競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 本命不在。混戦模様の七夕賞は、3頭出しのマイネル勢にお宝あり
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬の天才!タイアップコンテンツ

競馬の天才!タイアップ あの「最強」チームが集結した新雑誌 遂に10月12日(金)新装刊! ...
続きを読む

秋競馬攻略の第一歩

城崎哲・馬場トレンドジャッジ 今週は2つの高気圧が列島を覆うので、3場ともほぼ晴れそう。ただし日曜の関東は...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週のJBCスプリントも、グレイスフルリープに騎乗したルメール騎手が制し...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

競馬ウィキリークス

2018年07月01日(日)更新

本命不在。混戦模様の七夕賞は、3頭出しのマイネル勢にお宝あり

過去10回中、二桁人気の馬が7度も馬券圏内に来ている七夕賞は、昔から荒れることで定評のあるレース。一方で1番人気も3勝するなど、10回のうち6度は馬券圏内に入っている。今年は堅く収まるのか、それとも穴馬の出番となるのか。

まずは1番人気になる馬を探ってみようと思ったのだが、そもそも人気になる馬が分からないほどの混戦模様。一応上位人気になりそうな有力馬を見ていきたい。

「関東馬ではサーブルオールですね。勝った美浦Sは1600万クラスのレースですが、勝ち方はオープン馬のような強い競馬でした。前走のエプソムCは4着と敗れましたが、馬群の内に入り馬場に苦しんだ感があり、外に持ち出せば際どい勝負だったと思います。競馬が巧いので、福島は合うと思いますし、前回より落ちるメンバーなので、前走以上の結果は望めます。

3頭出しのマイネル勢で人気になりそうなのはマイネルフロスト。昨年の七夕賞で2着。オープンの福島民報杯に勝つなど、福島は3戦して2度連対しています。長期休養明けのエプソムCを叩き、七夕賞へ。狙いすました一戦でしょう。

マイネルサージュは福島民報杯を勝っての臨戦で人気の一頭でしょうが、展開が嵌った感じもあるので、あまり人気になったら嫌ですね」(競馬専門誌記者)

3頭の名が挙がったが、勢いからサーブルオールが優勢と見える。関西の有力は、どの馬になるのか。

「伸びしろを期待できるのはプラチナムバレットだな。昨年は京都新聞杯を勝ち、クラシック候補になった一頭。故障で休み、復帰後は未勝利だが、復帰戦から4、3着と徐々に調子を上げてきていた。そこでシンガリとなった前走だが、鞍上が脚を気にして止めたためで参考外。大したこともなかったので、レースへ向けて悪影響はないよ。能力から、今回レベルの重賞なら普通に勝ち負けできる。

牝馬のキンショーユキヒメも、今年のメンバーなら面白い。前走は、行きたいところで行けなかったのが敗因。このあたりは、軽ハンデ馬の動きにやられたとのことで、仕方ない面もあった。今回は牡馬相手でハンデは軽くなるだろうし、福島実績もある(福島牝馬S1着)から、ここは狙い目だろう」

以上の馬は有力だが、人気にもなりそうな馬。穴馬で面白い馬はいないのか。

「今年は例年以上にメンバーが手薄なので、穴馬が人気薄になっていない可能性があり、探すのが難しい。そんな中、1週前段階の出走予定メンバーで面白そうなのはマイネルミラノですね。8歳になって最近は上位人気になることもないですが、今年もGⅡのアメリカJCCで3着になるなど、先手を取れるとしぶといですね。エプソムCを叩いてデキは上がっていますし、メンバーを見ると行きたい馬は少ない。函館記念を勝っているように、ローカルの中距離では実績もあります。他のマイネル勢(マイネルフロスト、マイネルサージュ)がうまくガードしてくれる役になれば、チャンスは出てきます」(専門誌記者)

話を聞く限り、関東ではサーブルオール、関西ではブラチナムバレットがお奨めのようだが、そのあたりは上位人気候補。七夕賞の波乱傾向と、マイネル勢3頭出しの勝負度合も考え、マイネルミラノの先行力に注意しておきたい。

(美浦在住ライター:高木)

栗東在住ライター:鷲崎

WASHIZAKI

熟練競馬ライター達がとある事情で新聞・テレビなど一般メディアでは取り上げられない業界の「アウトな裏話」を会員様限定でこっそりと公開!

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line
閉じる 競馬JAPAN