競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. ハイレベル世代? 中山金杯で狙える明け4歳の馬は!?
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

夏競馬目前!北海道総力特集!

サムネ画像...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 痛い所を突かれたり、疚しいことがあると、大概の人間は早口を伴い気色ばむ。ある...
続きを読む

【PR】競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部が、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

競馬ウィキリークス

2017年12月28日(木)更新

ハイレベル世代? 中山金杯で狙える明け4歳の馬は!?

有馬記念こそキタサンブラックらベテランが頑張ったが、昨秋の重賞競走を振り返ると、全体的に3歳馬が強かった。昨春には「3歳牡馬のレベルは低い」と言われていたものだが、あれは何だったのか?

そんな3歳馬が、年を超え4歳になって迎える中山金杯。メンバーを見ると、その明け4歳馬に有力馬が多いことに気づく。

「確かに、明け4歳に楽しみな馬が目立ちますね。関東ではセダブリランテスでしょう。デビューから3連勝し、菊花賞候補にもなりましたが、アクシデントでセントライト記念を回避。結局菊花賞も使えず、アルゼンチン共和国杯に出走。アクシデント明けのうえ、初めての古馬相手、初の東京、初の長距離戦と厳しい条件が重なったのですが、それでも3着に入線したのですから能力は高いですね。

脚質から中山2000mも合いそうですし、キャリア4戦で上積みも他馬以上。人気になるでしょうが、この馬は馬券から外せません。

同じ4歳馬では、ダイワキャグニーも2018年のホープ。毎日王冠はソウルスターリングに睨まれる位置にいながら、これを突き放し、リアルスティール、サトノアラジンら古馬のGⅠウイナーを相手に少差の4着。続くオープン特別(キャピタルS)快勝は当然です。

問題は右回り。弥生賞のときはコーナーでバランスを崩し、直線も全く伸びなかったですからね。あれから時間が経ち、右回りの不安は解消されているのか。

もう一頭気になるのはウインブライト。スプリングS、福島記念勝ちと重賞2勝の実績は、先の2頭を上回るものがあります。ただ前走の福島記念は相手に恵まれた面もありますし、ハンデも前走から重くなるのもどうでしょうか」(競馬専門誌記者)

明け4歳の関東馬では、セダブリランテスが特に優勢のようだ。

関西馬も明け4歳が有力なのか。

「こちらの4歳の代表はカデナかな。天皇賞・秋は大きく崩れたが、記録的な道悪で馬が完全にバランスを崩し、競馬にならなかったから度外視していい。良馬場専門の馬で開幕週は歓迎だよ。

ただ重賞を2勝しているが、どちらも相手に恵まれた面もあるし、どうも成長力が薄い。金杯と同じコースの弥生賞には勝っているが、不器用なタイプで展開の助けも必要」(関西記者)

どうも期待より不安のほうが高そうだ。

東西含めて明け4歳の有力馬はセダブリランテスくらい。ならば5歳以上の馬でも勝負になりそうだが。

「ブラックバゴの前走は相手に恵まれた感じ。レアリスタも安定感がないうえに、人気になりがちな馬で美味しくありません」と関東勢はもう一つ。ならば関西馬に期待したい。

「近走は、前走以外全て上位から差のない競馬をしているフェルメッツァがいいんじゃないか。前走は大敗だけど、前が塞がって全然走っていない。中山では勝った経験もあるし、直線の短いコースでの中距離戦は堅実だよ。

タイセイサミットも、休養前はオープン特別を勝つなど好戦続き。休養明けの前走はプラス16キロで最後は息切れしたが、叩いて良化は見込めるよ」

前走大敗で人気急落なら、この2頭は妙味がある。

攻勢が目立った昨秋の3歳勢。明けて4歳となり更に活躍が見込まれるが、中山金杯で不安なく買えそうなのはセダブリランテスくらい。この馬が人気必至だけに、相手に買うなら人気の落ちた5歳以上の馬。候補にフェルメッツァ、タイセイサミットを挙げておきたい。

(栗東在住ライター:鷲崎)