競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 豪華メンバー集結で、早くもGⅠムードの毎日王冠
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

馬券に直結!週末予想コンテンツ

サムネ画像 【日曜京都11R 秋華賞(G1)】 (芝2000m 15:40発走) ...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 冬を思わせる寒さに見舞われた13日。そういえば例のメンバーで珍しく2週連...
続きを読む

【PR】競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部が、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

競馬ウィキリークス

2017年10月01日(日)更新

豪華メンバー集結で、早くもGⅠムードの毎日王冠

今年の毎日王冠は、昨年のダービー馬マカヒキ、安田記念を制したサトノアラジン、ドバイのGⅠ覇者リアルスティールに加え、秋華賞を狙わず古馬の王道路線に歩を進めてきた3歳牝馬ソウルスターリングも出走し、例年以上の盛り上がりを見せている。

ただメンバーは凄くても、そこはGⅠの前哨戦。GⅠ狙いの馬は100%仕上げとは思えず、そこに馬券的な妙味が生み出される隙があるのでは。そこで有力馬の近況を見ていきたい。

「関西では、マカヒキが一番気になるところだよね。3歳時の強さがウソのように、古馬になった今年は目立たない。秋を迎えて、どこまで立ち直っているか。調教はもともと走るが、それにしても2週前のCW5F63秒台は速い。さすがに1週前は控えたが、それでも直線は一杯に追われ、鞍上の内田博騎手も絶賛していたようだ。どうやら、いい頃に戻ってきたようだし、東京の芝1800mなら、この馬の良さを存分に出せる。

リアルスティールは昨年こそドバイでGⅠを勝ち、天皇賞・秋も2着だったが、今年は中山記念8着の一走のみと順調さを欠いている。だから復帰戦の毎日王冠は重要だね。坂路で49秒3の時計が出たように元気はあるけど、ちょっと時計が出過ぎたので、直前は軽めとなりそう。久々だけど、いきなり動ける雰囲気だ。

安田記念勝ち馬のサトノアラジンは、馬体がフックラしていい感じ。ただ調教は、この馬にしては派手ではなく、叩き台の匂いもする。

個人的にはマカヒキに復活してもらいたいところだ」(関西記者)

ハイレベル世代と言われた現4歳馬は不振の馬が多いだけに、マカヒキ復活で世代全体が上がってくればいいのだが。

関東勢は3歳牝馬のソウルスターリングが主役だろう。

「桜花賞の敗戦は、チューリップ賞の反動という見方もあるし、藤沢厩舎の傾向を考えると、天皇賞前のレースで全力を出してくる可能性はないでしょう。ただ追い切りの動きはさすがに良かったです。斤量差も大きいですし、恥ずかしい競馬にはならないでしょう」(競馬専門誌記者)

サトノアラジンの58キロに比べると、ソウルスターリングの53キロは確かに有利に感じる。ただ仕上げそのものは8~9分程度だろう。それでも勝てるようなら、天皇賞で待つキタサンブラックにとって脅威的な存在となる。

「他で気になるのはグレーターロンドンですね。5連勝で迎えた安田記念は、初めての重賞がGⅠという厳しい状況ながら、勝ったサトノアラジンと少差の4着。やはり力はありますね。この秋のホープといえる存在ですが、1週前の追い切りはあまりよく見えませんでした。これで変わってくれればいいのですが。

他では重賞連続2着のアストラエンブレムに目が行きますが、楽しみなのは3歳馬のダイワキャグニー。左回りは4戦3勝、特にプリンシパルSは横綱相撲で好タイムの楽勝とかなり強い競馬をしました。こんな強い競馬をしたら反動が出てダービーは厳しいと見ていたら、案の定見せ場もなく大敗。恐らく距離が長ったこともあるのでしょう。

今回は1800mですし、リフレッシュされて体調も戻っているはず。他の実績馬のように、目標はGⅠという立場ではないので、ある程度仕上げて勝ちに来ると思います。レベルが低いと言われている3歳牡馬世代ですが、こうした世代はクラシック戦線のレベルが低い分、成長力を残していている馬が多いもの。この馬にも未知の成長ぶんに期待です」

GⅠ実績馬を相手に厳しそうだが、ダイワキャグニーの存在は覚えておいたほうが良さそうだ。

ミスターシービー対カツラギエース対サンオーイ、オグリキャップ対イナリワン対メジロアルダン、サイレンススズカ対エルコンドルパサー対グラスワンダーなど数々の名勝負、豪華メンバーの歴史を生み出してきた毎日王冠。今年も歴史に残るようなレースを期待したい。

(栗東在住ライター:鷲崎)