競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. 【福永祐一騎手】馬も納得の騎乗
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

9月の中山・阪神を3分解析

サムネ画像早いもので9月を迎え、いよいよ秋競馬が到来。秋シーズンの始まりを告げる中山・阪神...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 今でこそ国道15号線につながる陸橋など新しい道ができたけど、以前の「...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週の北九州記念を勝ったのは秋山騎手が騎乗したダイメイプリンセスでした。...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

今週の政治騎手

2019年06月06日(木)更新

【福永祐一騎手】馬も納得の騎乗

先週の安田記念は、注目を集めたアーモンドアイとダノンプレミアムの2頭がともに敗れるという波乱の結果になりました。


波乱の原因は、大外枠のロジクライがスタート直後に内側に逃避し、アーモンドアイやダノンプレミアムなど、その内にいた馬たちが大きな不利を受けたことにあると考えられますが、これも競馬といえば競馬。


ここでは勝ったインディチャンプに騎乗した福永騎手に注目したい。前哨戦のマイラーズCでは4着と敗れましたが、その時のコメントが印象的でした。
一部を抜粋すると「好位からのレースに馬がすぐに納得せず怒っていましたが、納得した後はスムーズでした。今までにない好位からのレースでスローペース。そこで我慢するしかなかったのですが、ラスト伸びあぐねたのは久々の分でしょう」という感じ。
序盤のペースが遅く、馬が頭を上げてなだめるのに苦労していたのですが、その経験が安田記念で活きたかもしれないと思ったからです。


というのは、安田記念はマイラーズCほど遅いペースになることはないので、マイラーズCのスローペースに馬が納得して走るようだと、ペースアップ必至の安田記念で流れに乗り損ねたり、位置取りが悪くなったりする可能性が考えられる。


というわけで、馬を納得して走らせることができたことが勝因かもしれません。

樋野竜司も渾身の予想印を公開中!
「競馬成駿」はコチラ!


樋野竜司

HINO RYUJI

1973年生まれ。「競馬最強の法則」02年11月号巻頭特集「TVパドック馬券術」でデビュー。
斬新な馬券術を次々に発表している人気競馬ライター。いち早く騎手の「政治力」に着目し、馬券術にまで洗練させた話題作「政治騎手(㏍ベストセラーズ刊)」で競馬サークルに衝撃を与えている。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line
閉じる 競馬JAPAN