競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 大波乱連発の函館SS。今年も軸馬探しは穴志向で行こう
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

夏競馬の攻略法満載!北海道総力特集!

サムネ画像...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 美女二人が参加する恒例の飲み会は、昨秋の親爺が守った“尾生の信”を筆頭にだい...
続きを読む

【PR】競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部が、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

競馬ウィキリークス

2018年06月10日(日)更新

大波乱連発の函館SS。今年も軸馬探しは穴志向で行こう

かつてはキンシャサノキセキやカレンチャンのような名スプリンターが勝利するなど1番人気が強いレースだったが、ここ5年で一変。1番人気が馬券圏内に入らず、3連単は5年前より16万、87万、94万、39万、5万と波乱の連発。上位3頭が3、4、7番人気で3連単が5万5520円だった昨年などは、もはや穴馬券に思えぬほどかわいく見えてしまう。今年も例年通り波乱となるのか。

「今年も穴馬のチャンスは大きいだろうね。現状で強く押せる馬がいないからな。昨年レコードで勝ったジューヌエコールも、近走の結果を見ても分かるように、不振が続いている。陣営の近くからも、『昨年のデキにない』と弱気な声が出ていたからね。

ただ上位人気になりそうなダイアナヘイローは悪くないよ。厩舎解散で大勝負だった阪急杯を使い、見事な勝利。これで反動が出たか高松宮記念は大敗に終わった。こんな背景があるから、前走の大敗は度外視していいと思う。今回のメンバーなら能力は上だろう。あとは初の洋芝がどうか。前に在籍していたのは福島厩舎だったので、夏は小倉がメインだったが、移籍したことで今年は北海道。これがどう出るか。開幕週なので影響はないと思うけど。

洋芝で楽しみなのはタマモブリリアン。近走は目立たないが、昨夏は函館、札幌で6戦3勝、2着1回3着1回と全て馬券圏内。オープンのUHB杯でも3着に来ている。夏の北海道に照準を合わせてくることは必至で、評価を上げたほうがいい。

前走で久々に勝利したティーハーフも、これが3年前の函館SS以来の勝ち星。他にも函館2歳S3着など元は洋芝で走っていたので、調子が上がって来た今なら3年ぶりの同レース勝ちも狙える。

他で押したいのはラインスピリット。京王杯SCは先行馬が崩れる中、この馬だけ2番手から粘って5着に入線。その京王杯から比べるとメンバーは大幅に楽になるし、1200mへの距離短縮もいい。陣営に近い関係者も『パワーがあるから洋芝もいいかも』と話しており、大駆けがあってもいい」(関西記者)

最近の波乱傾向を考えると、人気になりそうにないタマモブリリアン、ラインスピリットあたりは面白そうである。

関東馬の近況はどうか。

「有力と言えるのはキングハートですね。昨年の同レース2着ですし、今年はオーシャンSで重賞初制覇も達成して勢いがあります。高松宮記念は10着も、GⅠですからね。GⅢなら巻き返せます。

そのGⅠ高松宮記念で3着のナックビーナスも、GⅢなら当然有力です。安定感も抜群ですし、洋芝も昨年のキーンランドCで勝ち馬から少差の3着と実績があり、この馬が一番安心して買える馬です。

10歳になっても侮れないのがエポワス。北海道開催はこの馬にとってメインの勝負場所で、函館SSもここ2年で5、3着と年を重ねて結果を上げています。9歳の昨年もオープン特別を2勝したように、年齢による劣化は見えません。確かに10歳になった今年はオーシャンS15着と大敗しましたが、この一戦で終わったと見限るのは早いです」(競馬専門誌記者)

このメンバーでは実績上位のGⅠ馬セイウンコウセイの名が挙がらなかったが。

「当然力は上ですが、最近は安定していませんからね。函館SSも昨年1番人気で4着。その時は高松宮記念を勝った後。今年は着外の後ですから、尚更厳しい感じがします」

近走成績から昨年のような人気にはならないだろうが、そこはGⅠ馬。そこそこ馬券は売れてしまうだろう。。

函館SSの近年の傾向から、狙いたいのはやはり穴馬。関西馬ならラインスピリット、タマモブリリアン、関東馬ならエポワス。このあたりが穴狙いの軸候補としてお奨めだ。 

(栗東在住ライター:鷲崎)