競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. GⅠ格上げのホープフルS。レイデオロに続く馬はいるのか!?
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬の天才!タイアップコンテンツ

競馬の天才!タイアップ あの「最強」チームが集結した新雑誌 遂に10月12日(金)新装刊! ...
続きを読む

秋競馬開幕!攻略の第一歩

城崎哲・馬場トレンドジャッジ 台風21号の近畿直撃、北海道の地震と、このところ大きな災害が相次いでいます。...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週の土曜新潟6R。ゲートが開くと何が何でもハナに行く構えを見せたのが山...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

競馬ウィキリークス

2017年12月24日(日)更新

GⅠ格上げのホープフルS。レイデオロに続く馬はいるのか!?

今年からGⅠに格上げされたホープフルS。重賞格上げ後の勝ち馬シャイニングレイ、ハートレーがクラシック前に故障し、一時はGⅠ格上げは無理という声もあったが、昨年の勝ち馬レイデオロがダービー馬になり、ホープフルSからクラシックへの道が整いつつある。果たして、今年の勝ち馬からレイデオロに続く馬は出てくるのか。

ただ登録馬を見ると、クラシックへ最も近いと評価されているワグネリアンや、シクラメン賞を破格の時計で勝ったオブセッション、京都2歳Sを勝って無敗の2連勝のグレイルの名が無い。GⅠ格上げ元年としては少々物足りないが、将来性を考えれば、なかなか面白い顔ぶれのようだ。

「関東馬は4頭しか登録がないのですが、そのぶん質は高いです。有力はルーカスでしょう。モーリスの全弟として注目され、新馬を快勝。ちなみに、この時の新馬戦は、破った8頭のうち6頭が後に勝ち上がる好メンバーでした。

続く東スポ杯はワグネリアンに完敗でしたが、2着を確保。他の有力馬に比べても未完成の状態で、これだけ走れるのですから能力は高いですね。前回負けたワグネリアンがいないのですから、ここは勝機です。

好調続く藤沢厩舎が送り込んできたのがフラットレー。初戦は稽古を見るような大楽勝で期待感が高まっただけに、前走のアイビーSの5着は残念でしたが、重い馬場が影響したと思われます。良馬場なら巻き返せるでしょう。

ルーカス、フラットレーの2頭は、デビューする遥か前のノーザンFにいた頃から特に期待されていた評判馬。今回だけでなく、先々も注目してほしいですね」(競馬専門誌記者)

エリートが揃うノーザンFでも屈指の評判馬だったルーカスとフラットレー。クラシックを想定して作ってきているとなると、まだまだ上積みはあるはず。GⅠの舞台で覚醒を迎えるかもしれない。

「関西のほうも有力馬はいるが、抜けた存在がいないから難しいね。本来なら唯一の重賞ウイナーのジャンダルムを推したいんだけど、前走は騎手がうまく乗った感もあるし、2000mの距離も母系から怖い。ただ陣営は『かかる馬じゃないし、距離は大丈夫』と話しているけどね。

タイムフライヤーは断然人気の京都2歳Sは2着。ただ着差は少ないし、逆転できる競馬だった。レースが上手だし、好位で進められるので中山2000mもいいだろう。

サンリヴァルは、久々だがきっちり仕上げられている。今回と同じコースの芙蓉Sを勝っている事実は大きい。

キャリア一戦でも狙ってみたいのはトライン。初戦はゴール前100m前あたりから持ったままの大楽勝で、かなりの能力を秘めている。逃げたけど、抑える競馬もできるタイプ。中間の調教から上積みも見込め、相手強化にも対応できるよ。ホープフルSは、シャイニンングレイ、ハートレーと新馬一戦の馬でも勝っており、キャリアは心配ない」(関西記者)

今挙がった馬以外にも、東スポ杯でルーカスとクビ差3着のシャルルマーニュ、デビューから2連勝のジュンヴァルロ、好内容の百日草特別で2着のナスノシンフォニーなど有力馬はまだまだいる。

抜けた馬こそいないものの、粒が揃ったGⅠ格上げのホープフルS。関東馬では前走大敗で人気が落ちそうなフラットレー、関西馬では未知の魅力があるトラインを狙ってみたい。

(栗東在住ライター:鷲崎)

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line
閉じる 競馬JAPAN