「開幕週なので、先行できる馬が面白い。当て嵌まるのはエテルナミノル。函館記念は一瞬やったという展開だったが、最後に差されてしまった。やはり愛知杯を勝った時のように、ある程度好位置につけたほうがいい。
ここ8年で3歳馬が4勝している傾向から、リバティハイツも候補の一頭。フィリーズレビューで大駆けし、桜花賞はピークが過ぎていると見たが6着と好走。ラッキーライラック、リリーノーブルとは差のない競馬だったから内容は濃かった。その後はさすがに疲れが出てオークスは回避。休ませたおかげで、クイーンSに出走できたといえるね。仕上がりは2週前こそ良くなかったが、1週前の函館ウッド調教では見違えるように良くなっていた。これなら大丈夫。
あと一頭挙げたいのはアグレアーブル。1000万クラスで格下だが、早くからモレイラを確保してクイーンS出走を決めており、意欲は相当高い。前走の負けは、スローペースに嵌って脚を余したもの。決して能力負けじゃないよ。元はオークス候補だった馬。モレイラ騎乗で、隠れた才能を引き出せば、格上馬たちをアッと言わせるかも」(北海道在中記者)

GⅠ馬2頭が中心視されるだろうが、そこはローカルのGⅢ。そう簡単に能力通りには決まらない。先に名が出たエテルナミノル、リバティハイツ、アグレアーブルを馬券の中心に据えれば、高配当も見えてくる。

(栗東在住ライター:鷲崎)

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line
閉じる 競馬JAPAN