競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. フェブラリーS、近走不振の実績馬が復活なるか!?
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

馬券に直結!週末予想コンテンツ

スッパ抜き本舗競馬ウィキリークス 昨年の覇者モーニンに、2、3年前の覇者コパノリッキー、昨年末のチャンピオンズ...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 雨水(18日)から啓蟄(3月5日)に向かう直前の17日金曜日は〝春一番〟...
続きを読む

競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部より、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

競馬ウィキリークス

2017年02月13日(月)更新

フェブラリーS、近走不振の実績馬が復活なるか!?

昨年の覇者モーニンに、2、3年前の覇者コパノリッキー、昨年末のチャンピオンズCの覇者サウンドトゥルー、そして交流GⅠ勝ちのノンコノユメ、ベストウォーリア、ホワイトフーガ、更に芝の桜花賞勝ち馬レッツゴードンキを加えると、GⅠ勝ち馬が7頭出走する今年のフェブラリーSだが、巷の評判はGⅠ未勝利のカフジテイクに集まっている。

「ここへ来ての上昇度が凄い。かつては1400m専門のイメージが強かったが、驚かされたのはチャンピオンズC。実績のない1800mということもあり、多くの関係者がノーマーク。GⅠだから試しに使ってきたように思っていたが、勝ったサウンドトゥルーに次ぐ上がりの脚で4着まで押し上げてきた。

あまりに1800mに対応し過ぎて1400m(根岸S)に不安を感じた前走も、この馬らしい末脚で差し切り。もう距離は関係ないね。

賞金的にフェブラリーSの出走が微妙だったため、前走は仕上げて勝ちに行った。そのため反動が気になったが、中間もビシッと追われ不安なところはない。鞍上がどうなるか分からないが(福永騎手が負傷)、脚を溜めて大外から直線一気と戦法が決まっているので、乗り替わりの不安もあるまい」(関西記者)

他の関係者の話を聞いても、カフジテイクの評価は概ね高い。ただ、この馬へ期待が集まっているのは、カフジテイクが抜けているというよりも、先に挙げた実績のあるGⅠ馬たちに原因があるようだ。

フェブラリーS覇者の2頭を見ても、コパノリッキーはここ3戦が5、13、5着、モーニンのここ4戦が8、2、7、7着。他のGⅠ馬も、チャンピオンズC覇者のサウンドトゥルーは3、2着も、前走は条件戦を勝ちあがったばかりのオールブラッシュに完敗。またダート界のホープと期待されたノンコノユメも、ここ3戦は4、6、4着と、苦戦している馬が多いのだ。

このあたりの実績馬に復活の気配はないのか。

「昨年のフェブラリーSを勝った時点で7戦6勝だったモーニンは、新たなスターだと思ったけどね。最近は体調が良くないという見方もあり、レースでもピリッとしたところが見られない。相変わらず調教は動くし1週前も良かったが、レースでどこまで変わるか。今回はムーアが騎乗するので、そこに期待だね。

コパノリッキーは、昨年のフェブラリーSこそ期待を裏切ったが、その後に交流GⅠを3連勝したように衰えはないんだよ。ただ近走3戦は不振。特に前走の東京大賞典は楽なペースで逃げていて、直線沈んだのにはガッカリした。連勝もあれば連敗もありと好不調の波が激しく、完敗後の今は狙いにくい。ただ東京マイルはベストの条件だし、鞍上は主戦の武豊に戻る。復活するなら、ここしかないと思うんだけどな」(関西記者)

と当レースの覇者はともに、鞍上に期待といったところか。

関東勢では、ノンコノユメ、サウンドトゥルーが実績上位だが。

「ノンコノユメは昨年2着と好走。年齢的にも、昨年はダート界を引っ張っていく存在になると思っていたのですが、その後の5戦は2着が一度あるものの、他の4戦は馬券圏内にも入っていないことは、この馬の力を考えると不満。チャンピオンズCも東京大賞典も見せ場すらありませんでしたから。

帝王賞2着後、セン馬にしてから不振ですから、その影響が悪いほうに出ているのかなあと、どうしても思ってしまいますね。今回は6戦4勝と得意の東京マイル。ここで復活しないと、ズルズル悪いほうへ行ってしまいそうな気もします。

サウンドトゥルーは、ここ2戦の内容そのものは悪くないと思います。チャンピオンズCは勝ちましたが、基本は2、3着の多い馬。頭から買うよりは、2、3着で狙う馬ですからね。

今回はマイル戦。最近はマイル戦を走ることが少ないので不安はありますが、東京に代わるのはプラス。かつては東京偏重型の馬でしたからね。そういった部分でプラスとマイナスのバランスをとると、やはり良くて2、3着かなって感じです」(競馬専門誌ライター)

と積極的な推しではないようだ。

実績馬に不安の多い今年のフェブラリーS。人気にはなるが、上昇一途のカフジテイクから買うのが無難のようだ。

(栗東在住ライター:鷲崎)