競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. 【勝浦正樹騎手】コンビ継続ならず……
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

秋の東京・京都攻略ガイド

サムネ画像秋の東京・京都は、秋華賞、菊花賞のクラシック最終戦に始まり、古馬の頂上決戦である...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 “4日競馬”の最終日となった15日。テレビは台風19号の被害状況...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週の月曜日に盛岡競馬場で南部杯が行われました。今年のかしわ記念を制した...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

今週の政治騎手

2019年09月20日(金)更新

【勝浦正樹騎手】コンビ継続ならず……

前回のコラムで取り上げた横山典騎手。先々週の京成杯AHのトロワゼトワルの逃げが鮮やか過ぎて皆の記憶に強く刻まれてしまったので、セントライト記念のリオンリオンで逃げ切るのは難しいとみていました。
先週とは打って変わってどの騎手も前がかりの騎乗をしたように見えたのですが、横山典騎手は大方の予想に反し控える競馬を選択。うまく馬をなだめ、好位から抜け出し2週連続の重賞制覇。見事な押し引きを見せつけられました。


今回取り上げるのはセントライト記念で5着のニシノデイジーに騎乗した勝浦騎手です。


セントライト記念は、結果から見ると道中ラチ沿いを走っていた馬のワンツースリーで外を走った馬に出番が回ってきませんでした。
ダービー最先着馬ということで期待が集まるのは仕方がないと思いますが、外目の枠で、春は折り合いに苦労していた面もありポジションを獲りに行くのが難しいタイプ。そういう諸々の条件を加味すると最低限の仕事はしたと思うのですが、結果に納得してもらえなかったのか菊花賞での乗り替わりが発表されてしまったからです。


しかも、オーナーのブログで発表となった次の鞍上はルメール騎手。


菊花賞で「さすが!ルメール!」というような騎乗を見せてくれるのか、それとも勝浦騎手が騎乗していたときとそれほど変わらない結果となるのか、いまから楽しみでしょうがありません。

樋野竜司も渾身の予想印を公開中!
「競馬成駿」はコチラ!


樋野竜司

HINO RYUJI

1973年生まれ。「競馬最強の法則」02年11月号巻頭特集「TVパドック馬券術」でデビュー。
斬新な馬券術を次々に発表している人気競馬ライター。いち早く騎手の「政治力」に着目し、馬券術にまで洗練させた話題作「政治騎手(㏍ベストセラーズ刊)」で競馬サークルに衝撃を与えている。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line
閉じる 競馬JAPAN