競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 【田辺裕信騎手】スローがスローを呼ぶ!?
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

馬券に直結!週末予想コンテンツ

城崎哲・馬場トレンドジャッジ 今週の土曜日は3場とも晴れが見込める。日曜日の阪神は曇っても雨は降らなさそう...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 雨水(18日)から啓蟄(3月5日)に向かう直前の17日金曜日は〝春一番〟が吹...
続きを読む

競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部より、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

今週の政治騎手

2017年03月16日(木)更新

【田辺裕信騎手】スローがスローを呼ぶ!?

先週の中山牝馬Sは、前半3ハロンが37秒8というスローな流れのレースになりました。

これは同日のダート1800mの未勝利戦(3R、前半3ハロン37秒7)よりも遅いといえば、いかにペースが遅かったのかわかりやすいのではないでしょうか。芝の未勝利戦(5R芝2200m、前半3ハロン36秒6)で比較したら1秒以上も未勝利戦のほうが速いのです。

とはいえ、ここ最近の中山芝の中距離レースはクラスが上がれば上がるほどペースが遅くなる傾向があります。どうしてそうなるのかを端的に見せてくれたのが、東風Sを快勝した田辺騎手とグレーターロンドンのコンビではないでしょうか。

東風Sも前半3ハロンが37秒6、千通過62秒5というスローな流れでレースが進みました。しかし、田辺騎手のグレーターロンドンは後方2番手で折り合いに専念。直線で大外に持ち出すと一瞬で突き抜けました。

このように鋭い決め手があれば、道中の位置取りやペース配分を気にするよりも、終いのキレを温存したほうが正解となることが多い。なので、道中前の馬をつついたりしないし、先行しても粘れないから、行こうとする騎手も減ってくるし、行ったとしてもペースを上げる必要がないので、どんどんスローになるのではないでしょうか。

だから、決め手を持った馬が多くなる上級条件では必然的にスローとなる。

中山の攻略法を熟知している田辺騎手ですが、他の騎手も田辺流を参考にし始めると、そのメリットが薄れてくる。そこでさらに上をいく手を打てるのかに注目したい。


プロフィール
樋野竜司

1973年生まれ。「競馬最強の法則」02年11月号巻頭特集「TVパドック馬券術」でデビュー。
斬新な馬券術を次々に発表している人気競馬ライター。いち早く騎手の「政治力」に着目し、馬券術にまで洗練させた話題作「政治騎手(㏍ベストセラーズ刊)」で競馬サークルに衝撃を与えている。