競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. GⅠ馬はたった一頭! 大波乱もある天皇賞・春
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

夏競馬の攻略法満載!北海道総力特集!

サムネ画像...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 「結果決勝トーナメントに行けたから、良いのかも知れんが、最後の10分はな...
続きを読む

【PR】競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部が、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

競馬ウィキリークス

2018年04月22日(日)更新

GⅠ馬はたった一頭! 大波乱もある天皇賞・春

伝統の天皇賞・春を迎えるが、メンバーを見るとGⅠウイナーがシュヴァルグラン唯一頭。これまで、GⅠ馬がここまで少ない天皇賞などあったのだろうか? ちなみに昨年はキタサンブラック、サトノダイヤモンド、ゴールドアクター、ワンアンドオンリー、ディーマジェスティの5頭。一昨年はキタサンブラック、ゴールドアクター、トーホウジャッカルの3頭、3年前はゴールドシップ、キズナ、ラブリーデイの3頭である。

「現代では3200mが嫌われるのか、天皇賞・春はGⅠ馬の数が、他のレースより少なくなりがちです。また、昨年から大阪杯がGⅠ格上げになったり、同時期に海外のレースを選択する馬が増えたのも、手薄になった要因の一つでしょう」(専門誌記者)

そうなると、唯一のGⅠウイナーのシュヴァルグランが圧倒的優勢なのではないか。ここ2年の天皇賞・春は、3、2着と連続で上位。昨年はキタサンブラックに敗れたが、サトノダイヤモンドに先着した。また、秋には最強馬キタサンブラックを破り、ジャパンCを優勝している。そのキタサンブラックは引退し、昨年の3着のサトノダイヤモンドも出走せず。他にもGⅠウイナーが不在となれば圧倒的に有利だ。

問題は前走の大阪杯。適性があっていない2000mとはいえ、13着は負け過ぎなのではないか。

「阪神の内回りも合っていないが、流れも向かなかった。もともと不器用で、なかなか自分で動けない馬。これがペースの緩い長距離だと自分で動けるのだが、2000mのペースではそうも行かない。鞍上もテン乗りだったし、そもそも仕上げも天皇賞仕様で、大阪杯は勝負度合も低かったと思う。馬主さんも、ドバイ(ヴィブロスが出走)に行っていたし」(関西記者)

そう考えると、やはり3200mの今回はシュヴァルグランで堅いような気もする。

ただ、天皇賞・春は簡単に収まらない過去がある。

「天皇賞・春は昨年こそ上位人気で決まりガチガチでしたが、その前の8年は全て3連単が10万円以上、特に2010年は3連単91万、2012年は145万の大波乱となっています。この間、単勝1・3倍のオルフェーヴル、ゴールドシップ、1・7倍のキズナの断然人気馬をはじめ、1番人気は全て馬券圏内を外しています。先の1倍台の馬名を見ると、シュヴァルグランといえど危ない気がします」(専門誌記者)

それでは穴馬を狙うなら、どのタイプなのか。

「カレンミロティックやビートブラック、メイショウドンタクなど、穴をあけた馬は積極策で粘った馬が多いんです。しかし今年は、結構先行馬が多いんですよね。シュヴァルグランが昨年の天皇賞・春やジャパンCのように早めに動くでしょうから、穴はむしろ差し馬勢かもしれません。

実は阪神大賞典で馬券圏内に入れなかった馬が、次の天皇賞で大穴を開けたケースも多く、ビートブラックと2度のカレンミロティックがこれに当たります。今年もカレンミロティックがいるので、この馬を狙うのが簡単なのですが、さすがに年齢が10歳では厳しいかなと。そこで面白いのはアルバート。阪神大賞典は2番人気で4着とガッカリさせましたが、天皇賞に向けてはそのほうがいいのです。実際、阪神大賞典から天皇賞・春を連勝したのは、ここ8年でゴールドシップの一度だけ。そのゴールドシップは阪神大賞典は3連覇しましたが、本番を勝った以外の2回は上位人気で5、7着と崩れています。昨年のサトノダイヤモンドも、阪神大賞典ではシュヴァルグランを捻じ伏せておきながら、天皇賞ではやり返されており、結構反動が出やすいレースのようです。

アルバートは阪神大賞典4着で、本番で向けて上積みを残していると思います。ここ2年の天皇賞・春は6、5着ですが、その2年に比べメンバーが楽になったぶん上位を狙えます。鞍上がルメール騎手に乗り替わりで人気が上がってしまいますが、さすがに上位人気にはならないでしょうし、且つ鞍上強化は大きいです」(専門誌記者)

関西馬では、穴馬にこの馬が挙がって来た。

「4年前に二桁人気で3着に入り波乱を起こしたホッコーブレーヴは、日経賞で2着も、当時10番人気でフロック視され、天皇賞も12番人気だった。これに似た馬がチェスナットコートだよ。日経賞は7番人気と低評価で2着。今回もそれほど人気にならないだろうし、ハーツクライ産駒で3200mはいい。先行馬も多いようだし、流れが厳しくなれば、この馬の差し脚が生きる」(関西記者)

その他にも情報を集めると、京都未勝利ながら実は「坂の無い京都のほうが好内容のレースが多い」というトーセンバジルの名前を聞かれた。

実績ではシュヴァルグラン断然も、過去の傾向から人気馬が危険な天皇賞・春。今年も穴狙いで臨むことをお奨めする。

(栗東在住ライター:鷲崎)