競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. リピーターが目立つヴィクトリアマイル。昨年の上位馬は狙えるのか?
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

夏競馬の攻略法満載!北海道総力特集!

サムネ画像...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 「結果決勝トーナメントに行けたから、良いのかも知れんが、最後の10分はな...
続きを読む

【PR】競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部が、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

競馬ウィキリークス

2018年05月06日(日)更新

リピーターが目立つヴィクトリアマイル。昨年の上位馬は狙えるのか?

最近のヴィクトリアマイルの結果を見ると、ヴィルシーナとストレイトガールが2連覇を達成。また6年前の勝ち馬ホエールキャプチャは、後に不振に陥り翌年のヴィクトリアマイルは12番人気にまで支持が落ちていたが2着とV字回復。このようにリピーターが目立っている。

となると、昨年の勝ち馬アドマイヤリードも近年のデータから連覇の可能性は高く、2着デンコウアンジュ、3着ジュールポレールもチャンスが高いということになるが、実際はどうなのか?

「アドマイヤリードは東京新聞杯で惨敗したけど、前走の阪神牝馬Sは勝ち馬からコンマ1秒差の4着と確実に良化。体も一回り大きくなって、よりタフな馬になってきている。1週前の坂路でも好時計を出し元気いっぱい。末の破壊力はメンバー随一だし、2連覇の可能性は十分にあるよ。

デンコウアンジュも、阪神牝馬Sこそ展開が向かずに崩れたが、牡馬相手の東京新聞杯で4着、小回りの福島牝馬Sも3着と悪くない。昨年も福島牝馬S4着からヴィクトリアマイルに向かい、11番人気で2着だから、今年も上位に来て不思議ないね。

ジュールポレールの昨年は、急上昇の勢いもあって3着。今年は勢いこそ薄れたけど、久々の阪神牝馬Sはゴール前で不利を受けながら5着だから内容は悪くないよ」(関西記者)

どうやら上位3頭ともに雰囲気は悪くなく、近年のヴィクトリアマイルの傾向通り、今年もリピーターが活躍する可能性はあるようだが。

「ただ昨年はGⅠウイナーが3頭しか出ていなかったし、うち2頭は2000m以上のGⅠウイナー。近走不振だったルージュバックや、距離不安のレッツゴードンキが上位人気だったようにメンバーが手薄だった。それに比べ今年は、芝のGⅠウイナーが5頭おり、全てがマイルGⅠ勝ちの経験馬だから質も高いよ」(関西記者)

そのGⅠ馬だが、関西馬には昨年の覇者アドマイヤリードのほか、桜花賞馬のレーヌミノル、レッツゴードンキと3頭いる。

「アドマイヤリードは調子を上げていて有力だが、レーヌミノルは1200mを2戦して速いペースに慣れてしまい、いきなり東京マイルに変わるのは不安。レッツゴードンキも桜花賞馬だが、折り合いの関係で1400m以下が主戦場になっており、こちらもマイルは不安。

それならGⅠ勝ちは無いけど、GⅠ2着は3度あるリスグラシューを薦めたい。この馬も折り合いに不安があって2000m以上では詰めが甘いけど、久々のマイル戦となった東京新聞杯で牡馬相手に勝ったように、マイルがベスト。前走の阪神牝馬Sも先行馬断然有利の展開で、差して3着は着順以上の評価ができるし、トライアル仕様の造りで、本番へ向け上積みも見込める。1週前は坂路で49秒台が出たように、仕上がりは文句ないよ」

とGⅠ馬よりも、GⅠ未勝利のリスグラシューをプッシュしてきた。

関東馬では、NHKマイルCの覇者アエロリット、オークスのほか2歳時にマイルの阪神JFを勝ったソウルスターリングが実績では上だ。

「アエロリットは久々の中山記念で2着。同じように叩き台のイメージだったペルシアンナイトは5着、ヴィブロスは8着ですから、よく走っています。折り合いの難しい馬なので、1Fの距離短縮は間違いなくプラスです。

ソウルスターリングも折り合いの難しい馬。前走はマイル戦で期待したのですが、それでも折り合いが難しく失速してしまいました。これでガス抜きされ、レースで折り合えれば、能力からチャンスはあると思います。ただルメール騎手が最近、折り合い難の馬の制御がうまく行かないことが多いのは不安ですが」(競馬専門誌記者)

能力的にはソウルスターリングだが、安心して買えるのはアエロリットだろう。

リピーターが強いヴィクトリアマイルは、昨年の覇者アドマイヤリードの連覇もあるが、今年は勝った昨年以上に相手が強くなった。特にコース適性、能力ともに高いレベルにあるリスグラシュー、アエロリットの2頭が、アドマイヤリードの連覇に向け強敵となりそうだ。

(栗東在住ライター:鷲崎)