競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 【丹内祐次騎手】バカなのか!? 天才なのか!?
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

馬券に直結!週末予想コンテンツ

柏木集保・週末重賞ストラテジー 先週の各地の芝は「超高速コンディション」だった。少しタフなはずの洋芝の函館が...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 「頑鉄」の親爺から電話が入ったのは5月30日の午後2時過ぎ。店のランチタイム...
続きを読む

競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部より、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

今週の政治騎手

2017年03月02日(木)更新

【丹内祐次騎手】バカなのか!? 天才なのか!?

丹内騎手の騎乗をみていて、ものすごい戦略家だと思うことが多々あります。

ただ、丹内騎手のインタビューで、「風の向きや強さまで考えて騎乗していらっしゃいますよね?」という質問をぶつけてもらったらところ、「そんなことはない」との答えだったので、筆者の想像力が逞しくなっているだけなのかもしれませんが……。

でも、先週の土曜小倉の皿倉山特別のウインスペクトルでの逃げ切り勝ちをみると、かなり高度な戦略を練っているようにみえる。メチャクチャ乗った結果がたまたま上手くいっただけかもしれませんが、動きのひとつひとつが全て理に叶っている。

冬の小倉は季節風が強く、直線は追い風で向こう正面は向かい風ということがほとんどです。この日もいつも通りの風向きでした。当たり前の話ですが、追い風のほうが走りやすく、時計も速くなり、向かい風はその逆。あと仕掛ける場合も、追い風のときに動けばスタミナのロスが少なくて済むし、向かい風で仕掛けようと思うと一気にスタミナを消耗する。

ということを頭に入れて、ウインスペクトルのレースを振り返ってみます。4コーナー手前で後方5番手だったのですが、3コーナー過ぎから追い風になるので、その追い風に乗って一気に先団まで押し上げる。しかも、先々週の横山典騎手の回でも取り上げたように、内の馬を刺激しないよう、内の馬から一頭分開けている。

さらに凄いのは、先頭に並んだところでペースを緩めるのではなく、さらにペースアップしているところ。捲られたことを察知されて他の馬が抵抗しようにもスピードの差がありすぎて咄嗟の対応ができないのをいいことに、一気にリードを作っているのです(ここで周りの馬に合わせてしまったら捲った意味がなくなってしまいますし)。

向こう正面に向くときには大逃げの形に持ち込めました。ただ、ここから後続が前を追い掛けようと思っても、向かい風なので、仕掛けていっては脚をなくすだけ。ああなってしまったら他の馬は自滅を願って放置するしかないでしょう。結果、一人旅となったわけです。

このレースの狙いを、もう一度、本人に聞きに行ってみたい。鷹の爪を隠しているような気がしてならないからです。


プロフィール
樋野竜司

1973年生まれ。「競馬最強の法則」02年11月号巻頭特集「TVパドック馬券術」でデビュー。
斬新な馬券術を次々に発表している人気競馬ライター。いち早く騎手の「政治力」に着目し、馬券術にまで洗練させた話題作「政治騎手(㏍ベストセラーズ刊)」で競馬サークルに衝撃を与えている。