競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 目標は菊花賞? 関東期待の大器が登場
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬の天才!タイアップコンテンツ

競馬の天才!タイアップ あの「最強」チームが集結した新雑誌 遂に10月12日(金)新装刊! ...
続きを読む

秋競馬攻略の第一歩

城崎哲・馬場トレンドジャッジ 今週は2つの高気圧が列島を覆うので、3場ともほぼ晴れそう。ただし日曜の関東は...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週のJBCスプリントも、グレイスフルリープに騎乗したルメール騎手が制し...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

競馬ウィキリークス

2018年06月24日(日)更新

目標は菊花賞? 関東期待の大器が登場

今年の日本ダービーは、ワグネリアンが快勝。父子2代の悲願であるダービージョッキーの夢を叶えた福永騎手の涙に、感動した人も多かっただろう。

ストーリーとしては記憶に残るダービーだが、レース内容自体は正直なところ関係者間の評価は高くなく、「秋になったら3歳牡馬の勢力図は大きく変わっているかも」と話す人も少なくない。

そんな秋へ向けて新戦力の登場を期待したいのがラジオNIKKEI賞。それに相応しい馬がいるという。

「目玉は何といってもフィエールマンですね。体質が弱くトレセンに来るのも遅かったですが、入ってきてからは豪快な調教を連発。レースを見る前から、期待感はどんどん上がっていましたね。デビューは1月末。この時期は除外ラッシュで、この馬もまずは権利取りで投票を入れ、2月頭の新馬戦を目標にしていました。そうしたら抽選で5頭枠に入り、予定より前倒しで出走。恐らく仕上がりは十分じゃなかったでしょうが、力で押し切りデビュー勝ちと、早くも高い能力を示してくれました。

その後は体質を考えて間隔を開け、強気に毎日杯に出走というプランも一時は聞きましたが、間に合わずに500万の山藤賞へ。序盤は後方につけていましたが、付き合ってられないという感じで3コーナーあたりから動きだし、4コーナーでは好位にまで進出。ここから段違いの脚で他馬を圧倒しました。相手が弱かったと言う人もいますが、最後は11秒7-11秒6-11秒4と加速したままゴールしており、時計からも内容は濃いです。

ダービーにも出ても面白かったと思いますが、先を考えて無理せずプリンシパルSや京都新聞杯はスルー。予定していた白百合Sも取りやめたように未だ体質の弱さは残りますが、この状態での山藤賞の内容を考えると、能力は相当に高いです。

内回りの福島は合うとは言えませんが、この先一流馬になるためには、合わない条件でも勝って欲しいし、この相手なら押し切れると思います」(競馬専門誌記者)

フィエールマンへの期待感は非常に高いものがあるが、ここまで強い馬とはやっていない。今回の相手はどのレベルなのか。その相手の筆頭格が、関西馬のメイショウテッコンだ。

「前走(白百合S)はアイトーンがハナを切ると思ったが、早くに諦めてくれたので、マイペースで行けたのは大きかった。それにしても後続を離す一方で、予想以上に強かった。内回りの福島も合うので、あとはマイペースで行けるか。だが陣営は『ハナには拘らない。器用さもある』と話していることから、他が早ければ2番手でも競馬はできそう。梅花賞でエタリオウ(ダービー4着)、サトノワルキューレ(GⅡ勝ち)を破った馬。GⅢくらいは行けるだろう」(関西記者)

関東からは、フィエールマン以外にもう一頭の名が挙がった。

「勝ちは難しいと思いますが、馬券圏内に入るという点で挙げておきたいのがイェッツト。距離が長かったゆりかもめ賞は崩れましたが、中距離ならオープンでも安定。GⅢの京成杯、そしてダービートライアルのプリンシパルSでも3着しています。特にプリンシパルSは、勝ったコズミックフォースはダービーで3着、2着のブレステイキングは次走を楽勝しています。この2頭から少差のイェッツトも、3歳限定のハンデGⅢなら再度上位を狙えると思いますよ」(専門誌記者)

福島の小回りコースで、しかもハンデ戦と、荒れる要素も多いラジオNIKKEI賞。イェッツトのような馬を買いたくなるが、秋競馬を盛り上げるためにも、フィエールマンに強い内容で勝って欲しいところである。

(栗東在住ライター:鷲崎)

栗東在住ライター:鷲崎

WASHIZAKI

熟練競馬ライター達がとある事情で新聞・テレビなど一般メディアでは取り上げられない業界の「アウトな裏話」を会員様限定でこっそりと公開!

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line
閉じる 競馬JAPAN