競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 【田辺裕信騎手】勝ちに行く騎乗の代償!?
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

馬券に直結!週末予想コンテンツ

スッパ抜き本舗競馬ウィキリークスローカル重賞はどれも荒れるレースばかりなのだが、特に中京記念はここ5年の3連単の...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 楽しく、気分良く飲むために酒の席でしてはならないことがある。「酒道三戒」、「...
続きを読む

競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部より、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

今週の政治騎手

2017年05月03日(水)更新

【田辺裕信騎手】勝ちに行く騎乗の代償!?

先週の天皇賞・春はキタサンブラックの連覇となりました。2番手からの競馬で、4コーナーで早々先頭に立つと、サトノダイヤモンド、シュヴァルグランの追撃を寄せ付けず。しかも、ディープインパクトの持っていた大レコードまで塗り替えたのです。

今回注目したいのはシャケトラに騎乗した田辺騎手です。3番人気に支持されながら9着と期待に応えることはできませんでしたが、それはハイレベルな決着のなかで勝ちに行こうとした結果だと思っています。


シャケトラは折り合いに課題を残す馬で、日経新春杯では行きたがる馬をなだめた際、鞍がズレるアクシデントに見舞われました。なので、日経賞のように馬が行く気にならないよう後方で折り合い重視の騎乗をするのがベター。距離が延びる天皇賞では、より折り合いが重要となりますが、だからといって後方でジッとしていては勝機はない。

幸い前に壁を作りやすい1枠1番が当たったので、中団より前(できればキタサンブラックの直後)のポジションで折り合わせようとしたのではないでしょうか。

レースは、出遅れてしまいその時点でレースプランが大きく狂ったのかもしれませんが、それでも馬を促してポジションを獲りに行きました。ただ、それが災いし1週目の3コーナーで折り合いを欠き気味になってしまう。

折り合いの難しい馬に騎乗すると、後方で折り合いに専念したり、おっぱなして馬をケンカすることを避けたりすることがほとんどなのは、折り合いを欠いた馬をなだめるシーンが映ると騎手がバッシングの対象になるからでしょう。


でも、そういうリスクもわかったうえで勝ちに行く姿勢をみせたことは断罪してはいけないと思うのです。折り合い選手権を助長するだけだと思うので。


プロフィール
樋野竜司

1973年生まれ。「競馬最強の法則」02年11月号巻頭特集「TVパドック馬券術」でデビュー。
斬新な馬券術を次々に発表している人気競馬ライター。いち早く騎手の「政治力」に着目し、馬券術にまで洗練させた話題作「政治騎手(㏍ベストセラーズ刊)」で競馬サークルに衝撃を与えている。