競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 上がり馬が入り込む余地なし? 既成勢力が強いローズS
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

馬券に直結!週末予想コンテンツ

サムネ画像 ⇒はじめての方はコチラ「鉄板軸馬3」とは? 中山2R ...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 遠野が約束より早く「頑鉄」に着くと、親爺は縁台で煙草を吸っていたが、すぐ...
続きを読む

【PR】競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部が、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

競馬ウィキリークス

2017年09月10日(日)更新

上がり馬が入り込む余地なし? 既成勢力が強いローズS

今年の3歳牝馬は早くから「例年以上にハイレベル」と評されている。実際、桜花賞で5着だったアエロリットがNHKマイルCで牡馬を倒し、クイーンSでは古馬も撃破している。

その3歳牝馬のトップに位置するソウルスターリングは、強気に天皇賞挑戦を発表。ローズSにその名はないが、トップ不在でも桜花賞の1,2,4着馬、オークス2,3,5着馬が出走予定で、秋華賞の前哨戦からハイレベルな戦いが展開されそうだ。

注目される馬はたくさんいるのだが、まずはルメール騎手に乗り替わるアドマイヤミヤビから見ていきたい。

「桜花賞こそ大敗したが、アエロリットを捻じ伏せたクイーンC、大外枠の不利でも3着に押し上げてきたオークスを見れば、この馬の高い能力が分かる。休み明けだが、1週前にはウッドで好時計をマークし、仕上がりは進んでいる。もちろん目標は次の秋華賞だが、馬の本質を考えると、次の京都内回りより、今回の阪神1800mのほうが合っている」(関西記者)

春は高い期待に見合った結果とはならなかったが、そのぶん秋にかける陣営の期待も大きいだろう。

アドマイヤミヤビとは逆に桜花賞で優勝と好走し、オークスでは惨敗したレーヌミノルは、秋初戦をどう迎えるのか。

「1週前調教を見る限り、問題なく順調だよ。気になるのは仕上がりより距離だよね。オークスは2400mで惨敗。今回は阪神芝1800mで、勝った桜花賞より1F延びるだけだから大丈夫なようにも思えるが、距離が微妙な馬は、この1Fが重要。本質は1200m~1600mの馬だと思うので、1800mでの評価は難しい」(関西記者)

レーヌミノルの関しては、距離の部分での評価を一番知りたいところだが、ここは難しいとのこと。当然オークスから距離が短くなるのはいいが、勝った桜花賞と比べて、1Fの距離延長がプラスに働くことは無さそうだ。

今年のローズSは、関西馬が圧倒的に優勢。他の有力馬も関西馬ばかりだ。

「オークス2着のモズカッチャンは、今回からデムーロが騎乗することから、期待の高さが伝わってくる。夏を越して体も成長しているので、プラス体重での出走も気にしなくていい」(関西記者)

未勝利、500万、フローラSと3連勝し、オークスも2着。そのオークスの勝ち馬が出てこないのだから、秋は主役に就いてもいい馬。更なる成長も見込めるというので、秋も楽しみだ。

馬体という面では、小柄なリスグラシューにも成長を期待したいが、最近の馬体を見た限りでは大きく成長したようには見られない。この馬に関しては、別の関係者の話だ。

「確かに体を見る限り成長は見られないが、精神的な成長はあるというのが陣営に近い話。春は折り合いに問題もあったので、ここが解消されたら大きい」(栗東トレセン関係者)

今挙げてきたのが、春のGⅠで上位に入線した馬。それぞれ秋も期待を持って良さそうだが、これらをまとめて負かす可能性を秘めているのがファンディーナ。新馬、500万、フラワーCを軽々3連勝し、皐月賞では1番人気に支持。残念ながら着外に終わったが、その後オークスもダービーも使わず休養に充て、秋を待っていた。

「新馬から休みを入れずに皐月賞はさすがに厳しかった。その後無理にオークスやダービーを使わず休ませたのは、馬にとって良かったと思うよ。1週前は馬ナリで時計も目立たないが、やり過ぎるとテンションが上がるので、前哨戦を考えたら、これでいいだろう。能力の高さは分かり切っており、8~9分程度の仕上げでもあっさり勝ってしまう可能性もある。ソウルスターリング不在でも、秋の牝馬戦線が面白いのは、ファンディーナがいるからだ」(栗東関係者)

一時は、「この馬こそがナンバー1」という声がトレセンのアチコチから聞こえてきたほどの馬。皐月賞の敗戦でトーンダウンしたものの、無敗の呪縛から解かれてプレッシャーが無くなった今こそ怖い存在だ。

ここまでは春に実績をあげてきた馬を羅列したが、秋のトライアルで注目は、上がり馬の力を確かめること。その候補はどのあたりになるのか。

「好メンバーが揃った五頭連峰特別を勝ったメイショウオワラ、初芝の前走で豪快な追い込み勝ちを見せたラビットラン、シンハライトの妹で現在レーコード勝ちを含む2連勝のミリッサなど、例年なら候補になる上がり馬もいるんだよ。だが今年は春の実績組がホント強い馬ばかり。正直、厳しいレースになりそうだ」(関西記者)

このローズS組に、紫苑S組、そしてアエロリットが加わる秋華賞はどんな戦いになるのか。

その前に行われるローズS。能力の高い馬が力を出しやすい阪神芝1800mの舞台を考えると穴馬の台頭は厳しく、実力馬による勝負となりそうな雰囲気。特に、牝馬の上位組とは初対戦となるファンディーナのレースぶりをよく見ておきたい。

(栗東在住ライター:鷲崎)