競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. 波乱連発の函館記念。今年も穴馬探しが的中への近道だ
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

【特集】馬券の獲り方教えます!

サムネ画像このレースにおける今川の狙いは実に緻密で多岐に渡っていた。 まずは馬場傾向の把握...
続きを読む

万券連発の年末年始開催を徹底攻略!

年明けはドル箱開催!水上学14人気◎⇒大万馬券!獲れる根拠は? ──昨年、一昨年のプレミアム予想...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週は単勝万馬券が3本(メイショウヨソユキ、モアニケアラ、トッカータ)も...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

競馬ウィキリークス

2018年07月08日(日)更新

波乱連発の函館記念。今年も穴馬探しが的中への近道だ

3年連続で二桁人気の馬が連対している函館記念。ローカル開催のハンデ戦、そして雨の影響で馬場も荒れてきており、穴馬出現の舞台は整いつつある。今年も大波乱となるのか。

「別定戦なら、近2走GⅡで好勝負しているサクラアンプルールや、前走重賞勝ちのスズカデヴィアスあたりが有力だが、ハンデ戦ではそれなりに斤量は背負うことになるだろうからな。ここ3年も57キロ以上の馬は連対していないから不安だよ。

能力、ハンデのバランスを考えると、面白いのはトリコロールブルーじゃないか。もともとクラシックも期待されたほどの馬だが、折り合いに難があって、なかなか大成できなかった。でも近走を見るとレースぶりに安定感が出ているし、それに伴って成績も上がって来た。巴賞を使った同じクラブ(シルクR)のアストラエンブレムが回避したところを見ても、クラブ側はトリコロールブルーに自信を持っているんじゃないかな」(函館在中記者)

シルクRはブラックバゴも出走予定。そちらも勝負気配が高いのかもしれないが、近走成績からトリコロールブルー優勢と見ていいだろう。

別の記者は、巴賞出走馬に注目しているという。

「函館記念と巴賞は、古くから関連が深く、年によっては巴賞組が上位を占める時もあるほど。今年も巴賞組には、函館記念狙いが濃いと思われる馬がいますね。

まずはマイネルハニー。巴賞は先行して簡単に交わされてしまいましたが、久々のうえに58キロはきつかったはずです。元より狙いは函館記念でしょう。時計のかかる馬場は合うタイプ。そろそろ馬場が荒れてきそうな函館はいいと思います。近走が10、8着なら人気はガタ落ちでしょう。

もう一頭奨めたいのがクラウンディバイダ。巴賞は4着ですが、勝ち馬からコンマ1秒差と接戦でした。ジューンSは、重くなった馬場を味方につけて逃げ切り。破ったルックトゥワイスはオープン級の力を持つ馬ですから、価値は高いです。重賞実績が無いのでハンデは他馬より有利でしょうし、人気薄でマークも厳しくない。馬場が重くなれば、この馬が穴馬の第一候補だと思いますよ」(専門誌記者)

穴馬台頭の多い函館記念。単純に的中を目指すならトリコロールブルーを推すが、波乱傾向を考えるとマイネルハニー、クラウンディバイダのような穴馬から入りたい。

(栗東在住ライター:鷲崎)

栗東在住ライター:鷲崎

WASHIZAKI

熟練競馬ライター達がとある事情で新聞・テレビなど一般メディアでは取り上げられない業界の「アウトな裏話」を会員様限定でこっそりと公開!

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line
閉じる 競馬JAPAN