競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. 【宝塚記念】上半期ナンバー1へ、GⅠ馬6頭が激突!
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

【夏競馬】儲ける回収率向上作戦

サムネ画像今年もやってきました!ツウなら絶対に見逃せない夏競馬!今年は、降級制度の廃止もあ...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋  4月の飲み会ではお嬢達が来る前に馬券検討。「皐月賞」に続き「天皇賞」を...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週の日曜東京8Rで田辺騎手が騎乗していないことが気になりました。 ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

競馬ウィキリークス

2019年06月16日(日)更新

【宝塚記念】上半期ナンバー1へ、GⅠ馬6頭が激突!

上半期の総決算となる宝塚記念。ファン投票1位のアーモンドアイや話題のオジュウウチョウサンが不在なのは残念だが、ダービー馬2頭を含むGⅠ馬6頭が集まり、激しい戦いが期待される。特に有力馬が多い関西馬から近況を聞いてみたい。


「大阪杯で2つ目のGⅠを勝ったアルアインは、2、3週くらい前までは馬体も緩く、気合も無いように見えたが、レースが近づくにつれ良化が見えきた。こんな状況だから凄くいいとは言えないが、GⅠ仕上げに長けた池江厩舎だから、しっかり間に合わせてくるよ。脚質から内回りも合うし、時計がかかり気味の現在の阪神もいい。
友道厩舎は2頭出し。エタリオウは、前走が謎のレースぶり。かなり負担のかかる競馬をしたので、さすがにダメージは大きかったようだが、その疲れも取れての出走。乗り替わる横山典騎手が栗東で調教に騎乗し、『クセが無く、乗りやすい』と好感触だった。さすがに前走のような競馬はしないということなので、改めて注目したい。
ダービー馬マカヒキは、放牧に出すと良くないので在厩調整。フォームも悪いところがなく、いい状態だ。ここ2戦は確実に上位に迫っており、久々にGⅠでの勝ち負けを期待していいのではないか。
ロジャーバローズでダービーを勝った角居厩舎は、キセキを送り込む。調教は時計こそ目立たないが、動きは良かった。前に行けるので内回りはいいだろう。押せ押せの有馬記念は崩れたが、他のレースは毎日王冠以降は安定している。ここも馬券圏内に入る確率は高い。
気になるのは海外帰りの2頭だが、どちらもデキはいいね。スワーヴリチャードは、テンションも上がっておらず、調教を積む毎に良化が見られる。右回りは良くないと言われているが、大阪杯を勝つなど阪神だけは強いので、問題はない。
リスグラシューは、坂路で好時計をマークしたように調子は良好。レーン騎手が乗るのも楽しみだよ」(関西記者)


既に春のGⅠで好走している馬が多いので、宝塚記念へ向け大きく変わってきたような馬はいないが、逆に疲れなどで調子下降という馬もいないようだ。


関東勢を見てみよう。


「こちらの有力はレイデオロのみですね。ドバイシーマクラシックは6着。シュヴァルグランが2着、スワーヴリチャードが3着だったことを考えると物足りないですが、引っかかってしまいましたからね。今度も折り合いが気になりますが、国内の競馬では安定しているので大丈夫だと思います。昨秋は天皇賞を勝ち、有馬記念2着と活躍したのに、この春はドバイで負けた一戦のみ。結果を残していないので、他の有力馬以上に勝負の気配は高いですよ」(競馬専門誌記者)


6月のGⅠで、既に出枯らし状態の馬がいてもいい頃だが、最近の使い分けの傾向からか、特にノーザンFの有力馬はフレッシュな馬が多いようだ。薬物混入問題で揺れる競馬界だが、暗い話題を吹き飛ばす激戦を見せてもらいたいものである。

(栗東在住ライター:鷲崎)

栗東在住ライター:鷲崎

WASHIZAKI

熟練競馬ライター達がとある事情で新聞・テレビなど一般メディアでは取り上げられない業界の「アウトな裏話」を会員様限定でこっそりと公開!

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line
閉じる 競馬JAPAN